タナトニウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
タナトニウム(Tanatonium)
一般特性
名称, 記号, 番号 タナトニウム, Tt, 110
分類 遷移金属
族, 周期 10, 7
密度 不明 g/cm3
灰銀色
原子特性
原子量 不明 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

タナトニウム(Tanatonium)とは、霧の艦隊と呼ばれる、人間アンチのエネルギー源とされる物質である。 常に自発崩壊して重力子[1]を発している。 崩壊によって、エネルギーが発生するのでなく、エネルギーが吸収されるため外部エネルギーとのポテンシャルの差をエネルギーとして利用している。

語源[編集]

高血圧用の薬「タナトリル」を共同発見者が全員服用していたため。

利用法[編集]

軍事分野[編集]

霧の艦隊の戦艦や兵器の動力や対物破壊機構に多用される。 爆発的連鎖崩壊時に周囲から絶対零度以下になるまでエネルギーを奪うため周囲の原子が超高速で高密度になり、核融合を生じるため結果的に発熱する。

化合物[編集]

  • NTt(窒化タナトニウム)
日本の土壌に固有に分布する化合物。電話を語る上で重要。
  • TtY(タナトニウムーイットリウム)
Unix系OSの構成に必要
  • HTtP(水素化タナトニウムフロギストネート)
インターネット革命の原動力

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヒッグス場理論において予測され、確認されたヒッグス粒子ではない。