タマゴタケ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タマゴタケ」の項目を執筆しています。
かわいい雛が生まれると思った?残念!タマゴタケでした!

タマゴタケとは、鳥類に寄生して子実体を発生させるキノコの一種である。

概要[編集]

鳥類が産み落とした卵に菌が入り込んで、内部で菌糸を繁殖させるという特徴をもつ。卵の栄養を吸い尽くした後、からにかけて殻を破り、綺麗な赤い傘のキノコを発生させる。このような生活環から、本種は、昆虫に寄生して子実体を発生させる、クモタケセミタケ等のいわゆる冬虫夏草の仲間と考えられている。

本種は食用菌としてよく知られたキノコでもある。食べるときは、卵の部分は捨ててしまうことが多い。なお、後述するように近縁種が多いので注意。ちなみにタマゴタケ自体は何の卵に寄生しているのか全く不明であるが、その赤い傘と黄色~橙色のだんだら模様の柄という特徴的な色合いが、他のキノコには見られないため独立種として認められている。

近縁種[編集]

寄生する卵の種類によって様々な近縁種に分類される。それに応じて毒を持つようになったキノコも多い。もちろん食用になるキノコもあるが、有毒種との判別が難しいので食べないのが無難である。また、食用キノコでも大半のものは生で食べると中毒する。鶏肉を生で食べないのと同じように、鳥の卵から生えたキノコも生で食べれば食中毒を起こすのは当然なのである。

この他にも様々な近縁種があるが、詳しくは手元の図鑑などで確認していただきたい。

関連項目[編集]