タマザラシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

タマザラシ(玉晒し)とは、ポケモン…ではなくポケットモンスターの一種。というか、そのものである。かわいい。

概要[編集]

愛くるしい姿にもかかわらず、法律で厳しく規制されているポケモンである。これはタマザラシが侵略的外来種に指定され、所持が禁止されているためである。これを受けて我が国では刑法174条が制定され、警察はタマザラシを見つけ次第、所有者を片っ端から逮捕している。しかしこのような厳しい規制にもかかわらず、街なかで自慢のタマザラシを見せつけてしまううトレーナーが後を絶たず、特にその愛くるしい姿を少年少女に披露しようとする者は未だに多い。が、有罪になっても何故か没収はされないという温情判決が蔓延しており、そのためか巷のタマザラシの数は一向に減らないのが現実である。

一方で、水タイプであることからか、浴場屋や水族館など一部の施設ではタマザラシの飼育が認められている。しかし氷タイプでもあるタマザラシを浴場に入れるのはいかがなものか、という声も根強く存在している。

また、進化型のトドグラーは、タマザラシの顔つきを残したかわいらしいポケモンだが、最終進化型のトドゼルガは、豚っ鼻の肥満体な上目付きも鋭いため、お世辞にもかわいいとはいえない。そのため、愛情を込めて育てていた多くの少年少女たちに絶望と、人は皆いつかはかわいくない醜い大人になるのだと現実を突き付けた。これだけでも立派な生物兵器であろう。

関連項目[編集]