ダイエースプレー革命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダイエースプレー革命(Daiei Spray Revolution)とは、ダイエー帝國1980年代に発売を開始したエレーヌ・ヘアスプレー・スーパーハード(Hélène Hair Spary Super Hard)という整髪料をその根源として、1987年4月1日に日本で勃発した革命である。民明書房によると日本史上最大の革命とされており[1]、その最中、このムーブメントに呼応するかのようにその他の革命も続いて勃発し、日本男性の頭上にのしかかった旧体制は終焉した。

概要[編集]

戦後大日本帝国は解体された。天皇衆議院といった伝統的なシステムは温存したものの、その文化の上では古来より続く日本の美徳は完全に排除され、あらゆる秘儀は黒く塗りつぶされた

伝統的な美意識は全否定され、代わってアメリカの流儀が押しつけられた。これは風土体格髪色髪質の異なる日本人男性に陰惨たる悲劇をもたらした。

これを看過できないとして幾多の反乱が起こったがどれも鎮圧された。最後から二つ目の反乱の最中、エレーヌ・ヘアスプレー・スーパーハードが最高の性能を誇る整髪料として開発され世に出たことで、皮肉にもその反乱は自壊し、代わってこの製品をダイエースプレー(Daiei Spray)として奉じる革命家らが日本中を圧巻し、旧体制は破壊され、時代は現代へと突入することとなる。

抑圧の暗黒時代[編集]

敵国は命と家屋、そして文化を破壊した。

裕仁の肉声と同時にもたらされたGHQは、文化による日本人の洗脳を行った。訴訟社会の源流であるクレイマー文化を定着するために顰蹙報(現在の月刊EXCUSE)創刊を支援し、不祥事をあら探しして糾弾すること日本文化であると偽ることに成功した。

頭髪においてもそれは同様であった。女性の頭髪においてはアメリカ軍兵士の嗜好に応えるため日本の美意識が確かに継承されたが、男性においては遺伝子の断絶を目的として、徹底して無様なスタイルを押しつけた。

欧米のスタンダードを暗に強制するだけでこの目論見は達成された。これらはあらゆる髪を地肌に押しつけるものであった。WASPにとって最適化されたこれらのスタイルは彼ら自身には美しく見えるが、日本人にとっては到底合わない―それどころか、DHMOのみではその再現が不可能であった。これに対してGHQは「ヤンキーのようにかっこいい男になるための必需品」としてパーマによる端正やポマードの使用を強制した。

湿気の過多な日本において、過度に熱を掛けるパーマや、ポマードという油脂を髪中に塗り篭めるこれらの髪型は、不健康以外の何物でも無く、あらゆる男性の頭頂部の脱毛を促進させた。しかし脱毛が進んだとしても尚アメリカナイズであることが要求されたため、男たちはストレスと闘い、その根性により出来た空白を無理矢理埋める努力を強いられた。ズレたかつら枝毛のような人口毛、鋭利なM字の生え際、そしてバーコード頭が街中に蔓延り、当時の東京は地球に現出したクリンゴン星と形容された。余りにも見るに堪えない物であるため、当時の画像は本稿に記載するべきではない。絶対に。

日本古来の男性の美は、能舞台梨園、そしてスクリーンの中にしか残されていなかった。

種々の反乱と鎮圧[編集]

この惨状に対して、若者たちが口をつぐむはずがなかった。

大学生たちはプロレタリアの精神に基づきポマードを筆頭とする整髪料の使用を拒絶し、また高校生たちは更に一歩進んでビートルズの思想を奉じ、整髪料の使用を拒否した上で髪を伸ばし続けた。しかし彼らが空気というバイブルに抗えるはずが無く、就職活動社会人のはじまりを告げる先になるとポマードやヘアリキッドが飛ぶように売れる状況は変化しようがなかった。反乱を続けることは即ち死を意味した上に、そもそもこれらの思想そのものが海外から押しつけられた偽善に他ならなかったのである。

革命前夜[編集]

れっきとした日本の文化を模索した学生たち

社会主義ヒッピーという二大反乱は滅ぼされた。整髪料を使わぬことはもはや不可能で、ポマードは美の基準として君臨しようとしていた。若者らはこの状況を逆手に取り、ポマードやパーマと付き合いながらより健康的で美しい髪型を模索しようとしていた。

第三の反乱の狼煙は上がった。ポマードによるオールバックという髪型を発展させ、ポマードの使用を抑制することで髪を膨らませ通気性がやや改善されたリーゼントはかくして誕生した。これは日本独自の美学の誕生として当時の中高生に受け入れられた。

中高生等の耐え難い不満は爆発し、毎時間日本列島のどこかで頭髪の自由化を求めるゲリラ戦が展開された。時は1970年代後半―既に敗戦後少なくとも30年以上が経過しているのにも関わらず、頭上の暗黒と閃光はなおも続いていたのである。

誕生[編集]

この1本300円のスプレーを境に近代は終了し、高らかに現代が到来した。

このような解放運動によって、より低コストでかつよりタイトに髪を高めるニーズが高まった。この需要に応える形でエレーヌ・ヘアスプレーの開発は、ダイエーという帝国直属の研究所で密かに開始された。そのコンセプトは、世界一硬く髪を固めることにあった。

既存の整髪料に関する数値情報がPOSシステムと「お客様の声」によって整理、分析された。これら全てが敬遠されることがある原因とは、すなわちその固形状、または液状の物性にあり、これが硬質性を改善する障害にもなっていたのである。残された道は一つしかなかった。気体であることである。ダイエー本拠地の大阪は宮原、西淀川、吹田市南部における最先端の化学技術が結集され、大は小を兼ねず、むしろ小は大を兼ねるという日本のものづくりの基本によりその成分の粒子は徹底的に小さくされた。

粒子が細かければ細かいほど髪に付着する際成分間のあそびが減り、髪は動かしにくくなる。また小さければ小さいほどより強固に髪に付着し外部からの力には弱くなるものの、台風が来ても成分は剥がれることはなく、さらに硬さの中にもしなやかさが生じるので、どんなアクティブな活動をしてもスタイリングは元通りにある。そして小さければ小さいほど軽いので、そこにはアインシュタインによって否定されたニュートン物理学は適用されず、量子重力理論が適用される。これによりこの成分の前に重力は無効化され、髪の毛は毛根を中心とする天球のあらゆる方向を向くことが可能となった。こうしてエレーヌ・ヘアスプレー・スーパーハード、通称ダイエースプレーは1980年中頃に完成、ダイエーとその帝国を構成した幾多の店舗で販売されたのである。

国風化の挫折[編集]

発売後、確かに彼ら―いわゆるツッパリヤンキーたちはこのダイエースプレーをこよなく愛用することとなった。しかし彼らは専らこのスプレーを、既にパーマによって下地が出来てしまっていた髪をさらに固定するためだけに用いた。また彼らはポマードやヘアリキッド、ムースと同様にこのスプレーが髪や地肌に害を与える物として扱った。サイドとバックは刈り上げられ、トップとフロントのみにスプレーは用いられ、今日琉球王国栃木県チバラキ共和国姫路市のみその存在が知られるとかさ頭リーゼントが確立された。これはみるからに重力に縛られた重苦しいものでしかなく、頭上に影を落としていた戦後レジームはさらに重く、かつ暗く彼らを支配した。

彼らは健康のことしか頭にない真面目腐った連中と看過された。青年期を終えた男たちは、あるものは社会の秩序に屈し、又ある者はこれに固執し続け、皮肉なことに極右と化していった。温暖湿潤気候にはとても相容れそうにないポマードに目をつけた時点で既にこの運命は決定されていたといえる。男たちは気づいていなかった。ダイエースプレーに秘められた真の能力と、日本人としての己に秘められた美のポテンシャルを。

革命勃発[編集]

宣言[編集]

これにより革命は勃発した。この「MODE」とは、勿論ヘアスタイルのことである。

日本列島が不衛生な底なし沼に飲み込まれようとしていた矢先―その安さでたまたまスプレーを購入した5人の男たち。あこがれのスタイルを試そうとスプレーを噴霧するや否や、その恐るべき性能は発揮された。こうしてあこがれのスタイルをも越えた日本独自の美が誕生した。彼らこそがBUCK-TICKである。彼らはダイエースプレーの秘められた性能を発見した。それは重力に逆らうことである。地面に向かってしおれていたあらゆる髪が天上へ向かってそびえ立った。

この美学は実を言うと、既に室町時代世阿弥によって発見され、その後市川團十郎によって日本文化として確立されていた理念であるのだが、江戸幕府江島生島事件を口実として、決してステージ上に1ミリたりともはみ出させることはしなかった。そしてこの美はファンタジーの一種としてしか捉えられず、いつしか現実にあることなど忘れ去られていた。

彼らは重力に逆らう行為がダイエーに300円を支払うだけで実現する簡単なことであると明言することにより、市川團十郎を超えた。また彼らは自らの革命行動をダイエースプレーに導かれるままに行っているだけに過ぎないとも語った。こうして世界の芸術・美術史上最も新しい一大革命はBUCK-TICKによってその開始が宣言された。

誕生したスタイルは、敗戦後のどの反逆行為より美しいものであった。それは日本人が本来持っているはずの直毛にして剛毛という髪質を、そのまま生かしながら更に際だたせるという、自然に従う理に適った行為であり、万葉集以前より連綿と受け継がれる日本の全ての美意識の根幹「まこと」をものの見事に体現するものであったからである。

破壊[編集]

ダイエースプレーによって生み出された刃は向かって右に向けられ、戦後レジームの破壊を示した。

革命の動きは衰えを見せなかった。続く5人の男たちこそ、ダイエースプレーに秘められた本当のポテンシャルを発見したのである。このスプレーの本質は反重力では無かった。それは無重力であったのである。

彼らはこのスプレーのように可能性に満ち溢れたアルファベットであるXを名乗り、自らはダイエースプレーの申し子であることを宣言した。彼らはスタンド、ギタードラムからスタインウェイの白いグランドピアノに至るまであらゆるレガシーを壊し尽くした。日本の誰しもがこれらの行為は自称だけの反逆ではなく、れっきとした革命であることを悟った。彼らはダイエースプレーの限界を追求し続けた。しかしダイエースプレーに限界など無かった。仮にあるとするならば、それは己の髪の長さである。

こうして全ての制約を紅という無に帰した彼らは、ダイエースプレーによって日本人が愛して止まない美の極みである「もののあはれ」を体現した。これによりダイエースプレーは日本文化の継承者であることが明確となり、この業績によりダイエーは通産省(現在の経済産業省)により「消費者志向優良企業」の表彰を受けた。

創造[編集]

ダイエースプレーは、曲がりに曲がった状態すら保持し、たおやかさすら表現できた。

あまりの恐ろしさに体制側の勢力はただ狼狽えるばかりであった。革命は止めどなく続き、次の5人の男たちによってダイエースプレーは直線美だけでなく曲線美すら表現できることが明らかとなった。これはダイエースプレーがいざなうものが破壊だけでなく創造すら伴うことが明白となり、大海に浮かぶ月のように衆生をあまねく照らす、まさに真実の愛であることが確認され、日本は生の鼓動と血流で満たされた。

彼らはダイエースプレーによって「幽玄」と「わび」を体現したそうである。革命をこの目で見、また自身も参加した者は是非この節に歴史的事実を加筆して欲しい

樹立[編集]

そして彼らは、重力を超越した。

こうして革命は浸透したが、革命派の人間はまだサイレントマジョリティであった。革命期に生まれた次の4人の男たちは、先人たちによって秘められた性能が解放されたダイエースプレーの現実的な、それでいて革命の志を受け継ぐスタイルを考案し、革命は日本列島全土に隙間無く浸透するものとなった。

彼らは上から下まで色で満たされたXとは打って変わって、自ら無彩色であることを冠し、ダイエースプレー革命を完成させ新しい世界を樹立することを宣言した。彼らは革命によって到来した新世界は栄光そのものであり、またダイエースプレーの噴射口から絶え間なく注ぐエアロゾルは、千のナイフが胸を刺すほど純粋な霊魂からあふれ出た愛、あるいは愛以上の永遠であることを約束した。

また、あえて髪の長さにおいて厳しい制限を自らに課すことにより、ダイエースプレーの無限の可能性を更に際だたせた彼らは、これにより今でも色あせない日本の美の基準である「さび」「いき」を体現し、革命の恩恵を享受することなど不可能であると思いこんでいた人々に大いなる希望を与えた。

そして現在へと直結するステージの幕は、完全に開け放たれた。

更なる革命へ[編集]

美の革命はこれだけに留まらなかった。ダイエースプレーを範とする有形無形の刷新が次から次へと捲き起こり、ダイエースプレーとこれらにより日本の美は復活し、再確立された。歴史学用語としてのダイエースプレー革命とは、しばしばこれらの革命を内包した総称として用いられる。

名古屋からの革命[編集]

ビューティーン革命の象徴、SHAZNA

日本列島におけるダイエースプレー革命を名古屋共和国も支援した。名古屋政府は著名なトヨタミツカンカゴメや新参の東海旅客鉄道にその影が隠れがちであるがそれでも伝統的な老舗化学企業であるホーユーに、ダイエースプレー革命と比類する新たな革命を起こすよう要請した。

整髪においてはダイエースプレーがスタンダードとなりつつある最中、彼らはまだ旧体制によってどす黒く支配されていたに注力した。老いた日本人本来の自然な美を隠すことで旧体制を支えていた彼らは、このビゲンから得た秘技を最大限活用した。冠したその名は、美そのものであることを意味するビューティーン(Beauteen)であり、彼らは日本人であるなら誰でも簡単に使える魔法により、かつてはビール焼酎、油性スプレー塗装缶を駆使してしか実現しなかった色素からの解放を実現した。

その詳細は以下の通りである。

ビューティーンは、っへっへっへっへ…2番のパウダーを1番の液に加えてよく振って、こうやって(髪に)つけて…色が変わって…きれい!! テーテッテテー♪―

計画通りこのビューティーン革命は現実のものとなり、ダイエースプレー革命と並行して日本の美は再発見されていった。同じく名古屋を代表する化学企業ダリヤによっても革命を促進するパルティ(Palty)なる同様の兵器が誕生することによりこの動きは決定的なものとなり、東京の地上136cmから210cmにかけての空間は、ニューヨークパリベルリンをも凌ぐ色鮮やかなものとなった。さらに革命の本場であるフランスや、紆余曲折を経て今や最大の民主主義の擁護者であるリアルドイツも革命を支援し、それぞれロレアルシュワルツコフヘンケルが参戦することとなった。

本当の敵は名古屋共和国にいた。1982年にイリヤ化学が開発した、「スパイキー」である。戦闘能力はダイエーの数倍とされており、名の通り髪を尖らすために誕生したのである。この硬度にはダイエー帝国も度肝を抜かれたにちがいない。しかし、現在はジャニーズのタレント、そして、イケメンホスト御用達アイテムとなっており、幅広く支配下を広げている。 そして、その「スパイキー」の1.5倍の史上最強スプレーが誕生。まさに悪魔の力をもつスプレーである。硬化したあとの破壊力は抜群。髪を角に換えるアイテム「HPフリーズエアー」が2009年に登場。一角軍団ユニコーンがライブハウスから革命表現者を世に送り出す。

東京からの革命[編集]

ジェレンド反革命の象徴である小泉純一郎。彼はダイエースプレー派の最高指導者であるX JAPANに心からの敬意を示し、国論の分裂を未然に防いだ。

東京は完全に外圧により満たされた。

銀座の支配者である資生堂にとって、関西の下賤な安物売りやイがャーになる名古屋の田舎者にトレンドセッターの座を奪われるのは、完全なる恥辱であった。反動の動きは望まれていたが、しかし単なる重力の復古を行うことはもはや不可能であった。

ダイエースプレーは所詮重力を1本の毛髪単位でしか無視することしか出来ないことに彼らは気づいた。重力は支配する物でも無視されるべき物でもなく、道具として利用されるべき物という思想は発見され、日本の美の創造者としての富士山より高いプライドにより凄まじい勢いで開発は進んだ。こうして1本の毛髪毎だけでなく、1本の毛髪の毛根からの地点1ミリ単位で重力をコントロールできるワックスが生み出され、ジェレンド反革命(Gerend Anti-Revolution)という名の革命は勃発した。

生み出されたスタイルは無造作ヘアという名の完膚なる造作ヘアであった。帝都を起源とする革命は人々をパーマから解放し、小泉純一郎がその最大の体現者となった。しかしこのジェレンドによってもダイエースプレーの威光を覆すことは不可能であった。ジェレンドだけでは無重力からの解放は一時的な物でしか無く、30分から長くても2時間でその所謂無造作ヘアは本当の無造作ヘアになってしまうからである。ウルトラマンの地球滞在時間を超越するには、やはりダイエースプレーによる尽力が不可欠であったのである。

美の完全復活[編集]

生まれ持ったものだけで緻密に構成された、究極の美。

日本古来の美学は再びスタンダードの座になったかに見えた。しかしそれでも取り残されていた人々は存在した。それは逞しく日本男児そのものといえる男の中の男たちであり、重力や色素を無視したり制御してみても彼らの頭上に現代は訪れなかった。

この一大問題に終止符を打ったのが、HIDEでもhydeでも無い革命家―プロサッカー選手を副業とするトップモデル兼ファッションデザイナーであった中田英寿であった。名声が高まった頃まで彼はダイエースプレー及びビューティーン愛好家であったのだが、アクティブな職業に就くことの多い男の中の男たちにとっては、これらは邪魔でかつ目障りな物でしかなかった。中田はこの上なくシンプルな真理に気づいた。髪を極めて短く切ってしまえば、日本人の多くは重力から解放されると。

彼はジェレンドが更にもたらしたダイエースプレー革命の範疇にない革命であった眉毛整形術を活用した。バリカンで刈り取られたスポーツ刈りと伸ばされた髭はジェレンド眉毛キットによって丹念に整えられ、現代の坊主頭として確立された。このヒデ・ナカタ・ルネサンスこそ、かつて大日本帝国三島由紀夫が目差しその志半ばにして倒れた日本の美の極致である。そしてこの髪型は既に近代という病魔に冒された最後のセグメントにも福音を与えた。坊主頭は脱毛の跡どうでも良くし、かつおしゃれな最高のスタイルとなったのである。

こうしてあらゆる男性の頭上に現代は訪れ、不衛生腐敗野蛮の限りを尽くした近代という時代は終わった。

現在[編集]

戦後レジームに固執し続けた最後の男、橋本龍太郎

クール・ジャパンとも言われ、欧米グローバルスタンダードとは全くの別物である現在の日本のメンズヘアスタイルは、以上に示した4つの革命をその根幹としている。これらが4大原理となり、時に緊張を保ち、また時に混ざり合ってスタイルは変化を続ける。重力と色素は隅々まで制御可能な要素となり、無限であったヘアスタイルはその数をさらに無限倍された。今や革命前に生じたあらゆる髪型の典型は最早お笑いでしか無く、自然な髪の流れの可視化というダイエースプレーによって見直された美に習わずして、前時代のスタイルが大衆に受け入れられることなどあり得ない。

新しい今の美意識は永遠に未完成となり、退化するどころか停滞することすらない。かつてのダイエーを象徴する、あのに染められし下弦の月のように。

注記[編集]

  1. ^ 山川出版社がこの事実を歴史書に記すのも、もはや時間の問題である。

関連項目[編集]

ヴィジュアル系ダイエーのたまものである。」
ダイエースプレー について、ヘロドトス
「ダイエースプレーの前には、何も無かった。」
ダイエースプレー について、ジョン・レノン
「ダイエースプレー買うてこいや。」
ダイエースプレー について、メタルマクベス

外部リンク[編集]

Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「ダイエースプレー」について分析しています。


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「ダイエースプレー革命」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)