ダイス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイス」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ダイス」は何故か「サイコロ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ダイス (英:Dice, サイコロ) とは、知的生命体の一種である。原生のダイスは体の側面に凹みや柄などの模様を持つため、人類が賭け事やゲームなどを行うさいに利用されてきた経緯を持つ。

概要[編集]

多くのダイスは正多面体などの角張った体をしている。体表には斑点などの模様があることが多く、これらの要因から遊戯用として古くから利用されてきた。また、ダイスはヒトの言語をある程度理解できる知能を有することが知られており、ヒトに歓喜や悲壮を与えるように動くことが研究によって明らかになってきている。

人類とは有史以来の長い関係性があるものの、その食性や繁殖方法といった生化学的なプロセスは謎に包まれている。

和名について[編集]

慣例として、「サイコロ」という和名はダイスの亜種であるAlea japonica (標準和名ニホンダイス) の別名として扱われることが多い。ニホンダイスは体が正六面体 (立方体) であり、斑点を1つ有する面の模様だけが赤いのが特徴である。また、かつては賽と呼ばれていたが、と混同されるのを防ぐために[要出典]擬音である「ころ」が付けられ、現在のサイコロという名称が定着した。

一方ダイスはサイコロを含む多くの亜種を持つ種全体を表す語として使用されており、本項もそれに従うものとする。

歴史[編集]

原生のような、それぞれの面に異なる模様のついているダイスの化石は古代インドや古代エジプトなど複数の遺跡から発見されている。しかし有史以前の地層からもダイスのような形をした化石が発掘されている。原生のダイスは、人類と共存していくために模様を付けるような進化をしたものだと考えられている。

ダイスの形状という点に着目すると、最も原始的なダイスの形状は扁平型のものであり、他の扁平な生物の体表が硬化した結果生まれた生物であるとされる (リョウメンダイス) 。人類はこれらのダイスの表裏を塗り分けて遊戯用として用いたのがダイスと人類の交流の始まりであると考えられている。また、初期の貨幣経済においてこれらのダイスが硬貨として用いられた痕跡がある。現在でもコイントス面子、ユンナリ (韓国の伝統的なボードゲーム) といった遊戯に用いられることがある。

リョウメンダイスが更に進化した生物が投げ棒型のものである。投げ棒型のダイスは細長い角柱状の体を持ち、転がるように移動する。扁平型から進化した当初は三角柱状の形状をしていたが、徐々に移動のために多角柱化していったと考えられている。これら投げ棒型のダイスは、現在ではバトルエンピツ等に利用されている。

投げ棒型のダイスの生物学的な欠点として、移動するさいの方向転換が難しいことがあげられ、これを改善するために横方向にも転がることができるように進化したのが立方体型のダイスだと考えられており、サイコロもこの形状から派生したと考えられている。一方、カーブを描くような方向転換を可能にした進化が「正ねじれ双角錐型」と呼ばれる形状であり、体が10面のものはアメリカヨーロッパなどに特に多く生息するといわれている。

生物学上の特徴[編集]

ダイスは多くの謎に包まれた生物である。自然言語を理解できるような知能を持つ生命体は稀であり、確認されている上ではヒトを含むごく一部の知的生命体に限られる。また、言語を理解しつつ自らは言語を用いないという点でダイスは特異である。

繁殖の方法などは (2018年現在) 知られていないが、雌雄の区別があることが知られている。オスメスでは体表の模様が異なり、自然界に多く生息しているのはメスの個体である[出典]。一方、これらは模様が異なるだけで生物的な違いがあるわけではないと考える研究者も存在する。

多くのダイスは転がるように移動するが、リョウメンダイスなど一部のダイスは這うように移動することが知られている。

人類との関わり[編集]

原生のダイスが言語を理解できるようになったのは、数十世紀に及ぶ長い年月をかけて人類によって投げられてきたことが原因の一つであると考えられている。ダイスが言語を理解するようになったのは、人類が言語を習得してから文字を習得するまでの期間とされているが、定かではない。

世界の書物においてもダイスが重用されてきたことが記されており、インドの書物である「マハーバーラタ」にもその光景が描かれている。

一方、中国から日本にダイスが伝わってきたのは奈良時代ごろと比較的遅い。原生の中国のダイスは14の面が赤い模様になっているが、流入当時 (中国では代) は1の面のみが赤い種と1・4の面が赤い種が混在していた時期であり、日本のサイコロはおそらくかつて中国に存在していたダイスが外来種として広まったものが由来と考えられている。

その後、人類は様々な決定を運命の責任にするためにダイスを多様したほか、これらの行為が転じて多くの遊戯が生まれたと考えられている。

関連項目[編集]