ダイナースクラブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダイナースクラブ(Diners Club)は、全世界で微妙な扱いを受けているクレジットカード、又はこれを運営する秘密クラブである。

沿革[編集]

歴史[編集]

創業者が孤児院にいた頃、金持ちの肉食系婦人と交渉を持つ代わりに、タダ飯にありつける秘密クラブを作り、これをディナークラブ(Dinner Club)と名づけた。

しかし、幼少期に学校に通うことが困難だった創業者は、会社設立登記する際、ディナー(Dinner)をDinerとスペルミスをしてしまい、Diners Clubとなってしまった。現在においては、「Diners」は「食事をする人」、「ディナーの客」等という意味でオックスフォード現代英英辞典に登録されている。

会社設立後、創業者は婦人に買われた少年達にカードを発行する事で、金持ちの婦人のお金で食事ができるようなシステムを築き、ダイナースクラブカードができた。主にレストランで優待が受けられるのはこれが理由である。

但し、これらの話は、アンサイクロペディア的にフィクションのフィクションであるという説もある。

ディスカバー傘下に[編集]

ディスカバーは低所得者向けに高還元率と現金還元のクレジットカード事業を展開していた。しかし、ステイタスの面でVISAやアメリカン・エキスプレスに劣っており、高所得者を欲しがっていた。

その時、目についたのがダイナースクラブである。

ダイナースクラブは高所得層の婦人から、婦人に買われた少年達まで保有しており、「ダイナースの会員からは金の匂いがプンプンするぜーーーッ!!!」という事からM&Aを行い、ディスカバーに事業を買収された。

サービス[編集]

プロパーカード[編集]

プロパーカードは、婦人達に買われた少年が持つダイナースクラブカードと、金持ちの婦人が持つダイナースクラブ・プレミアムカードの2つのグレードが発行されている。

ダイナースクラブカード[編集]

日本においては、少年達を買うディナークラブ行為は犯罪行為に当たる可能性があるため、加入に制限を設け、完全に秘密クラブとする事で、司法による介入を防いでいる。

加入条件は以下の通りである。

33歳以上の方
勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方
自家保有の方

さらに入会申込み時に以下の事柄について記入を義務づけている。

最終学歴
持ち家の平米数
勤務先

これらを総合的に判断して、秘密を守れると思った消費者にのみカードを提供している。金持ちの婦人、或いはその夫がこれらの要件を満たしていなければならない。

しかし、最近では審査が甘くなってきており、1,000万円の預金を持ってるだけで発行された等という話もでている。あくまで、原則としては、少年が婦人に持たされるカードであるため、10代でも20代でも持ってる人は持っている。マジで。

ダイナースクラブ・プレミアムカード[編集]

ダイナースクラブ・プレミアムカードはダイナースクラブカードと違い、本物の金持ちの婦人が保有するカードである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイナースクラブ」の項目を執筆しています。