ダイハツ・コペン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このダイハツ・コペンは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイハツ・コペン」の項目を執筆しています。

ダイハツ・コペン(Daihatsu Copen)とは、母国日本国内においては660ccで64ps但し車両によっては10ps以上減少するという「まあ、走ればいいや」的な車でありながら、欧州では、1.3Lで100psちょっとのコンパクトを謳ったオープンカーである。従って結局は「まあ、走ればいいや」的なクルマである。

ダイハツ・コペンのミーティング風景。かわいらしい顔とは裏腹に数が集まると割りと壮観である。

概要[編集]

ABC参兄弟に触発されて大阪発動機によって開発されたオープンKカーであるが、実態は税金が安いだけの燃費の悪いスペシャルティカーである。

トヨタ自動車,日産自動車,ホンダ(のちに勝手に離脱)の主要三社が気持ち安いチープな作りのスペシャルティカーの製造をやめてから、ひそかに業績を伸ばし、アルティメットエディションIIで販売終了と言われつつも、後3年ほど売られ続ける基本設計が旧世紀のコンパクトスペシャルティカーであるが、そのエンジニアの凝り具合は恐ろしく、軽自動車ナノにもかかわらず、BMW・6シリーズガブリオレにも搭載されたことのない「三分割ルーフ」を採用しているうえに、MR-Sにも設定されていなかった自動オープン機能搭載で、ピッツァになり燃費が悪化してしまっているが、もともとスポーツ走行を望む人たちが買うことが多いため、全く気にされていないうえ、D・SPORTなどからスポーツマフラーやスポーツECUなどが発売されており、軽自動車なのにTRDフルチューンのヴィッツ並の馬力になるが、安全性はあなたの脳内リミッターに依存しています。

なお、今さらわかったことだが実は2分割ルーフである。

その作りは軽自動車の割に無駄に込んでいて、ミゼット工房で生産しているうえに、すべてのボディカラーが5層コートというトヨタ・クラウン並みの待遇で生産されるのだが、3万キロ走行を待たずしてドナドナされるという悲しい運命にある。

また、そんな金のかかる塗装をしているのにもかかわらず、車好きを喜ばせられる色が赤しかないため全塗率が高く、レモンイエローやスバルブルーに塗り替えられて、ガルウィングをつけられ、えげつない格好になって走らされているコペンちゃんもいる。

なお、キャブを荷台が追いかけるようなことはない。

また、近年判明したことだが、コペルニシウムマフラーから垂れ流しながら走っていることが判明した。

生産がめんどくさいほどの手がかかる割に絶好調の売れ行きのために、ボディカラーを減らすなどのマジックを散々採用して作業の簡素化を図っているが、結局のところ200万円カーになってしまったのが現状であるが、ユーザーはその上に積み増して50万円以上かけていることも多い。

また、税金が安いためにマツダ・ロードスターからの乗り換えが一部で大流行しているため、呂布の利漁夫の利を狙ってホンダが1000ccクラスのビートを出してごまかそうとしているが、すでに普通車枠であるため、ダイハツはコペコぺと次期コペンに2気筒エンジンを搭載しようと開発を続けている。

しかし、最強超絶耐久超絶高能力エンジン「SUBARU EN07X」を推す声がユーザーとその予備軍には多く、ダイハツはその搭載を前向きに検討している

グレード・価格[編集]

アクティブトップ[編集]

  • アクティブトップは概要で述べたようにどうしようもなく重い2分割ルーフを搭載したモデルで、なぜか5MTよりも4ATのが高い謎のグレードである。何故かMCなどで変更されたことのない地味な15インチアルミホイールをはいており、ヤフオクではかなり在庫があるため総統価格が下がっている。どうせならスチールホイールはかせてオーナーに変えさせればいいのに
  • 発売当初はその辺のターボK程度の値段で買えたが、気付けばカローラ 1.5Gが買えそうな値段にまで値上がってしまった。
  • シートはホールド感のなさそうなごく普通のファブリックシートであるため、たいていはレカロシートに換装されている。

ディタッチャブルトップ[編集]

  • ディタッチャブルトップはアクティブトップとは違って適当にMR-Sのルーフをくっつけた手抜き作品であるが、価格はアクティブトップと同等、安全線はハードトップのアクティブトップのがいいため見向きもされなかったが、その割には中古車市場にもいくらか出回っている。

チューブトップ[編集]

  • ストラップが無いもの。

トップ[編集]

  • 中学生にぐらいになるとだんだんと大きくなってくる。

レザーパッケージ[編集]

  • アクティブトップの質素すぎるファブリックシートに本革をはってみたモデル。シートはホールド感のなさそうなごく普通のファブリックシート改造レザーシートであるため、たいていはレカロシートに換装されている。

痰レザーパッケージ[編集]

  • 上記レザーパッケージの本革の色を痰カラーに変更したモデル。シートはホールド感のなさそうなごく普通のファブリックシート改造レザーシートであるため、わざわざレザーシート代の高い金を出しておきながらたいていはレカロシートに換装されている。

アルティメットエディション[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

アルティメットエディションII[編集]

  • アルティメットエディションIIメモリアルという名前でも販売されていたが専用エンブレム代がもったいないためメモリアルをはずして後々販売することとなった。
  • シートはホールド感のなさそうなごく普通のファブリックシート改造レザーシートであるため、たいていはレカロシートに換装されている。素晴らしいデザインとホールド感のアルカンターラのレカロシートを搭載しているため、中古車市場からコペンが消えつつある。

アルティメットエディションS[編集]

  • 基本はIIと一緒のようだが、カローラフィールダー1.8Sにも迫る価格で販売されている。だが、ユーザーはそんなこと誰も気にしない。
  • 継続してビルシュタイン製ダンパーやクリアテールランプ、BBS鍛造ガンメタホイールなどを搭載したDQN走り屋向けのスポーツモデルとして人気だが、パワーウェイトレシオは宇宙戦艦ヤマトには敵わない。
  • シートはホールド感のなさそうなごく普通のファブリックシート改造レザーシートであるため、たいていはレカロシートに換装されている。これまた素晴らしいデザインとホールド感のアルカンターラのレカロシートを搭載しているため、中古車市場からコペンが消えつつある。

アフターパーツ[編集]

おそらくヴィッツRSよりもはるかにアフターパーツが存在し、オーナーの好みにより様々な顔に成型することが可能で、なかにはムリクリFRに改造してしまった事例も存在する。

D・SPORT[編集]

上記にあるように、150ps以上叩きだすマジック・チート・コペンを作ることができるが、ハイオク指定となるためユーザーは自ら控えめにした。

ポルシェ風[編集]

「コペルシェ」という名前まで生まれているが、度のパーツもマツダ・RX-7とうのフォグランプをオークションで引っ張ってこないと着用できないというマジックパーツである。なお、天と地がひっくり返ったとしても装着した状態で車検を通ることはできない。ぱっと見ポルシェだが小さすぎるのですぐに気付かれてしまう。

アストンマーチン風[編集]

日本国内の某企業より発売されている木工用ボンドカー製作キットを使えば40万円プラスでアストンマーチン(軽)に乗ることが可能である。ぱっと見はミラジーノクーペに見えるがそんな車は存在しない。

ロッキードマーチン風[編集]

こなかんじ!

F-22 (戦闘機)などで有名なロッキードマーチン風のデザインに変えることができ、その姿は「つるぺた」と形容するのが最も適当である。

レース活動[編集]

ダイハツが主催していた「うんちゃら」という名前のレースにたくさんの車両が出場・大破・炎上していたが、ムーヴカスタムに1位の座を譲ってしまうことも多く、ときにはエッセにも負けていたぐらい活躍が地味であったという噂である。

なお、GT500に、似た会社から発売されていたオープンカーが出ていたがもったく持って関係はない。

生産の継続[編集]

2002年に子どもたちの心をゆすぶりながら全米に感動を与えながらdebutしたこの車であるが、「2008年に生産終了」という話が入ってからもなぜか1年ずつ伸びていき、モデル消滅予定だったのにもかかわらず、2014年には2気筒エンジンを搭載して生まれ変わるという段取りに代わっている。

次期型[編集]

田村ゆかり2 small.jpg
来年のことを言うと鬼が笑う。
このページはいずれ生まれるであろう人物、いずれ設立されるであろう団体、いずれおきるであろう事件について取り扱っています。
故に多くの禁則事項を含むかもしれません。

上記のとおり、次期型がひそかに開発されており、スバル・EN07Xを搭載した、超絶耐久超絶スポーティオープンKとなって甦る予定である。

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「ダイハツ・コペン」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)