ダガー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダガーとは10cm~15m前後の左右対称の短剣状の武器である。の武器でもあるが、諸刃の剣であるため使用には慎重な判断を要する。

ダガーの起源[編集]

ダガーの起源には複数の説がある。

ガー科のが起源説
南米の先住民は乾燥したガーパイクやアリゲーターガーを武器として使った。全身硬質の鱗に覆われ、鼻部が尖っており、刺殺に特化していた。これに形状が似ている短剣をザ・ガー(the gar)と呼ぶようになり、ダガーとなったという説。
ダガー・コートワールの短剣が起源説
フランスのダガー・コートワール(Dagar Cotevoire)将軍は、ワーテルローの戦いで最後までプロイセン軍に抵抗し続けた。業を煮やしたプ軍のアウトスグ・セクスル参謀はコートワールを受け入れる代わりに降伏するよう、黄金の片刃の短剣を贈った。コートワールはこの短剣の峰に刃をつけて贈り返し、「あなたを殺して私も死ぬ」という意思を示した。以降両刃の短剣をダガー(Dagar)と呼ぶようになったという説。

ダガーの種類[編集]

  • マインゴーシュ 左手専用の短剣。右利き用のマインドロワも存在する。
  • パリィングダガー 帝国重装歩兵が得意とする防御に特化した短剣。
  • ダガー(イスラエル製) 全長15mのダガー。極めて殺傷能力が高い。しかし実は三菱のパクリである。
  • ダンシングダガー 美男美女のみが持つことを許される短剣。踊りで魅了しながら「つるぎのまい」で時に4倍の威力を発揮する。
  • ディル・ドバイ・ブレイター 決闘、もしくは自害用の性剣。挿突に特化する。
  • GAT-01A1 ダガー ストライクダガーよりも高性能だが生産性が悪いため少数しかロールアウトしていないMS。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダガー」の項目を執筆しています。
興奮状態の容疑者が13cmの黒いものを使用したとマスコミが報じたため、所持の規制が検討される。規制が行われれば、国民の半数が違反者となる。
マスゴミがよく誤用している。ダガーとナイフは別物である。ダガーなのかナイフなのかはっきりしろ。


この項目「ダガー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)