ダグ・バウアー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダグ・バウアー(Doug Bauer)とは、二十世紀を代表するコンタクティチャネラージャック・バウアーイナ・バウアーとともに「世界三大バウアー」としても知られている。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ダグ・バウアー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

地球上から高次元宇宙神霊とコンタクトをとり、メッセージを地球に伝えるべく、友人であるデイブ・チョーリーとともに活動していた。現在は高齢のために活動からは引退しているが、ジョン・ランドバーグという後継者が彼らの活動を引き継いでいる。

発端[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミステリーサークル」の項目を執筆しています。

日本ではミステリーサークル欧米ではcrop circleとして知られるそれは、1970年代後半のとある満月の金曜日の夜に始まった。

売れない画家であったダグはその日、いつものように夜の散歩に出かけた。すると突然あたりは満月にしては明るすぎる光に照らされた。やがて彼の体は青みを帯びた光に包まれ、一瞬にして地上から数百メートルの高さに持ち上げられた。宙に浮いたままの彼の頭の中に、言葉ではなく直接メッセージが送られてきた。

わたしたちは、地球よりも高度な文明をもつ生命体であったが、現在は肉体はなく、精神のみ、すなわち神霊として存在している。

わたしたちは君を、わたしたちの意志を地球人に伝えるためのメッセンジャーとして選んだ。

これから君は、わたしたちの指示に従って行動しなければならない。従わなければ、君と君の家族や友人に災いが訪れるだろう…。

その直後、強い光に照らされて気を失ったダグは、気がつくともとの散歩道へ戻っていた。彼はその脚で友人のデイブの家を訪れ、たった今の体験についてデイブに語った。彼の話に興味を持ったデイブは、ダグに強力することを申し出た。

それから彼らの行動が始まった。宇宙神霊からのメッセージは、麦畑に幾何学模様を描くという、ダグにもデイブにもその意味がわからないことだったが、彼らは宇宙神霊からのメッセージを余すところなく伝えようと、命じられるままに行動を繰り返していった。

騒動[編集]

彼らの描いた宇宙神霊からのメッセージは次第に世間から注目されるようになった。彼らは宇宙神霊から「正体を知られないように」と命じられていたために秘密に行動していたのだが、そのために、メッセージは単なる自然現象であるとか、あるいは低級宇宙人の乗り物によるものであるなどとさまざまな憶測を生んだ。日本でも高名な物理学者が「あれはプラズマによるものである」と的外れな断言をして大恥をかいたことは記憶に新しい。

彼らに指示を与えていた宇宙神霊は、それらの騒動を冷ややかに見ていた。世間が一つの仮説を立てるたびに、その仮説に答えるようなメッセージを送り続けていたのだった。しかし、宇宙神霊の意図はいっこうに伝わらない。その意味するところを理解するには、地球人はまだ愚か過ぎたのだ。宇宙神霊は急速に地球に興味を失っていった。

収束[編集]

地球にメッセージを送ることに飽きてきた宇宙神霊は、ダグとその友人を役割から解放しようと考えた。ある日のこと、ダグたちがいつものように麦畑で深夜の作業にいそしんでいた時、あたり一帯は突然、最初の時のように青白い光に包まれた。しばらくのち、麦畑がゆっくりと元の月夜へと戻ったとき、彼らの記憶からは宇宙神霊に関する全ての記憶が消されていた…はずだった。しかしその後もダグとデイブは宇宙神霊からの指示を受けることなく、自ら麦畑に模様を描き続けたのだ。画家であるダグにとって「描く」という行為は本能的なものであり、宇宙神霊によっても消すことができない記憶の奥底にしっかりと根付いていたのであろう。

とはいえ、宇宙神霊にとってはそんなことはもうどうでもよかった。年月がたち、ダグとデイブがミステリーサークルを「自分たちが始めた悪ふざけ」と公表したときも、ただ苦笑いをうかべるだけだったのだ。

関連項目[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

外部サイト[編集]