ダフィット・ヒルベルト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダフィット・ヒルベルト」の項目を執筆しています。

ダフィット・ヒルベルト(David Hilbert, 1862年 - 1943年)はドイツの実業家。19世紀末から20世紀初頭にかけての「ホテル王」として知られる。

概要[編集]

ドイツ領ケーニヒスベルグにて出生。散歩するの楽事するほど楽しい橋が多いこの街で育ったヒルベルトは、のちにケーニヒスベルグ大学へ進み、そこで経済について学ぶ。余談だがこの時、生涯の友となるヘルマン・ミンコフスキーアルベルト・アインシュタイン相対性理論構築に寄与した数学者)と出会っている。卒業後はゲッティンゲンに移住。当初は銀行家になろうとしていたが、たまたま見つけたホテルを買収したことがきっかけでホテル業に深く携わる。これが大成功を収め、一躍ドイツ経済界のトップへ立つことになる。

ヒルベルトの経営手腕として特徴的なのは、共同経営者や従業員に親族、特に父方の親類を多く起用したことであった。ただし同族経営の問題点としてありがちな「無能力者の要職就任」を一切廃し、このような内戚にも厳格なノルマを完全に備えていたことは特筆すべきであり、のちにフォン・ノイマンらも高く評価している。この他にも、完璧主義であったヒルベルトは経営上の問題点を一つ一つあげつらうと(ヒルベルトの23の問題、後述)、それらを解決するための準備として経営学・経済学・商法の基礎付けを目指す一大プログラムを立ち上げた。当時ヒルベルトの元には、世界中から経営手腕を学ぶため多くの若手実業家たちが集まっており(その中には日本の高木貞治もいた)、このプログラムに多大な人的労力がつぎ込まれている。しかし、そのいくつかは解決を見たものの、現在でも未解決のまま残されている問題も少なくない

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒルベルト・プログラム」の項目を執筆しています。

プログラムを難航させた極めつけは、クルト・ゲーデルが示した不完全性定理であった。プログラムの目的が無意味なたわごとであったと絶望したヒルベルトは間もなく病に倒れ、そのまま還らぬ人となる。ヒルベルトが遺した莫大な財産はクレイ数学研究所に寄附され、ヒルベルトの仇を取った者(つまり、問題を解決した者)に賞金として支払われることになっており、多くの山師を釣り上げる良い餌となっている。

ヒルベルト・グランドホテル[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒルベルト・グランドホテル」の項目を執筆しています。

ヒルベルトが開業した世界最大のホテル。部屋数は無限を誇り、「満室となった場合でも、宿泊希望があれば必ず部屋を用意する」ことをモットーとする。

利用者の間では「オンシーズンでも必ず予約が取れる」、「というか、予約しなくても泊まれる」ということで評判が高い。また、高級ホテルではあるが敷居が低く、宿泊希望者の財産・見た目・知能レベル等を理由に断ることは滅多になく、支配人自らが「数をかぞえられる程度のお客様であれば歓迎する」と公言している。それ故にホテルの宿泊客は多種多様を極め、時には「宇宙人を見た」という証言も飛び出すほどである。また、満室の状態で宿泊希望書が現れると宿泊客は頻繁な部屋移動を強いられる他、部屋が無限に存在するのに部屋番号が1から順に振られているため、莫大な番号の部屋をあてがわれるとわかりにくいという苦情も報告されている。

ヒルベルトの23の問題[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒルベルトの23の問題」の項目を執筆しています。

ヒルベルトの23の問題も参照。

1900年にヒルベルトが纏めた、経営者として解決すべき23の問題点。単にヒルベルト問題とも呼ばれる。ここでは一部を例示する。

問題の内容[編集]

第1問題
連続体仮説。「この世には2種類の人間しかいない。使う者(雇用者)と使われる者(労働者)だ」という主張。
ゲーデルですら認めていたが、1963年にポール・コーエンの「自営業やニートはどうなるの?」という一言で論破される。現在では「どっちでもいい」という結論で落ち着いた。
第8問題
リーマン予想。労働者、すなわちサラリーマンたちを規則正しく働かせるための方法論。未解決。

関連項目[編集]