ダンカン・エドワーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この方は亡くなられました
心からご冥福をお祈りいたします。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダンカン・エドワーズ」の項目を執筆しています。

ダンカン・エドワーズ(Duncan Edwards1936年10月1日 - 1958年2月21日)はイギリスイングランド)に存在したサッカー選手である。マンチェスター・ユナイテッドの後輩、ボビー・チャールトンとともにイングランドで最も偉大なサッカー選手と言われているが、なにしろ生没年を見ても分かるとおり早死にしてしまったから、いくらかは割り引いて評価する必要はあるんじゃない?

早熟の俊才、見参[編集]

彼はイングランド中部にあるダッドリーという地方都市の労働者階級の家庭で生まれ育った。イギリスに限らず、ヨーロッパ各国では生まれた家庭の階級によって一生がほぼ決まってしまうという階級社会が固定化しており、彼の場合も工場労働者の父親と商店の安月給パートで働いている母親のように一生低賃金で貧乏暮らしをすることがほぼ確定しかかっていた。だが、ヨーロッパ各国で人気だったサッカー選手になれれば、例外的に大金を稼ぐことが可能だったので、彼はその可能性に賭けたのである。幸いなことにどこぞのちびっ子ミュージシャンとは違って身長185センチ、体重82キロと体格に恵まれていて、運動神経にも秀でていたため、強豪チームマンチェスター・ユナイテッドの入団テストに通り、16歳の誕生日である1952年10月1日に入団となった。 当時の監督、マット・バスビーはロートル揃いのチームから若い世代を中心にしたチーム編成を図っていたが、そこに若くてイキのいい選手が現れたことで大いに喜びすぐに起用しようとしたが、コーチ陣の反対により半年間、別メニューで調整させた後、1953年4月4日にデビューを飾った。彼のポジションは左のハーフバック(現在で言えばボランチ)だった。当時、上手い選手はこぞってフォワードをやりたがっていただけにこのポジション選択は異様に思われたが、彼が言うには、「点なんてものはゴール前でどフリーならよほどのことがない限り取れるもの。それよりも点を取るまでのお膳立ての方が面白いんだ」ということであった。そう言いつつも、ペナルティエリア外から強烈なミドルシュートを決めることがしばしばあり、ファンからは「ダンカンのキャノン・ショット」として親しまれ、敵チームのゴールキーパーからは「キーパー・クラッシュ・ショット」として恐れられた。このことから点を取ることに関してはツンデレ気質であることが伺える。 このように卓越したゲームメークセンスとミドルシュートを武器にチームの中心選手としてのし上がってきたダンカンにイングランド代表監督も注目し、1955年4月2日スコットランド代表との試合に先発出場、わずか18歳と138日での代表デビューは43年後にマイケル・オーウェンが現れるまでのイングランド代表最年少記録でありつづけた。それと同時期にチームの方でもキャプテンに就任、チームが国内リーグで2連覇を果たす原動力となった。

ミュンヘンの悲劇[編集]

 背景 [編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミュンヘンの悲劇」の項目を執筆しています。

当時、イングランドのチームはサッカー協会の方針によりヨーロッパ・チャンピオンズカップ(現在のヨーロッパ・チャンピオンズリーグ)には出場していなかったが、バスビー監督の「ヨーロッパで優勝してこそ、ナンバー1クラブと言えるのではないか。協会の孤立主義はイギリスの悪癖島国根性の表れではないか」という意見にクラブ側が全面的に賛同し、1957-1958シーズンのヨーロッパ・チャンピオンズカップにイングランドのクラブとして初出場することになった。だが、協会からの協力は得られず、週の前半にホーム&アウェイのカップ戦を戦い、週末にリーグ戦が入り、シーズン途中からはFAカップと呼ばれる国内カップ戦が日程に組み込まれるという当時としては超過密スケジュールで移動することを余儀なくされた。マンチェスター・ユナイテッドは準々決勝まで勝ち進むと、ユーゴスラビア(現在のセルビア)の強豪・レッドスターをホームで2-1で破り、アウェイのベオグラードの試合でも引き分け、準決勝進出を決めた。当時の飛行機は東ヨーロッパからイギリスまで無着陸で航行できるだけの能力とガソリンタンクがなく、仕方なく給油のために中継地を選んで立ち寄ることになったのだが、立ち寄った場所が当時西ドイツのミュンヘンだったのである。ミュンヘンと言えば、アドルフ・ヒトラー率いるナチスの根拠となった場所でナチスの残党も多数存在しており、ドイツ分断を決めやがったアメリカイギリスフランスソ連に対する憎しみを持った人間が大勢居る場所でもあった。

 悲劇の真相 [編集]

1958年2月6日ミュンヘンリーム空港で給油を済ましたマンチェスター・ユナイテッドのチャーター機・英国欧州航空BE609便は降りしきる雪の中、2度離陸を試みようとしたが、エンジンが暖まっていなかったため失敗、パイロットや客室乗務員は安全の為、天候の回復を待って後日イギリスに帰った方がいいのではと提案したが、この2日後にはブラックバーンとのリーグ戦が控えていたので帰国を急ぐ必要があった。なにしろ協会に逆らってる上にリーグ戦にベストメンバーで戦うことができなければ、勝ち点マイナスで済むってレベルじゃねぇぞというぐらいのペナルティを課されるのは必定、なんとしても帰国を急がねばならなかった。 3度目に離陸を試みたときである。空港近くの民家にナチスの残党がこもっていた。彼らは反英感情が強く、イギリス人だけを狙ったテロ行為をしばしば行っていた。そんな彼らに格好の獲物が近づいたのである。 離陸しようとした飛行機はナチスの残党の一人が放ったバズーカ砲にエンジンを撃ちぬかれ炎上した。当然のことながらダンカンを含むマンチェスター・ユナイテッドの選手・監督およびコーチ陣も飛行機爆発に巻き込まれ、ある者は即死、ある者は瀕死の重傷を負った。ダンカンは重傷を負って病院に搬送されたが、何しろ反英感情の強い土地である。ほぼ放置プレイに近い状況にされ、ろくな治療がなされなかった。そして15日後の2月21日、ダンカンの強靭な生命力は尽きたのである。時に21歳。最期の言葉は「ボビー!スペースを作れ!俺がブラックバーンゴールにシュートをぶち込んでやるぜ!」だった。

その後のマンチェスター・ユナイテッドとエドワーズの評価[編集]

チーム崩壊をおこしてしまったマンチェスター・ユナイテッドは、奇跡的に生き残ったバスビー監督とボビー・チャールトンを中心にチーム再建に取り組み、こっちにあるようなチャールトンの頭が禿げるぐらいの様々な困難を経て1968年に念願のヨーロッパチャンピオンに輝くことになる。

ダンカンの死後、チームを牽引したボビー・チャールトンは彼についてこう語っている。「ダンカンとは1歳しか違わなかったが、彼はプレー、生活態度とまるでベテラン選手のように落ち着いていた。まるで10歳くらいの差に感じたよ。でも、年齢を詐称してたわけじゃないよ。もっとも老け顔だったってことはあるかもしれないけど……」

その他にも「ダンカンが生きていればイングランドのワールドカップ優勝はもっと早まっていた」とか「ペレの終生のライバルになっていた」とかいろいろ言われてるけれども、それは「死んだ子の年齢を数える」ってもんで、例えば「ジャパニーズ・ワンダーボーイ」と称された小野伸二のように10代で代表デビューしながらも、相次ぐ怪我で並みの選手に成り下がってしまったってことも有り得るから、あんまりそういうことは言わない方がいいんじゃないかなあ。

蛇足[編集]

ミュンヘンの悲劇の際、マンチェスターユナイテッドの選手が乗った飛行機を爆撃したドイツ人の孫こそ、約50年後、キーボードクラッシャーとして全世界に恥をさらしまくっている少年なのである。

関連項目[編集]

この項目「ダンカン・エドワーズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)