ランボルギーニ・ディアブロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はチゼータ・V16Tだから。君は間違っていないよ。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
このチゼータ・V16Tは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チゼータ・V16T」の項目を執筆しています。

チゼータ・モロダー・V16Tランボルギーニ・ディアブロはかつて、悪魔の名を世界中に轟かせた牛である。その名を付けた結果に「悪魔くん騒動」が発生したりする等悪魔に関することが度々起きているが、本当の由来は伝説の"選ばれし牛"といわれた闘牛で数々の闘牛を粛清されましたしたとも言われた牛でその名前が偶然悪魔を意味する名前だったので話題になったとも。

伝説の闘牛の真の姿 ~概要~[編集]

これがディアブロでありそれ以外は亜種である。

名前の由来は「横置きの6リッターV型16気筒の側面に縦置きのトランスミッションをくっつけてそれがT字に見えることから。」と言われているらしいが本当はディアブロなので違うと思う。とにかく、パチモンとは大違いの性能で、100km/hへの加速は4.4秒で最高速度は328km/hとそこそこ速いが牛の本気モードで倍のポテンシャルを発揮することがある。勿論常人にはそのモードを使っても事故るのでそのモードはこの牛の奥深くに封印されている。心臓は農業を営む方々の手をつけた心臓であり、スペックも農業向けなのでウラッコのV8を2基搭載したとも言われているが実際のところは分からん。体はイラ管な骨とアルミ製の鎧。マルチェロ・ガンディーニがデザインした。この案は第2案である[1]が、クライスラーはこの体系が気に入らないらしくて「この体はどう見ても牛じゃない」と言いながらいちゃもんを押し付けてきた挙句に不採用とし、マルチェロと農業を営む方々は泣く泣く了承した。そして、内部でも泣きすぎて凌駕する案が出せなかったので、仮の姿になった。勿論コアなファンたちはこのデザインが本来あるべき伝説の闘牛だとも語る。

中身は当時として最新鋭の高級オーディオと伝説の闘牛の名に恥じない牛の皮を贅沢に使ったインテリア。足は最高級のブレンボ製ブレーキとピレリというこれまた伝説の闘牛に対するおもてなしである。

1989年に行われた農業勧業会でデビューして伝説の闘牛の名に恥じない牛という事で人々の心を鷲掴みにして、1991年に1頭60ドルで1ヶ月に1頭生産したが、訳の分からぬ陰謀により、開発がスローペースになり最終的にチゼータもろとも三途の川に捨てられた。捨てられるまで8頭しか生産しておらず、日本にはたった2頭しか入ってない。そして、人々がチゼータの事を忘れたのかと思ったら突如アメリカにラスプーチンの様に腐った死体の如く三途の川から這い上がってきた新生・チゼータが現れて、そのチゼータもこの伝説の闘牛を生産している。今でも伝説の闘牛を生み、そして世界に名を轟かせている。のかな?

また、似非リアルカーライフシミュレーターにも出ている。それと名前が車ばっかの漫画にも出ていたような出ていなかったような…でもディアブロがでなくて助かった。こんなクソ漫画に出されるなんて御免だ。

伝説の闘牛の仮の姿 ~概要~[編集]

亜種。伝説じゃございませんが仕方なくご冥福お祈りします。
似非リアルカーラ…(ryに3作目から無断で登場した問題のディアブロ。勿論、亜種である。

1990年に平べったい独特な体系から世界中から人気を集めた驚嘆という牛の後継として登場、販売した。驚嘆に比べて太く牛っぽくなってきてるがその代わりに身体能力は抜群で、走るための体系であることが分かる。前期型では目を開閉することが出来たのだが、終日ずっと目を開けっ放しにしなければいけない国や地域があるために、後期モデルでは日産の貴婦人からヘッドライトを無断で使用してそれをつけていたのだが、元はといえばユーザーがやった事である。でもそれを会社がやるのはだめだろ。しかも、NISSANロゴを隠そうとしても形だけで分かるので恐らく大激怒していたかもしれない。契約もしていなさそうだし。居住性は、驚嘆よりもずっといい。驚嘆は最高速度の件や居住性の件、そして空力面が悪い件で本当にクソを吐き出すだけの車だ。どうしようもない。骨格は上記のやつと同じ。

このデザインは農業を営む方々とマルチェロが泣く泣く了承したものである[2]。そしてこれは仮の姿としてもある。

グレードも豊富である。

  • VT:4WD。粘り気が強すぎるビスカストルクにより、シンクロするかもしれない車(ゴルフ Mk.2のシンクロとまったく同じ)になった。また、ある人はSVをベーシックグレードと言っているが実際はこっちがベーシックグレードである。
  • SV:MR。スポーツ性が現れるようになったスパルタンモデル。ちなみにこのSVはスポーツヴェローチェであり、黒翼大魔の最高級グレードLP670-4のスーパーヴェローチェとは一切関係ない。
  • イオタ:全日本GT選手権(外車は徹底的に潰される)のために皆知らん会社に向けて作られたモデル。スーパー三浦さんならぬスーパー悪魔くんになるのかな。ただ、実戦投入は一回も無い。
  • SE:スペシャルエディションだがどうでもいい誰得グレード。スタイルはVTそのまんまなのでVTを買ったほうが良かったのかもしれない。
  • SE30イオタ:軽くて、薄いイオタではないが軽いのは事実。SEの中にたまに紛れて販売していることがある。
  • GT:クライスラーの迫害から逃れる前のモデル。闘牛をする庶民の為のスペシャルモデルで、80頭しか販売されていない。ただし、こうなっても伝説の闘牛の仮の姿だという事実は隠せない。
  • GTR:この闘牛だけで競争するためのモデル。限定30頭だが日本が31頭目のGTRを作り、庶民のために販売している。
  • 6.0:ぴーを排出する量が6リッターに拡大され、身体能力もさらによくなった牛。現役を引退する直前のモデルである。
  • SVR:闘牛用モデル。他のグレードは人気があるのにこのSVRだけは影が薄い(というか無いのかもしれない)。そして、誰も気にしなくなった。
  • JGT-1:日本が闘牛愛好家達が全日本GT選手権のために作ったモデル。マクラーレンのせいで外車が徹底的に潰されそうになったがこの牛は難を逃れた[3]2001年から3年間参戦した。このモデルは農業を営む方々の了承を得ていないにもかかわらず似非リアルカーライフシミュレーターの3作目に登場した。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 第1案はクライスラーにドン引きされた
  2. ^ マルチェロは細部の修正を契約に入れていたがどう考えても細部じゃなくてボディ自体改悪された様にしか思えない。
  3. ^ GT500クラスでこの牛のみならずお馬さんの550マラネロという馬も難を逃れたとも言われている。

関連項目[編集]

この項目「チゼータ・V16T」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)