チャレンジ勧誘漫画

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ベタな進研ゼミのマンガの法則」の項目を執筆しています。

チャレンジ勧誘漫画(ちゃれんじかんゆうまんが)は、日本に置いて発行部数第一位の漫画雑誌の通称および手法である。

概要[編集]

数週間(1度チャレンジに入会して退会すると数日に一度)に一度、日本全国の小中学生の家庭(どうやって調べたかはお察しください)に無料で送付される。宿題いじめに追われている小中学生の一時的な心のオアシスとして全国に愛読者は多い。そのため"ジャンプマガジンを読んだことはないが、チャレンジ勧誘漫画を読んだことはある"という小中学生が多く報告されている。

ストーリー[編集]

ベースとなるストーリーは毎回同じで、いずれもチャレンジ(挑戦)することの尊さを説いている。詳しくは進研ゼミの記事を参照。同じ物語を、登場人物の名前を変えながら何度も読ませることで、一定の刷り込み効果があるのではないかと指摘する専門家もいる。

また作中、チャレンジすることにより以下の効果があることが語られている。

しかし大部分の小中学生はチャレンジしても背は伸びず、運動音痴のままであり、彼女もできなければイケメンにもセレブにもならなかった。このことから、チャレンジ勧誘漫画は悪徳商法に当たるのではないかとも考えられる。

注意してみるとグラフがかなり違う

また、グラフなども不正に改ざんしている。(右の画像参照。)

一方で、別の利用法を見出す小中学生もいる。

批判[編集]

これらの漫画は中二病を誘発する可能性があるとして、市民団体などが抗議を行っている。また、既にチャレンジしている者にはこの漫画が送付されないことにも批判がある。

関連項目[編集]