チューバ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、存在の薄い金管楽器について記述しているばい! その他の用法につ・い・て・は「Tuba」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チューバ」の項目を執筆しています。

チューバ(英:Tuba)、もしくはテューバとは、非常に薄い金管楽器である。

概要[編集]

ロータリー式チューバ。四方八方に管が伸びているが気にしてはならない

管楽器の中で最も巨大な楽器であり、管体のみならずレバー(もしくはピストン)やマウスピースも最大である。また、朝顔(ベル)にかけての管の内径は凄まじく、もはや普通の楽器の比ではない。そのため、奏者の顔が見えなかったり、逆に奏者が見えなくなったりすることは、チューバ吹きとしては日常茶飯事であるといわれる。

また、並びに管楽器の最低音域を担う――といっても、コントラファゴットオクトコントラバスクラリネットチューバックス等の摩訶不思議な怪物木管低音群でも、もはやこの楽器には敵わない程の比ではあるが。そのため、主に吹奏楽オーケストラでは、コントラバスと並んで伴奏要員として駆り出される。むしろメロディーが似合わない程であるが、伴奏向きであるためそれなりの存在感を出していないでもない。

しかし、それだけを以ても、チューバは依然として「非常に影の薄い楽器」としての地位を確立してしまっている。

そもそも伴奏要員とは言えど、楽団においての存在が華々しさの欠片も無いため、そこに居るのかどうかさえ危うい。他の低音群であれば、通常楽曲の中にメロディーやそれに近いもの、運が良ければソロが通常あるものだが、チューバはそれすらまともに無いのが普通である。もしあれば奇跡と言っても過言ではない。

また、楽団での位置は、通常最後列のさらに端っこの端っこである。そのため、写真や映像においては、アップは愚か全体像でもろくに写らないことがある。

奏者の立場[編集]

「あの...これ俺要ります?」
チューバ について、新世界交響曲について、チューバ吹き
「いるじゃん。2楽章に9小節だけ出番あるよ。トロンボーンと同じ音だけど。
チューバ について、他の演奏者

はっきり言うと、立場自体無いに等しい。前述の影の薄さ故、奏者の立場は非常に厳しいものとなっている。

合奏において全体の統制が狂うと、まず伴奏要員のチューバ奏者が疑われる。確かに、合奏を崩壊させることのできる一番の楽器ではあるが。そのくせメロディー吹いていてもその場所の練習の時にハブられる。特に少人数アンサンブルにおいては、そのプレッシャーと責任は絶大なものとなり、になる者も少なくない。なお、本当に崩してしまった場合はどんなに影が薄かろうと許されない。

パート分けにおいてもそのことは証明される。例えば、吹奏楽においては通常ユーフォニウムと合同であり、オーケストラでもトロンボーン(特にバス)とほとんど区別されない。チューバ単独のパートなど普通なく、他の楽器のにしかれてしまうことが多いのだ。

後継者の指導[編集]

楽団における人気度も非常に低いため、先輩奏者は毎年後継者不足に悩まされることになる。影は薄かれど楽団には必ず必要なので、絶対に人員を確保しなければならない。ただしその場合は、もし入ってきたとしても、親類知人のコネがあったとか、偶然楽器を間違えたとか、稀に見る物好きだった、もしくは強制加入させられたなどの事情ありきが常である。

それだけではなく、後輩の育成にも苦労することが多い。奏法はまだしも、巨大故に構えの姿勢に個人差が出てくるため、先輩奏者はそれを見極めなければならない。また、楽器の種類(後述)によって、レバー(もしくはピストン)の押さえ方やメンテナンスの仕方が全く違うため、それをいかに指導するかが問題となってくる。

世間からの目[編集]

楽器経験者であればまだしもだが、知識のない一般の者に「チューバをしている」旨を伝えれば、

という言われ様である。認知度が低いうえ、登場しても散々な扱いであるため、日々奏者の苦悩は尽きない。

楽器自体の特徴[編集]

外見的特徴[編集]

ピストン式チューバ+変な場所に抜き差し管タイプ。ベルの前にある不自然な配置のそれがそうである。しかも、ウィキペディアのページではこれがトップである。

とにかく巨大である。それ以外の特徴など、ありゃしない。

その高さは若干1mにも及び、大きなベルと巻きつけられた太い主管を持つ。金管楽器では珍しく「d」型の形状であるため、その大きさも加わって非常に持ちにくい。しかし、所詮中は空洞であるため、一般論よりは非常に軽く、(少なからず座奏では)あまり楽器を支えなくても置ける。

また、抜き差し管の位置がおかしいことでも知られている。大抵、抜き差し管はどれも真っすぐ伸びているが、チューバの場合はあまりにも長いため、楽器の裏面まで迂回しているものもある。そして、主管抜き差し管の設置場所がこれまた大胆で、吹き込み口の先端管にあたるマウスパイプのすぐそこにひょっこりあったり、はたまた最下部に突き出していたりするものもある。

構造的特徴[編集]

構造は他の金管楽器とほとんど変わらない。強いて言うならば、ただ単に大きくしただけである。しかも、運指や発音法はユーフォニウムに使い回されている。何とも粗雑なつくりである。

唯一違うものといえば、4番レバー(ピストン)の存在である。しかし、ホルンのそれとは異なり、トロンボーンの親指レバーと同じく2音半下がるだけのものなので、1番+3番の替え指か最低音域にしか使わない。また、全く正確な音が出る訳ではないので、低音域では無理矢理を足したり、抜き差し管を限界まで引き抜いたりして対応する。しかし、そもそもそんな音の用途が無いうえ、出しても音が潰れて音程など無いため、存在価値は皆無に等しい。

材質[編集]

無論、全身亜鉛である。…が、あくまでそれは新品の状態であり、所々にメッキ加工や加工された継ぎはぎの管があることなど、使い古されたものであれば珍しくない。また、表面積が大きいが故、金属の錆具合が酷くなることが多い。

種類[編集]

音域と奏法によって、様々な種類のものがある。もちろん、メンテナンス等の基本事項も全て異なるため、これを巧みに使い分けることは非常に困難である。

音域区分[編集]

アルトホルン
ホルンではない。チューバ族最小のものであるが、Es管(変ホ調)という扱いづらい調性であるうえ、ブラスバンドでしか絶対に使用しないため、あまり需要がない。というより、チューバ奏者でもまず知らない
ただし、楽器本体は最も扱いやすいといえる。
テナー・チューバ(ユーフォニウム)
オーケストラでは滅多に使われないため、吹奏楽などでの呼称「ユーフォニウム」が一般的である。
低音域を使えばチューバとともに伴奏、中音域を使えば対旋律やハーモニー、高音域を使えばメロディーやソロ旋律など、最も表現の幅が広く、活躍しやすい種類である。また、トロンボーンと扱う音域が同じであるため、持ち替えも簡単である。
ただし、いまいち立場がはっきりしないので、非常に多くの役をさせられることが多い。
バス・チューバ
同じチューバでも、Es管(変ホ調)とF管(ヘ調)の楽器を指す。
謎多き種類。最も用途が曖昧である。そもそも需要があるかさえ謎だが、大編成の吹奏楽などでは使われるようだ。
ちなみに、F管にはホルンのような切り替えレバーが設置されているが、何故設置されているのかは不明。
コントラバス・チューバ
こちらはC管(ハ調)とB管(変ロ調)の楽器を指す。
チューバと云うと普通これを指す。「コントラバス」と付いて通常音域なのだから、その音域の低さがうかがえる。
ちなみに、日本で最もメジャーなB管の最低音は、B0(lowlowlowB)。つまり、中央ドの音の3オクターブ下のシという、ピアノでさえぎりぎり音域内の音になってしまう(最も、これらは便宜上の音域と最低音であるため、実際発音可能かは定かではないが)。

奏法区分[編集]

ピストン式
種類のなかでは扱いやすく、音もしっかり出やすい。また、テナー(ユーフォニウム)はほとんどがこの種類で、バスやコントラバス(チューバ)と合わせやすい。
ただし、構造上管が迂回しているため、非常にガタイが大きい。ピストン下部の空白空間は何なのかと問いたくなるほどだが、依然改善されていない。
なお、ピストンが直立している「アップライト型」と、全面に突き出している「フロント・アクション型」とがある。前者の方が操作しやく、一般的なイメージではある。
ロータリー式
非常にコンパクトなフォルムで持ちやすく、穏やかな音質である。バスやコントラバスでよく見られ、木管楽器とよく合う。
ただし、複雑怪奇なロータリー機構はよく動かなくなり、メンテナンスにも時間がかかる。まさかの本番で固まってしまい大惨事、という事態も珍しくないため、奏者はしつこいまでの手入れを強いられることになる。

亜種[編集]

ウィンナ・チューバ
もはや楽器ではない。「ウィンナ」という接頭語が表しているように、もはや狂気の沙汰である。
全長は通常の1.5倍近くはあろうかというもので、持てるかどうかさえ怪しい。また、F管にもかかわらずレバーが6個も設置されており、6番レバーでC管に替えられるなどという機能を持つ。これならホルンのF/B管切り替えレバーのほうがまだましである。
そのうえ、ホルン同様倍音(吹き込む息の圧で変わる音)の数が凄まじく、上記の機構により運指も非常にややこしい。ウィーン恐るべし。
フレンチ・チューバ
今度はフランスがやらかした。テナー(ユーフォニウム)の亜種で、ピストンは最大6個設置されている。何故そこまで低音域にこだわるのかは分からないが、どこもかしこも低音域の拡大に努めていたようだ。
ワグナー・チューバ
ドイツでは、R.ワーグナーによりとんでもないものが開発された。何と、ホルンと合体させてしまったのだ。
中低音域の補強を目的としているが、左手のほうにピストンを設置したり、ホルンともチューバとも程遠いような形状にしたりと、何とも奇怪な構造をしている。
スーザフォン。中央の空白空間に体を入れる。
マーチング・チューバ
立奏用に、寝かせても操作できるようにしたチューバ。この場合、チューバの全重量が奏者のにのしかかるため、相当の負担である。もっとも、マーチングにおいてもチューバは永遠に最後列であるが。
なお、「スーザフォン」という体に巻きつける種類もある。そのうえ分解も可能で、全面真っに塗装している繊維強化プラスチックを使用していることが多いため、おおよそチューバとはみなし難いほどの形状である。

名称について[編集]

もともと、「チューバ」とはラテン語で「管」を指す言葉であり、金管楽器として、さらに現在のチューバとしての呼称になったのは、あくまで後のことである。つまり、所詮はただの管というのが一般的認識ということである。また、発音等の違いはあるにしても、「チューバ」はほとんどの言語で「tuba」である。その他の楽器であれば、多少綴りに差異があってもおかしくはないのだが、チューバに関してはこの様である。

また、チューバに正式な略称はない。「Tb.」とすればトロンボーンと混同するうえ、「Tub.」としたところで「Tuba」とたいして差が無いからだ。そのため、楽譜にはそのまま書かれてしまうことが多い。

記譜について[編集]

様々な種類があるにもかかわらず、一貫して実音である。もっとも、そもそも記譜法を定めるまでもない楽器であるため、とりあえず面倒だから実音で記譜しておきたい、という作曲家・編曲家の魂胆があるからではあるが。

また、バス・トロンボーンやコントラバスと、1オクターブ違いで併せて記譜されることも多い。これについても、おまけの楽器にすぎないという意識が渦巻いていることは明らかである。

関連項目[編集]