チーマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チーマー」の項目を執筆しています。

チーマーとはもともと中国語で「馬に乗る人」という意味であり、90年代の混乱期に現れた馬に乗って戦う戦国武将や侍にシンパシーを持つ若者達の集団である。

彼らの人生の活動はほかのチーマーとの戦にあるが、もう半分は農民、商人身分たる一般市民への恐喝、詐欺、暴行といった犯罪行為で、お上が鎮圧に当たることもある。

生態[編集]

暴走族がバイクに乗る事に対抗してチーマーは馬に乗って戦に馳せ参じようとしたが、馬が現代日本での戦に合理的ではなく、また馬を供給できるチーマーがいなかったため徒歩での活動となる。彼らの中に揃いの革ジャンを着ている者が少なからずいるのは、彼らが武者であろうとしたことへの名残であるらしい。主なチーマーの出没地帯は渋谷池袋などで、そのような場所ではあらゆる目立つ人間達への「狩り」が頻繁に行われている。

犯罪[編集]

チーマーは構成員が未成年であるケースが多いため、当時流行した少年犯罪の坩堝となっている。

代表的な犯罪行為

[編集]

チーマー達は、他のチーマー達を見ると戦を起こす。これは本能であり、彼らの人生で数少ないやりがいを感じられる瞬間である。使用される凶器は刀がなかなか用意できないので金属バットや鉄パイプ、通販で買ったバタフライナイフ等各種ナイフやスタンガンなどを使用することが多い。織田信長に影響されて鉄砲を使ったチーマーがいるらしいが、まぁたぶんフィクションでしょう。

代表的なチーム・チーマー[編集]

代表的なチーム
代表的なチーマー

関連項目[編集]