ツケを払う

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ツケを払う」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ツケを払う(つけをはらう)とは溜め込んだモノやカネを清算することである。英:Pay Bill(正確には請求書、などだが)

概要[編集]

人は誰しも面倒な事に直面することがある。 学生の仕事社会人の仕事をすぐに実行するか、効率のよい方法を模索するかの選択の時、後者を選んだ人が何時か行うことである。

また、使用料などの支払いもツケにすることができるが、その弊害は大きい。 まずはツケの種類を述べよう。

ツケとは[編集]

いつツケを払うかはお察しください
  • 麺類
ラーメン・ツケ麺・イケメンなどの汁やスープにツケられたモノ
ツケを払うの代表例。先月の使用量に合わせて無限(上限まで)にツケが増えていく。また、場合によっては使用した以上のツケを払わなければいけないので注意が必要だ。
  • 出席日数
おはよ~...今何時?......え、もうお昼?じゃ、明日にツケておいて...おやすみ(冒頭に戻る)
  • おっちゃん!ツケといて~
居酒屋で気さくなおじさんがお会計で垂れ流す戯言である。個人経営か店主に面識のある店ならツケてもらえるかもしれないが、チェーン店や奴隷が働いている店では成功しないであろう。
  • きゅうり
塩やぬかにツケてもおいしい。
  • 工事中の記事
記事の中には完成するのに時間が掛かる場合がある。その時に指定されたテンプレートなどを貼っているとアンサイクロペディアの愉快な仲間達が編集者たちに脅迫お話するのを待ってもらえる(かもしれない)。
  • 家事
洗濯・掃除・料理、どれも面倒なのでツケをツケてきた結果、衣服が発酵したり、部屋がゴミで埋まりカーチャンに怒られてしまう事もある。

いつ払うか[編集]

今でしょ溜め込んだツケはいつかは払わなければいけないが、いつ払うかが問題である。 ツケ麺は早く食べないと麺が伸びるし、他人に料金をツケてもらっていると日に日に白い目で見られることになる。ただ、魔法のカードなど、決まった日にツケを払わされるモノもある。 それまでにブツを用意できないとジ・エンドである


ツケを払わない[編集]

今までは「ツケを払う」事について述べてきたが、最初から払う気のない人もいる。 最近はリボ払いなどが増えてきたが、本人がツケを払う気がないのならまったく意味をなさない。 悪質な物になると期限ぎりぎりまでツケを伸ばした挙句雲隠れしたりする不届き者もいる。


結論[編集]

他人にカネを貸すな