ツンデレビウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ツンデレビウム(Tundelebium)
一般特性
名称, 記号, 番号 ツンデレビウム, Td, 95
分類 金属
族, 周期 12, 7
密度 9.5 g/cm3
銀白色
原子特性
原子量 193 amu
原子半径 106 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

ツンデレビウム(Tundelebium)は、ネオ原子番号95のネオ元素であり、ヒューマノイドに属している。ネオ元素記号はTd

特徴[編集]

ツンデレビウムは2つの状態からなり、高温の状態(デレ状態/約400℃以上)と低温の状態(ツン状態/400℃以下)とで大きく性質が異なる。 単体の場合、2つの状態の割合は温度で決まり、約400度を越えると急激にデレ状態に移り変わっていく。 ちなみに、状態間での主な違いとしては以下の物がある。

ツンデレビウムの単体における状態と温度の関係
要素 ツン状態での特徴 デレ状態での特徴
比熱 非常に小さい 比較的大きい
電気抵抗 非常に大きい 小さい
電子親和力 小さい 大きい
イオン化エネルギー 非常に大きい 小さい
イオン化傾向 小さい 大きい

低温では他のネオ元素と化合しやすく、ほとんどは化合物をつくるが、高温ではイオンになりづらく、単体が最も安定したものとなる。

歴史[編集]

ネオ元素周期表を完成させたといわれているネオロシアの科学者、ツンデレーエフにちなんで命名された。

主な化合物[編集]

感化ツンデレビウム (Qu3Td)
多くの元素と爆発的に化合する。基本的にデレ状態のときに作られる。加熱することで化合したネオ元素を放出する。
ヤンデーレ合金 (MoTd4)
モエイウムとの合金。ヤンデーレ博士が開発したためにその名が付いた。温度が高くなるほど熱伝導性が小さくなる性質があり、高い温度を保ち続けることができる。
クーデレ合金 (HSwTd2)
雪素水素との合金。デレ状態からツン状態になる温度が非常に低いため名づけられた。約70℃に加熱すると分解される。

主な利用法[編集]

ツンデレビウムの高温と低温で分子の結びつきや比熱が変わることを利用して、溶鉱炉の温度制御や、消火剤などに使われることが多い。また、現在ではツンデレビウムの状態比率が温度で決まることから、状態の割合を計測して温度を測るツンデレビウム温度計等にも利用されている。また、熱すると結合している原子を放出することから、特定元素の抽出にも用いられる。

人体への影響[編集]

男性がツンデレビウムを体内に取り込んでしまうと、ごく稀な例を除き、1時間以内に死亡する。男にツンデレがあまり見られないのはこのためである。 また、女性が取り込んでしまうと、髪の色は元の色がどんな色であろうとも金髪に変化し、真ん中で別れるように生えてくるため、ツインテールにするしかなくなる。近年では特効薬が開発されたため、この症状はあまり見られなくなった。(ただしツンデレビウムそのものの性質は消えず、髪の毛の症状のみがなくなる。)

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 ツンデレビウム 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)