ティンパニ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ティンパニ(伊: Timpano 独:Pauken 英:kettledrums)とは、打楽器の一種である。主にオーケストラブラバンなどで使用される。太鼓の一種であるが、音程があるという点が特徴である。

名称[編集]

イタリア語の「timpani」とは「timpano」の複数形であり、実質2台以上無いとティンパニとは呼べない。 よって日本では「timpano」の複数形を日本語で「ティンパ二(てぃんぱに)」、一台のときに限って「ティンパ一(てぃんぱいち)」と使い分けるようにした。しかし、実際には「ティンパ」(Timp.)と略されてしまうことのほうが多い。

また、ティンパニには性別があるという説がある。オスのティンパニは「ティン♂」・メスのティンパニは「ティン子」という名称であるが性別の見分け方は未だ調査中である。 見分けることに成功するとノーベル平和賞受賞確実ともいわれており、世界中のティンパニ愛好家が血眼になって研究しているとかしていないとか。多分していない。


岡山学芸館高等学校吹奏楽部によるとTimp.は4台1セットであり、小学生の使う3台のTimp.は論外としている。

使用方法[編集]

  1. バチで叩き音を出す。
    最も基本的な使い方である。楽器なのであるから当然である。
  2. お湯を沸かす。
    英語でkettle(やかん)と言う以上当然である。また、応用としてスープボルシチを作ることも可能である。通常4台のティンパニを各々のオーケストラは所持しているが、それは演奏者全員分の食事を作るために必要だからである。また、通常演奏時には他の演奏者よりも一段高いひな壇にいるが、これはご飯番としての権力の強さを象徴しているといえる。
  3. 運搬時のケースにする。
    ティンパニも楽器であるため運搬業者は丁寧に扱う。この性質を利用して、運搬業者に運搬を頼む際ティンパニのなかにワイン陶磁器などの壊れ物から、hyde等まで収納することができる。
  4. 風呂釜として使う。
    ティンパニの底には穴が開いているので、バスタブで栓をして風呂釜として利用することも可能である。ただし、銅製であるため冷めやすいのが難点である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ティンパニ」の項目を執筆しています。


ぞぬ.jpg この項目「ティンパニ」は常に不完全であり、フォローが必要です。

そのため、秀逸な記事にして下さる中の人を求めています。
つまり、この程度の内容で我慢できる野郎はお呼びではありません。
また、最低でも通常のMSの3倍の性能を要求します。
※編集が加えられた時点でサポートの対象外となります。ご注意ください。 (Portal:スタブ)