テイルズオブイノセンス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テイルズオブイノセンス」の項目を執筆しています。

テイルズオブイノセンス(Tales of Innocence、無実の物語)とは2007年に磐梯海鼠ゲームスから発売された ニンテンドーDS用のゲームソフト。恒例のサブタイトルは「想いを繋ぐRPG」。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、フェル博士の正体はハンニバル・レクター教授であることや、オリエント急行殺人事件の犯人は容疑者全員であることや、天上学園は死後の世界だということや、レイヴンの両親を殺したのはアンビエントであることや、エースの父親はゴール・D・ロジャーであることや、神楽坂明日菜は黄昏の姫巫女であることや、大賢者ガトーもチキもチェイニーも神竜族の末裔であることや、バイラム幹部マリアの正体はレッドホークの恋人であることや、幻王の正体が楊令であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

概要[編集]

本作はテイルズシリーズの本編としては9作目であり、DSテイルズの第2弾。本当ならば第1弾の方が本編9作目であるはずだったのだが大人の事情によりなかったことに。

前作の失敗を挽回するためにテイルズスタジオの総力を結集する、などという単純な手段はとらず、またこけてしまったときの言い訳が立つように外部の会社に開発を委託するという、マンネリ化したシリーズに新たな風を吹き込むエクセレントな方策がとられた。その甲斐があったかどうかは知らないが、深淵リメイクされた運命を合体させた魅力ある戦闘システムを搭載しているが、雑魚敵ですら無駄に硬くてイライラする歯ごたえのある戦闘が実現している。また、物語のストーリーや世界観もより重厚なものになり、テイルズシリーズで初めてCEROレーティングBを獲得するという名誉も手にした。

その一方で、同じ景色が続くダンジョンや物語が進むにつれてだんだん無口になるキャラクター、スタッフのやる気が疑われる点も見られる。ぶっちゃけ下のスクリーンは必要ないよね。


ちなみに人の皮をかぶった犬が監督を務めた攻殻機動隊という劇場アニメの続編とは特に関係ないみたい。

ストーリー[編集]

主人公のおたんこルカは苦しんでおり、ファンタジーな世界でテロリストを鎮圧する捜査官として活躍する夢を見ることで、日々の鬱憤を晴らしていた。そしてそのうち、ルカは夢の中の姿こそが前世の自分である、という妄想に囚われるようになる。

ある日、父親から家業の商会を継げというプレッシャーをかけられたルカは、現実逃避を図るべく雑誌ムーの読者投稿欄をを頼りに前世の仲間と再開を果たそうとする。ところが、そういったアホ行動力のある若者を集めていた教会は、ルカとオフ会仲間に難癖をつけて捕まえ、ブラックな職場に送り込む。しかも、ライバル企業もそういった誇大妄想に取りつかれた無能な働き者ばかり。かくてルカと文通仲間は就労施設から脱走し、転職先を見つけるための旅に出るのだった。果たしておたんこルカの定職は見つかるのか?

キャラクター[編集]

前世の愉快な仲間たち[編集]

ルカ・ミルダ
15歳 1.076hyde 56kg 木村亜希子
本作の主人公。めでたくかつての仲間と再会を果たしたものの、前世の(設定上の)恋人と相棒はリア充と化しており、内気な性格をいじり倒され涙目になる。
肝心の戦闘も相棒のほうが手数やスピード感で勝っており、仕方がないので空中をぐるぐる回り続ける。
しかしその得意のぐるぐる攻撃も背の低い敵にはスカりがちなのでやっぱり涙目。
前世の仲間と交流を続けるうちに精神的に成長していくが、どうあがいてもいじられキャラから抜け出せず涙目。おまけに主人公なのにパーティアウトするほどの重傷を受け、休んでいる間にみんなが温泉やら何やらを楽しまれている始末。
そして医者になる夢を捨ててギャングとして男を磨くことを決意。イタリアの空港を縄張りに活動中らしいが現在は音信不通状態。
前世の設定はジャック・バウアーあちらのラスボスとして登場する環境過激派と似たような雰囲気だが、本作より後に発売されたので別人と思われる。
  • ちなみに出来の悪いお祭りゲーでは攻撃速度は水準以上で攻撃力も技の性能も防御・術防も高く、秘奥義にいたっては他のキャラは5000~10000ダメージくらいなのにコイツだけ30000ダメージ、という理解不可能なチートキャラとなっている。
  • まあ理由ははっきりしている。あのお祭りゲーの開発担当はT、Iの産みの親たるアルファ・システムだからだ。ついでに言うとTからは特にも需要もないのに二人、秘奥義を追加されて登場している。FやRのキャラは秘奥義ないのに。手前味噌と言っても良いし、我田引水と言っても良い。
イリア・アミーニ
15歳 1.064hyde 53kg 声:笹本優子
本作のヒロイン…のはずだが、とてもそうとは思えないような言動が目立つ。おかげで 外伝ソフトから彼女を知ったプレイヤーは、恐怖のあまり「さん」付けで呼ぶ。
髪が赤色、武器が飛び道具、馬を乗り回すという設定などこちらの空気さんと共通点が多い、ような気がする。
でも戦闘の使い勝手はこっちのほうが上。
前世の設定は堕天使に転生した天使。でも攻殻機動隊とは(ry)前世では主人公を裏切って殺しちゃった
スパーダ・ベルフォルマ
17歳 1.134hyde 71kg 声:うえだゆうじ
不良でおませなお坊ちゃん。通称は戦闘中の空耳から「こがるんるん!」。
「お前ら人間じゃねぇ!」という言葉が(某所で)有名だが、前世では自分自身が人間じゃなかったため、あまりシャレにならない発言である。
前世の設定は聖剣デュランダル。岩タイプのポケモンでいあいぎり要員。名前が5文字を超えているが、なに、気にすることはない。
前世では主人を裏切って殺しちゃった
リカルド・ソルダート
27歳 1.173hyde 77kg 声:平田広明
契約を重んじ、戦場をさすらう傭兵。
たぶん幼年時代に「や~い、リカちゃん、リカちゃん」などといじめられたトラウマから社会性を失い、現在の職に就いたのだろう。
パーティを裏切って兄に引き渡そうとしたが、さすがに脳みそチューチューの刑はまずいと思い、結局パーティを救う人騒がせな人物。
何故か今作のスキット画面で、唯一照れ顔を披露してみせた27才。
前世の設定は海を中心に活動するテロリスト一味のコック。料理を作る傍ら、得意のキックで地上人の魂をかき集める。
アンジュ・セレーナ
20歳 1.012hyde 検閲により削除 声:名塚佳織
教会で奇跡を起こす聖女。…またあっちとかぶっちゃったよ。
初対面で、かつ顔色の悪い傭兵にポンとお宝をあげちゃう図太い神経と、旺盛な食欲によって培われたぴーを兼ね備えた書斎派乙女。コーダも尊敬するほどで、かつゆゆ様にも負けないほど食欲旺盛なので、聖堂の屋根に上った際にぴーな事態によって聖堂が崩壊した。
何を隠そうと、前世はホモ。ショタ好きのインテリめがねヤローだった。
スカした金髪軍人に唆されてパーティを裏切っちゃう。しかもリカちゃんと違って、実際に刃を向けてくるから困っちゃう。しかも裏切っておきながら一切反省なしで、しかもリカルドさんと異なり、そのことを誰一人責めていない
前世の設定は本名不明。わがままな天空神のお世話を担当する。
エルマーナ・ラルモ
13歳 0.948hyde 40kg 声:松岡由貴
王都の下水道に隠れ住む貧相な胸のストリートチルドレン。
店の商品を窃盗して生活していたという設定なのだから、ローバーアイテム(アイテム盗む技)は聖女よりも彼女が習得したほうがふさわしいような気がする。
というか聖女一人じゃモンスター図鑑のコンプリートが大変なので、ぜひとも覚えてほしい。
キャラクターデザインは意図的にキャプテンに似せて生み出された模様。おそらく彼女の熱狂的ファンのおかげ。
主人公やパーティを裏切り…ません。さすがばあや。よかったね、おたんこルカ。
前世の設定は大阪からの転校生、または大阪からの転校生。転生してもその訛りかたは変わらないような、変わってるような。ちなみに前世における設定年齢は軽く1万歳超えてるみたい。にも拘らず、転生者として生まれ変わった時期が前述の5人と大差がなかったという軌跡が起きている。良かったね、転生しても1人にならなくて。

その他もろもろ[編集]

コーダ
??歳 ??hyde ??kg 声:ジバニャン
いやいや、別にいてもいなくてもストーリーに関係ないとか言うと怒るで、しかし。
ハスタ・エクステルミ
22歳 1.192hyde 88kg 声:真殿光昭
きゅぴーん!
「窓辺のマーガレット」でおなじみの人。ゾクブツという名前の母親から授血されてすくすくと育ったんだポン。
そして一次欲求(食欲殺人欲海水浴)を満たすために戦場をさまよい歩く立派な大人になったんだりゅん。
特技は脳内裁判(一審制)とハスタキック。この歌を家族と犬に捧げます。
前世の設定は魔槍ゲイ掘る具。にゅわっ、ちぬって、なんだとっ!?
ガードル
??歳 1.153hyde 82kg 声:若本規夫
地上が大好きな穴子さん。自分の血を絶やさないために定期的に性交を行っていたらしい。
あまりにもしゃべり方がくどいのでブタバルド氏によって燃料にされた。
唯一転生していない人物だが、後に転生する。だが、アイテムはもちろんのこと、術、後退、防御、後ろに立つ、低難易度でプレイといった軟弱な行為をされたために敗北したことを根に持っているようで、後にぶるあああぁぁぁぁぁ!!に転生した時はそれらの行為を全て禁止にするといった正確になった。
ブタバルド・ファン・クルエーラ
28歳 1.102hyde 75kg 声:島田敏
トルメキア王国皇女の部下が小悪党のメタボになったらこんな感じだろう。
最終的には某ハンターにより『ポークソテーG』になったであろう。
マティウス
15歳 1.076hyde 56kg 声:田中敦子
シンボルエンカウントの敵をよけながら進んで低レベルのまま対戦すると「ちょっとマティウス」と言いたくなるぐらい、けっこう強いラスボス。
めんどくさくてもギルドダンジョンでレベル上げしましょう。
物語の設定上主人公とプロフィールが同じなのだが、弱冠15歳にして一大教団を築き上げたり、飛行船を使わずに天空城へワープしたりする程度の実力を持つなどえらい違いがある。もっとがんばれよ、ルカ。
チトセ・チャルマ
18歳 1.025hyde 47kg 声:宍戸留美
俗に言うヤンデレというやつですな。前世においてどういう役割を果たしていたのかいまいちはっきりしないが、たぶん性欲をもてあました主人公のぴーを勤めていたのだろう。
犬男
13歳 1.038hyde 50kg 声:沢城みゆき
本名は確かシアン・テネブロだった気がするけど「シアン=犬」だし気にしない。いかにも大きいお姉さんや腐ったお兄さんが好みそうな感じの犬男。後に大帝国の礎を築いた伝説の人物として崇められることになる。
アルベール・グランディオーザ
24歳 1.166hyde 72kg 声:杉田智和
聖女といっしょに襲い掛かってくるが、アンジュを片付けたら後は3人でフルぼっこすればいいだけなので、こいつ自身はあまり強いという印象がない。
アンジュとアルベールは前世でのお互いの姿と似た姿で現世に転生したので、アルベールの前世での性別はもちろん女…と思いきや実は男らしい。「こんなかわいい子が女の子のはずがない」という宇宙の大原則に従っているものと思われる。

関連項目[編集]


Tales-stub 全ては許されないかもしれません。でも、償うことはできます。あなたの中にもいるでしょう?執筆心っていう神様が。
~ テイルズオブイノセンス について、コレット (Portal:スタブ)