テクノブレイク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「テクノブレイク」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「テクノブレイク」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「テクノブレイク」の記事を執筆しています。
「高度に発達したオナホは、生身の女性と区別がつかない。」
テクノブレイク について、アーサー・C・クラーク

テクノブレイクとは、ある尖った方向への技術の発達が原因となって、人を死に至らしめる悲しい現実

概要[編集]

テクノブレイク (technobrake) は、語義的には“テクノ (techno) =テクノロジー”と“ブレイク (brake) =停止”に分解できる。テクノロジーは一般に“技術”と訳されるが、ここでは特に、性産業における技術の革新を指しているとされる。対して、ブレイクは(生命活動の)停止、つまり死をあらわしており、合わせて性的な技術によって人にをもたらす事故・事件を意味している。

この用語が使用されるようになったのは比較的古く、19世紀前半には当時のポルノ大国アメリカで使用された記録が残っている。ただし、この時代での用語の使い方は日本でいう「腹上死」に近く、性行為における“テクニック (technique)”による死亡という意味に近かったようだ。現在の意味で使用されるようになるのは、1980年代の技術研究・開発が発達していく過度期から、というのが大方の意見である。

テクノブレイクにおけるテクノロジー発達の歴史[編集]

ここでの技術は、媚薬、オナホ、バイブレーターなどといった道具や機械だけでにとどまらず、アナル開発、催眠オナニーといった方法論、熟女人妻NTRなどの道の属性の探求といった内容も含まれる。

1980年代に搾精機が登場して男性の射精を効率良くなってから、道具・機械分野は目覚しい技術革新がなされており、小型化・携帯化はもちろんのこと、家庭で簡単な材料から作れる搾精機の製造法も確立される。さらには前立腺刺激などといった方法でより男性機能を強化し、1日で搾精できる回数を増やす試みも行われた。

テクノブレイクの発生[編集]

しかし、こうしたテクノロジーの発達は、やがてそれを使用する人間の側に大きな負担をかけることが分かってきた。より効率よく、より回数を多く、という方向へ進化のイキ過ぎによって、人体の破壊が発生し始めたのである。2010年9月20日、半日ほどぶっ続けで発達した技術を享受していた男性が、体内ホルモンの大幅な変動によって死亡するという事件がインターネットの某巨大掲示板上に広がり、閲覧した者を恐怖に陥れた。これを機に、この死因を表す用語「テクノブレイク」の名は広まっていった。「俺もテクノブレイクしてみっか!2回・・3回・・・100回挑戦だ!」と意気込んだものの、大半は1度目で「ああ・・・無理だ。おわぁり。」と挫折する者が多い。女性は何度でもデキルという都市伝説はあるが、やっぱり1度目で疲れるのが普通だとか。

テクノブレイクによる急死は年々増加傾向にあり、社会問題ともなった。国会では青少年の性行為による死亡事故に対する対策委員会(テクノブレイク対策委員会)が設けられ、委員長は姫井由美子が務めた。姫井女史は、「正しいSMガイドラインを制定し、法的拘束力を持たせた指針としてイカしたい」と発言している。

関連項目[編集]

柿.jpg 下ネタ記事執筆コンテスト2010