テレホーダイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テレホーダイ」の項目を執筆しています。

テレホーダイとは、かつてインターネット接続定額料金制度がない時代、電話代がすごいことになったパソコン通信やインターネットのダイヤルアップ(普通の電話の音声通信を使って接続する方式…って、こんなこと説明しなきゃいけない時代なのか とは、ある古参ユーザの愚痴である。)ユーザを救済するためにNTTが提供してるサービスのことである。間違っても「照れ放題」と理解してはいけない。

概要[編集]

開始した当時はNTTが今より殿様度マックス状態だったため、深夜23時から翌朝8時までと言う、人を人とも思わない時間帯だけのサービスとして設定されている。しかし、ネットのヘビーユーザーはたいていの場合半分人間やめているようなものなので、たいした問題はなかったようである。

ちなみに現在も存在している。しかし、なんだかんだでフレッツISDNADSLFTTHよりもブッチギリで高額になるので、よほど虐げられている地域でもない限り選択肢にもならないだろう。

とはいえ、いずれにしても日本のインターネット文化を語る上では外すことのできないものであり、後述するような様々なものを生み出す母ともなっている。

テレホーダイが生み出した物[編集]

テレホタイム[編集]

23時から8時は現在もネットのゴールデンタイムとして認識されている。テレホーダイ(テレホ)の時間(タイム)なので、テレホタイムと呼ばれる。

ゴールデンタイム、つまり金の時間なので重い。ただひたすらに重い。しかし、ユーザが多い(そのせいでさらに重くなる)、ユーザ同士のやりとりが活発になる(やっぱりそのせいで重くなる)、アンサイクロペディアの記事数が増える(だから重く…あ、サーバが落ちた)などと言う良いこともある。

テレホマン[編集]

テレホーダイの力で変身する正義のヒーローである。力の源はテレホーダイなので、基本的には深夜23時から翌朝8時までしか変身することができない。しかし、時間外アタックと言う必殺技を使用することにより、テレホマン自身の命と高額な電話代と引き替えに活動時間を延ばすことができる。

他にも、10円と引き替えに22時59分に接続し、ふさがりがちな回線を確保するフライングアタックと言う必殺技もある。ブロードバンドやスマートフォンがなかった時代の田舎キャンパスの大学生の多い地域では、市内区域のプロバイダーでは回線獲得競争が激しく、仕方がないので対価を払って、もう少し大都市のアクセスポイントのある所に接続の対策をした者がいるとも聞く。

情熱だけはブロードバンドにも負けない勇者だが、最近はほとんどのテレホマンが引退を夢見ていると言われている。もはや、無線なのにもっと速度が優秀な回線があるのだし。

テレホーダイの今後[編集]

「そんなものはありません」
テレホーダイの今後 について、kusakabeさん


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
テレホーダイの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)