テンプレート:秀逸な記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)は、百人一首の主な種類であるものなりけり

奈良時代 平安時代 鎌倉時代 テレビゲームも 無きにするらん

貴族らは 娯楽が無くて 退屈し 気晴らしでを 詠みにけるなり

インターの ネット投票(百人一首 - a hundred people's songs -) 百首の歌 集めてつくりは 小倉百人一首(字余り)

  1. 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ(天智天皇)
    (今日は秋田県秋田市の刈穂家にお邪魔しましたが、水酸化ナトリウムが手について大変でした。)
  2. 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の衣ほすてふ 天の香具山(持統天皇)
    (香具山におけるシロタへの衣の重さをx、からに移行する時間をt、次元をDとおくと、
    となるのだなあ。)