ディアルガ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ディアルガとは、時空の塔の自宅警備員である。

概要[編集]

ディアルガ版はかいこうせん。

このポケモンのすることはもはや現実を超えている。最大の特徴として、「ときのほうこう」という技を使って音ではない方法でダメージを与えることが挙げられる。音ではないのに咆哮とついており各地のトレーナーは混乱している模様。

生態[編集]

テンガン山のやりのはしらに生息している。基本的に自分の心臓の動きを時間を動かすエネルギーにしている。ということはこいつが死ぬと時間が動かなくなり世界の破滅につながるので本来なら保護されるべき存在だが、アカギという世界破壊未遂者によって住処を追われた。このためディアルガは八つ当たりを始めたが、このときの映像が後に映画化されたようだ。この時にはパルキアとの抗争があり、サトシが「パルキアのバッカヤロー!」と言ったのは有名であるが、これはディアルガがパルキアに勝ったためであるという。力は正義という言葉はこの事件によって証明されたという功績もある。


後に安息の地を見つけ、時限の塔に定住する。しかしここでも事件は起きた。それは、謎のポケモンによってときの歯車が盗まれたのであった。だがそんなことどうでもいいと思ったのか、ディアルガはそんなこと誰も気にしないと言わんばかりに高を括っていたが、それが原因で自暴自棄に陥り暴走してしまった。まさに自業自得としか言いようがない。

能力[編集]

このポケモンはどうやらタイムワープの能力も所持しており、ある記録ではサトシ達を過去の世界へスパイとして送り込んだという。送り込まれた先は後に有名な神となるアルセウス殺害未遂事件であった。

別の記録では、闇化した直後に自分のオナペット(?)なるもの(後のヨノワール)を作り上げたが、造られた側からしてはそんなものになる気などなく、勝手に時間を超えて逃走した。ここで、全てに嫌悪感を抱いたのか、本の気まぐれでポケモンを粛清されましたとしようとしたが、失敗に終わり、やけくそにヒカリを連れ帰るように命令した。まさにロリコンである。あれ?これはどこかで見たような……

最近ではあのスマブラに出演しており、数々のキャラを撃破して来た。だからといってこのポケモンが疫病神かというとそうでもなく、時限の塔では暴走していたところをヒカリやサトシになどとどめを刺されたが何故か復活していたと言う一面も見せるポケモンでもある。

また、近頃セレビィと言う先輩の活躍の方が目立って来ていることにも悩まされている。そのポケモン共々最近では火力インフレの波と特殊火力の低下により最終兵器としては価値が低下してしまっているが、それでも時空の神の面目は守られている。

目撃された場所[編集]

パルキアとの関係[編集]

相方のような存在だが、このポケモンの方が扱いはよく、パルキア本人は永遠の2番手のような扱いをされていることもあり仲は悪い。このため、パルキアは近々反乱の計画を立てているようだ。どのようにするって?ディアルガは鋼ドラゴン複合でパルキアは水ドラゴン複合だからどうあがいてもディアルガの方が有利だから反乱出来nって誰だお前やめrくぁwせdrftgyふじこlp

関連項目[編集]

ポケモンWikiへようこそ♪
ポケットモンスター依存症患者のため、ポケモンWiki廃人たちが孵化作業の片手間に「ディアルガ」の項目を執筆してくれています。
こんな感じに捕まえてください。
WANTED ディアルガ

この「ディアルガ」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)