ディレイラマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
空中浮遊.jpg
この項目には、宗教に関係する記述が含まれています。
あなたはこの項目へ自由にリンクを張ることができますが、「宗教関係はお断り」としてあなたのサイトがリンクを外されるかもしれないことは覚悟してください。

ディレイラマ (delay lama) は、多分涅槃か修羅の世界辺りからやってきたんじゃないのと思われる、地球で布教活動を行っているドキッ!坊主だらけの坊歌ロイドである。矢部野彦麿のバックダンサーを務めている坊主ダンサーズ達とは犬猿の仲で、どちらが先に悟りの境地にたどり着けるか競い合っている。

来歴[編集]

元々は寺院で瞑想にいそしむ普通の僧侶であったが、煩悩の塊であったがために破門されて破戒僧となった身である。地球のインターネット上で人気を博したアニソン電波ソングなどを念仏によるカバーばかり行っているためパクリ坊主などと酷評される事もあるが、その美しい歌声と微妙に煩悩を捨てきれてなさそうな哀愁漂う表情が大衆の笑いのツボを刺激し、多くの人々の腹筋を崩壊させている。基本的に僧侶3人で構成されるが、たまに仲間の僧侶を呼んだり、タコつながりで火星人がメンバーに加入したりする事もある。悟りを開いたら母星に帰りますと公言しているが、なかなか悟りを開けないようである。

構成メンバー[編集]

メ・イン
読んで字の如く、メインボーカル。凄まじい肺活量を持ち、3時間近くぶっ通しで歌う事も。
ハモ・リー
メ・インの双子の弟で、マリオに対するルイージのような存在である。兄の歌に合わせて微妙に音程をずらして鮮やかな念仏の二重奏を奏でる縁の下の力持ち。
ヒ・ダリ
びっくりするほどマイペースな異端児。実は病弱で他の二人のように長い間歌う事が出来ないのではないかとも言われているが、たまに狂ったようにハイテンションでシャウトすることがあり、単純に普段はサボっているだけである。本人曰く、他の二人に比べてあまり歌わないのは「能ある鷹は爪を隠す」からだとか。名前の通り一番左を自分の絶対的ポジションとしている。
テイ・ウォン
たまに入ったり抜けたりする四人目のメンバー。「僧侶界のジャイアン」と呼ばれる低音ボイスの持ち主。無論ジャイアンと違って美声である。妻子持ちで、声が低すぎるため子供を怖さのあまり泣かせてしまうこともあり、それを悩みの種に思っている。
コウ・ウォン
たまに入ったり抜けたりする五人目のメンバー。「僧侶界のクロちゃん」と呼ばれる高音ボイスの持ち主。もちろん美声である。声を聞いただけだと、女性と間違われることもしばしばで、それを悩みの種に思っている。テイ・ウォンと仲がいい。
無名僧侶達
仲間の僧侶。たまに駆けつけてきて10人ぐらいで大合唱を行うことも。実は彼らは元はディレイラマの一ファンであったが、ディレイラマにのめり込むがあまり真理に到達してしまい、出家して彼らの後を追ってしまったかわいそうな人達である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Hatsune-miku.jpg この「ディレイラマ」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)