トミカパーキング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「トミカパーキング」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「わーい!トミカパーキングだ!サンタさん、ありがとう!」
トミカパーキング について、クリスマスに無事手に入れた子供

トミカパーキングとは、男の子が欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて堪らないが、ほとんど得ることが出来ないもの。ロマン。 

概要[編集]

夏休みも終わって学校が始まってもしばらくは中だるみが続く。そこで親は「勉強がんばったらクリスマスサンタさんトミカパーキング持ってきてくれるよ。」とやる気を促す。しかし、いざクリスマスになって枕元に置かれているのはばったもんミニカーだったり、意味不明な絵本だったり、2~3日前に近くの靴屋で特売していた長靴(あ、売れたんだと思ったら自分に回ってきた)だったり、はたまたなぜかちくわだったりする。

がっかりした様子の子供に対し、親は「今年は残念だったね、もうちょっとがんばろうねー。」と慰めるが、"がんばった"基準が明確でないのと、サンタさん本人との面会は決して許されないことから、子どもが余計に頑張らなくなってしまう原因にもなっている[不要出典]

しかし、幸運にもガソリンスタンドをゲットする子供や、極々まれながら見事トミカパーキングをゲットした例も報告されており、その場合、その子供の家はしばらくはたまり場と化す。

構造[編集]

トミカパーキングは数十年前発売されてから幾度と改良されてきたが、全てのモデルに共通するもの、それは駐車スペースである。それもただの駐車スペースではない。発売当初のシンプルな手動の車用エレベーター付き駐車場から、現在では電動の自動駐車システムや、何よりディスプレイ機能が素晴らしい。なんと、車を乗せた円盤がグルグル回り、トミカの美しい角度をいくつも見ることができる。そして電動モードを解除し、操作ハンドルを回しギアの噛み合いや、トミカの動きをゆっくり味わいながら駐車することができる。なんとも童心男心をくすぐる構造となっている。


現状[編集]

トミカは昔から男の子のおもちゃマイカーとして庶民子どもから大富豪の子どもまで幅広く愛され、購入されている。しかしながら、トミカパーキングは、一部のよく頑張る子どもや富裕層の子どもしか持っておらず、所有率は小型のものでも全トミカ所持者のうち4割程度、大型のものだと1割程度だとも言われるほど所有者が少ない。しかし、トミカの駐車スペースが無く、バケツなどに雑に駐車していると、バンパーなどにすぐ傷がつき、何より使いたい車をすぐ出すことができなくなる。そのため、小型のものでもトミカパーキングを用意すべきである。



トミカパーキングを所有していないトミカ所有者は遅くとも次のクリスマス明けには用意するべきである。そのためにはこんなサイト見てないでいっぱい頑張ってお母さんに猫なで声で

お母さん、トミカパーキング買って

とお願いするべきだ。

実践例
お母さん、トミカパーキング買って!
えぇ?もぉー。勉強頑張ったらサンタさんが持ってきてくれるよ。
やったー!よーし、頑張るぞ!
(トミカパーキング?めっちゃ高いじゃない。しょうがない、ちくわでもあげとくか。)

関連項目[編集]