トム・デマルコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トム・デマルコ」の項目を執筆しています。

トム・デマルコとはアメリカの格闘家。彼の格闘理論にファンは多く、その著書はいずれもベストセラーであるが、なぜか実践するものが少ない。

著作[編集]

ピープルウエア
1対多の戦闘に関する理論書。取り囲まれたら不利であるとする従来の理論に対して、逆に敵の懐に飛び込み乱戦に持ち込むべしとしている。その理想形である、相手の体を別の相手の盾とし、相手の攻撃をそらして別の相手への攻撃とする状態を、攻防のさいに取りうる選択がスーパーマーケットに並ぶ商品のように多数あることから取り囲む人々(people)の攻防商品(ware)と表現し、それを略してピープルウエアと名づけて表題としている。
デッドライン
デマルコの自伝的小説。若き日のデマルコ自身をモデルとしたトムキンスという男が旧ソ連のモロビア共和国に潜入し、幾多の強敵と渡り合い死線を潜り抜けていくという内容。作中でトムキンスが書き記すメモはデマルコの格闘理論を端的にまとめたものとしてよく引用される。
ゆとりの法則
試合に臨む際の心構えに関する理論書。試合に対して100%の力を出そうとする選手、出すように指導するコーチに対して、それでは予想外の反撃にあったとき対応できないとし、それよりも常に余力を残してあらゆる状況に対処すべしとしている。
凶暴なクマと格闘中のデマルコ。一見追い込まれているように見えるが、この後捨て身の投げを打ち逆転勝利した。
熊とワルツを
いざ敵と対峙した際の心構えに関する理論書。どのような敵であっても、想定外の一撃を受けその結果重大な後遺症が残るリスクが存在することを常に意識すること、だからといってそのリスクから逃げては勝利はつかめないこと、それゆえそのリスクを楽しみ冷静に立ち向かうことを説く。その結果、表題のとおり凶暴なクマと遭遇してもワルツを踊るかのように軽やかに行動でき、ついには勝利することも可能であるとしている。

外部リンク[編集]

Amazon-トム・デマルコ著書


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
トム・デマルコの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)