トヨタ・カリーナED

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
桑島法子がナレーションしてるだろ!!この車」
トヨタ・カリーナED について、一般市民
桑島法子はナレーションしてません。この車」
トヨタ・カリーナED について、トヨタの人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・カリーナED」の項目を執筆しています。

カリーナEDカリーナエンディング)とは、名古屋を牛耳る大企業がかつて製造していたセダンのエンティングを思わせる乗用車である。車としてのEDExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ)の略したものとされているが実際は言うまでも無くEnDing(エンディング)の略である。

概要[編集]

初代モデルは1985年登場。確かセリカのプラットフォームを流用して作った世紀末セダンである。カリーナの終わりを連想させる、低けりゃいいと言わんばかりの屋根の低さで売った一時期のホンダ車みたいな車である。セダンの癖に後席居住性には難があり、車名の通りセダンの終焉を感じさせるものだった。さらにそのただ背が低いだけのスタイリングはこの背の低さは欠点ではない、むしろステータスだと言わんばかりにトヨタの検閲により削除力で売りまくり、勃起不全Erectile Dysfunction)を患ったり、人生のエンティングを検閲により削除る層から幅広い絶大な人気を博し本当にセダンの終焉を思わせた。1990年代以降、ユーザーがこんなセダンなんてセダンじゃねぇよと言ったので1998年にエンディングを迎えた。

歴史[編集]

初代(1985-89年)[編集]

ED
  • 1985年8月 世紀末のにおい漂う1980年代も半ば、バブル経済真っ只中のトヨタはカリーナの最終回として「ED」の名をつけたカリーナEDを販売した。後部座席の移住性を無視してまでおさえた車高と、セリカの車台というまさかの流用を行い、トヨタ初のなんか足りなくてとってもカッコイイセダンとし、葬式にも引け目なく乗っていけるカッコづけ車として話題となりバカ売れした。

ナット・キング・コールの名曲「STARDUST」をやかましく流し海外ロケで夜の噴水の前を走るCMを放送し、キャッチコピーを「4ドア新気流」とし、カリーナのエンディング仕立ての宣伝法は印象的だった。

その売れ方からファイナルファンタジー同様カリーナ「ED」ではなくカリーナ「OP(オープニング)」とまで言われたがその後はぱっとしなかった。ファイナルファンタジーとは関係ないが、駆動方式はFFである。

  • カリーナEDのおもちゃは自社商品を終わらせたくない一身でこの初代モデルだけ、タミヤプラモデルとして出ただけである。(しかもオートビスタのエアロ仕様)
その後噂ではタミヤのプラモがその後エンディングを迎えそうになるとされているがこれとの関連性は不明。

2代目(1989-1993年)[編集]

二代目ED
  • 1989年 初のフルモデルチェンジ。カリーナ「ED」なのにまだ続いている。この代より顔つきやテールランプ周りを変えただけの「コロナEXiV」をトヨペット店に投入し物好きを狙った。
  • 1991年 マイナーチェンジ。日産・プレセアの脅威に耐えるためデザインの一部変更が施され、さらにセダンのエンディングが聞こえる仕様になった。

キャッチコピーは「美しいイニシャルD、新ED」「眩しいくらいエン・ディング」である。もう終わっているのは言うまでもない。

さらに刑事貴族シリーズに覆面パトカーとして登場しており微妙な高級感をかましていたのも終わっている証拠である。

レースゲームでは某物好きなクルマのゲームにいろんなものが終わっているスポーツグレードが登場している。

3代目(1993-1998年)[編集]

最終型
  • 1993年10月 最後のモデルチェンジ。エンディングが近づき、時代の流れに沿って3ナンバー化し最後を飾るためにデザインもより洗練され人気となったが、車体の大型化と価格を抑えられずエンディングを迎えた。
  • 1994年5月 姉妹車セリカのフラッグシップモデル・GT-Fourの駆動系をかなり無理矢理に流用した4WDモデルが登場した。5速MTと4速ATがそれぞれ設定されたがおそらくものすごい走りであると思われるので注意を要する。トヨタとしては「人生のエンディングを検閲により削除車」を作りたかったそうである。
  • 1995年9月 マイナーチェンジ。フロントバンパーとグリル・テールレンズを変更した。車名の終わった感じ(カリーナが無い)はそのままにグレード名の変更を実施。今ではあって当たり前の運転席エアバッグの標準化も実施。コストダウンにおける装備品と内装の素材の見直しが行われ、エンディングがさらに貧相になった。
  • 1998年4月 生産終了。13年の歴史もうエンディングだ。世紀末に間に合わなかったが気にするなもうEDだよ。生産中止した理由の一つには勃起障害の略語が「ED」だったとされている。

評価と他車への影響[編集]

初代カリーナEDが登場した当時、その強烈なエンディングからEDに対する自動車評論家の評価は厳しく、「4ドア車であるにもかかわらず、後席にいると悲しくなるのはどういうことだ」と散々言われた。しかしトヨタは「セダンのエンティングです」と答え、当時の自動車評論家は「トヨタはセダンはもう売れないと思っている」と解釈したそうである。しかしこの強烈なエンディングを自分達でも見ようとして人生のエンティングを迎えそうな層からものすごい人気を集め、レイアースの鍛冶屋レイアースのお姫様某有名ゲームなどのパクリ車種を生み出す現象を作り上げた。またトヨタも、これが買えない貧乏人のためにカローラセレス/スプリンターマリノというよく分からないへんてこりんな車を登場させた。


エンディングの内容[編集]

これもエンディングの一つ

カリーナEDのエンディングはかなり強烈なものである。それもかなりの種類があることで知られている。「日産自動車のセダンのラインアップが次々と消えていく」という日産セダン消滅(カリーナ)EDや「トヨタ・カリーナが消えてしまう」というカリーナカタログ落ちED、「ミニバンが売れに売れまくる」ミニバンバカ売れ(カリーナ)EDなどが有名だが他にも

  • グランツーリスモシリーズではカリーナEDでレースの一等賞を取るというカリーナメッチャ速いEDがある。
  • テイルズオブシンフォニアではライバル車種の「プレセアED」がある。また、カリーナEDも出そうと思えばあるとされている。
  • サモンナイトシリーズではEDがあんだけあるんだからカリーナEDもあるとされている。
  • コロナも終わっちゃったけどあれもカリーナEDのエンティングだといわれている。
  • マークⅡも終わっちゃったけどあれもカリーナEDのエンティングだといわれている。
  • プラットフォームを流用するスポーツカーもどぎ、セリカも終わっちゃったけどあれもカリーナEDのエンティングだといわれている。
  • 某有名アニメの最後もカリーナEDだった。

などがある。その他とにかく印象的なエンティングはカリーナEDのエンティングであるからそう思って今日は早く寝よう。自宅警備員NEETひきこもりの諸君は関連項目を辿ったりしないで早く寝ろ。今日はもうエンディングだ。

CM[編集]

まぁかなり終わっている。だってカリーナ「ED」でしょ?その名の通り、CMは番組が終わってからでしか放送していなかった。だってカリーナ「ED」だもん。エンティングに流さなきゃ。

関連項目[編集]

4370 large.jpg この「トヨタ・カリーナED」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)