トヨタ・ガイア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・ガイア」の項目を執筆しています。

ガイア(Gaia)とは、トヨタ自動車がかつて開発していたミニバン自動車である。

ちなみに、日経スペシャル ガイアの夜明けのガイアはこれをヒントにして付けられた。オデッセイを狙って作られたガイアとプロジェクトXを狙ったそれがちょうどよくマッチしている。しなくていいよそんなとこ。

概要[編集]

コロナワールドのプラットフォームを流用して作られたミニバンイプサムを豪華にしたような車。通称・官能ガイア。でも全然官能的でもないし、イプサムよりは豪華だがイプサムと比較しないとそんなに豪華でもない。ハッキリ言って最後部座席の屋根が少し大きくなっただけである。少なくとも赤いガイアは「シャア専用赤いガイアガンダム」とネタにはなる。でも赤いガイアなんていないけどね。

そのほかの車としてのことは非常にどうでもいい。でも白っぽいガイアは超かっこいいよ。白いガイアは決まっているのになぜか銀色のガイアは格好悪い。でも結構銀色のガイアも見る。

ちなみに、結構ぼろいので中古車はメチャクチャ安い。だからと言ってライバルにされていたオットセイと違ってドレスアップ車のベースに使われているガイアはあまりいない。え?本当かって?トヨタのお膝元で見ないんだから他の地方でも見ないんだよ。見ないものは見ない。

歴史[編集]

1998年5月、イプサムとの2人がかりでオデッセイを潰すため、発売を開始。結果的には無駄な事で、潰せるわけがなかったという事実はこの時点で言ってはいけない。絶対に言うな。

2001年4月、イプサムとの2人がかりでオデッセイを潰すためにマイナーチェンジが施されなんか色々変わった。具体的にはエンジンもガソリン車だけ変更され、魔改造が加わったそのエンジンは100馬力は軽く越す馬力を誇って話題となった。後は忘れた。

2001年5月 ナディアとの2人がかりでオデッセイを潰すため姉妹車のイプサムはモデルチェンジされたが、ガイアはシカトされた。なんでだよ!!モデルチェンジしてよ!!書くことないんだよこの車!!

2002年 オデッセイを潰すためになんかしたけど忘れた。別にどうでもいいところが変わったんだわ。本当にどうでもいいからいいや。見たかったらウィキペディアで見ろや。あ、ポケモンがアドバンスジェネレーションになったわ。ハルカ可愛いよね。巨乳最高!

2004年9月頃、ガイア日経スペシャルとガイア魔界戦記以外の全グレードの生産終了。残った日経スペシャルと魔界戦記もいずれ製造中止の模様。

後継車[編集]

ガイアの生産終了と共に登場したサクラ大戦のロリータは後継車とされているが、トヨタはこれを完全否定。「新規開発した車両です」と言い張っている。ちなみに、これと同じ事をヴィッツでもやっているのは秘密である。絶対ヴィッツはスターレットの後継だってと言われているがトヨタは否定している。本題に戻そう。アイシスもガイアの後継だって、認めろよトヨタ。

CM[編集]

  • TV-CMでは、相手にならない競合車種であるホンダ・オデッセイの『アダムス・ファミリー』に対抗してギリシャ神話ファミリーを使って宣伝。涼宮ハルヒの憂鬱の人気を見て便乗して作ったらき☆すた灼眼のシャナひぐらしのなく頃にみたいでウザかった。もっとも、こっちの方が商売的には数倍マシではある。
  • 官能ガイアというキャッチコピーはなんとなくつけた。なんかつけないと売れないもん。でも現実問題売れてないけどね。うるせぇ!!
  • パパはいらないわ」というセリフが大当たりの家庭がたくさん存在していて全国のパパから物議を醸した。なぜこういうのにしたかと言うと結構簡単で、三菱・シャリオのCMコピーである「とうちゃんカッコイイ!」や日産・リバティのCMコピーである「パパママリバティ」がトヨタにとってウザかったのでトヨタ好みに変えただけである。パパを大事にしろ、いつも仕事で大変なんだよと言う声があったようだが、トヨタがもみ消しまくったので黒歴史となっている。
    • トヨタ曰く「恐妻家という設定でパパを虐げているわけではありません」。
    • ちなみに、そのトヨタ自身が別のミニバンを売るときに「カッコイイオヤジになろうぜ」「父になろう」と言っていたのは秘密である。パパ要るのか要らないのかどっちなんだよと言う声があったが、やはりトヨタがもみ消しまくったので黒歴史となっている。
    • ちなみに、トヨタのはダイハツである。
    • ちなみに、ガイアのはイプサムかナディアである。どっちだろうね。

グレードというかコラボレーション[編集]

面倒くさいから車としてのグレードも書こうと思う。普通のグレードは正直どうでもいいけど。

  • なんたらリミデット
あったよね、そんなのが。なんたらがなんだったかは忘れた。でも車ってなんでもリミデットがあるよね。ガイアのありがたみが無いグレードである。どうでもいい存在。
うさんくさいコピーを連呼する長いコマーシャル。オープニングは民族音楽らしい。ちなみに、コピーの胡散臭さはプロジェクトX並だった。なのに今でも売っているから凄い。販売は、ガイアなのでいまいち
よく分からんがガイアのガンダム。日経スペシャルを除けばこの中で一番人気。しかし、イプサムガンダムやナディアガンダムは無い。ガイアで唯一プラモデル化されている(ガンプラブランドで発売)。ちなみに、私はガンダムなんて知りません。
ウルトラマンのガンダム。ガンダム同様、大人気。日本で作った設定になっているが、トヨタが作ったんです。つまりウルトラマンガイアは車だったと。でも私はウルトラマンなんて知りませんから本当かどうかは聞かないで。
サモンナイトの二番煎じ。販売はテイルズに似ている。史上最凶のやり込みミニバンを目指した。イプサムとナディアの同グレードはガイアではないので検閲により削除と呼ばれている。
廃人ゲーメイプルストーリーよりマイナー。私はオンラインはやりません。売れているかどうかは検閲により削除

関連項目[編集]

4370 large.jpg この「トヨタ・ガイア」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)