トヨタ・ハイラックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・ハイラックス」の項目を執筆しています。
ハイラックス・テクニカル仕様

トヨタ・ハイラックス(とよた・はいらっくす)とは、トヨタ自動車およびその子会社である日野自動車が開発・生産・販売している軍用装輪車両である。 数々の実戦で活躍し武人の蛮用に耐える信頼性に優れた兵器としてアメリカ軍特殊部隊からタリバンまで世界中のユーザーから愛用されている。 しかし、日本には武器輸出三原則があり、それを回避するため、表向きはピックアップトラックに偽装して販売されている。 現在では日本国内での生産・販売は終了したが、タイ王国、アルゼンチン共和国、南アフリカ共和国、マレーシア、パキスタン・イスラム共和国、ベネズエラ・ボリバル共和国など世界各地で生産されている。

概要[編集]

凄まじい耐久性能と信頼性を誇り、機関銃や対空砲、ロケット砲、戦車砲、無反動砲、対戦車ミサイル、地対空ミサイル、空対地ロケットランチャーなどを搭載し、偵察や兵員輸送から対戦車戦闘までこなす万能軍用車両として、極寒の極地から灼熱の砂漠まで100を超える国や地域で運用されている。 世界各地の実戦で数えきれないほどの実績を残し「走るAK-47」と呼ばれる純然たる兵器であるが、武器輸出三原則の回避のため販売時までは武装されていない。 その代わり、荷台にあらかじめ空けられた三箇所のハードポイントに、ユーザーが武装を自由にカスタマイズして取り付ける仕様になっている。 (武装の取り付けは素人でも可能である) また、セキュリコなどのチューナーによって、防弾化や装甲化、さらにはMRAP(装甲化や対爆化、対地雷化)改造まで施したハイラックスも販売されている。

チャド内戦に社会主義人民リビア・アラブ国(以下「リビア」と記す)が本格介入して勃発した第一次トヨタ戦争(1986年~1987年)では、ハイラックスがリビア軍のソ連製戦車部隊を完膚無きまでに叩きのめし、長らくチャドの内戦に介入してきたリビアをチャド国内から追い出す働きをした。 その後、社会主義人民リビア・アラブ国政府軍も教訓を取り入れハイラックスを正式な軍事車両として採用し、2011年のリビア内戦(第二次トヨタ戦争)では、リビア政府軍(当時)および反政府軍(当時)、さらには介入を行ったチャド軍と、陸上戦を行った全ての勢力において主力戦闘車両として活躍した。

史上最強の軍隊アメリカ軍も、過酷な環境で作戦を行う精鋭の特殊部隊においては、自国製の装輪軍用車HMMWVでは無く、ハイラックスの拡大型であるTACOMAをMRAP改造して使用している。

British Battle Cars(BBC)による耐久性テストと派生型車両の生産[編集]

BBCはハイラックスに対して、海没させて数時間放置し、キャラバントレーラーを上空から落下させ、鉄球をぶつけ、火炎瓶攻撃に見立てた放火を行い、対テロ戦争を想定した240フィート(およそ73m)のビルの屋上に据えた後そのビルを爆破解体するという、過酷な耐久性テストを行ったが、それをパスした。 その結果を受けBBCはホンダ製の船外機を搭載した水陸両用型のトイボタ・ハイラックスや、北極や噴火中の火山での運用が可能な極地戦仕様ハイラックスの生産も行った。

近年のハイラックスの評価[編集]

BBCの評論家ジェレミー・クラークソンは、近年のハイラックスは電子装備の過剰な使用や過度のコストダウンによって、過去のモデルに比べて耐久性に劣っていると指摘している。 また、水陸両用に改造したハイラックスを海に沈めて壊したこともある。 さらに、主要ユーザーであるタリバンからは、パキスタン製の新車のハイラックスが、カナダより供出された中古の日本製や北米製のハイラックスより品質面で劣るとの報告もある。

関連項目[編集]

4370 large.jpg この「トヨタ・ハイラックス」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)