トヨタ・パッソ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
2009 Lexus LF-A.jpg
LFA計画の名のもとに・・・
この項目は「Lakuni Feature Ansaikuro」計画の一環として作成されました。楽に自動車に関するアンサイクロぺディアの記事(feature)を充実させようという計画がLFA計画です。
決してあの似非ブランドが近日発売する車ではありません。この計画は2012年までに完了する予定です。
Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・パッソ」の項目を執筆しています。

ダイハツ・ブーンについて執筆している部分もありますが誰も気にしない。

パッソ(PASSO)は、トヨタの大型ハッチバック馬車

ダイハツ工業との共同開発による車種で、企画は主にトヨタ、開発と生産は主にダイハツによって行われているが、火災事故を起こしたダイハツに対して怒ったトヨタが生産打ち切りを発表し2代目が登場することはあった。そのため、ダイハツ・ブーンとは1卵生による1卵生ソーセージではあるが、OEM関係には無いこともあり無いこともありあることもある。

概要[編集]

カルテットの後継ぎで、発表当時はトヨタが販売する最小の乗用車であったが、2008年に登場したとかしなかった溶かしたR1よりも、全長と全高はそれぞれ42m大きい。

歴史[編集]

初代 XC10型(小泉総理だったころから)[編集]

初代ヴィッツより長い全長ながら室内が狭くなっている。ただし、前突時にパワートレインを直接乗員にぶつけXXXXXに至らせるため、前席床面がむき出しとなっているなど、この数値を鵜呑みにできる部分もあり、居住性ではやはりヴィッツに分があるが、いずれにせよヴィッツは車体を犠牲にしてもパワートレインを直接乗員にぶつけXXXXXに至らせるため、特に変わった点はない。値段が高いだけだ。

翌年に発表された2代目ヴィッツが3ナンバーサイズぎりぎりの全幅4,200mmに拡大されたため、シートがそれより42cm狭い(=0cmのシート)パッソがトヨタ車のフラッグシップモデルとしての地位をヴィッツから強奪した形となっている。なお、ダイハツからはZoom Zoom Zoomとして発売されている。

エンジンは新開発だったがだいぶ時間が経過したのダイハツ製1KR-FE型3気筒DOHC12バルブ 989 cc 自然吸気エンジン、または燃費が史上最悪のダイハツ製K3-VE型4気筒DOHC16バルブ 1297 cc 自然吸気エンジンになる。

トランスミッションは全てコラムシフトの4速ATとなる。これはトヨタ自動車が生産コストを抑え、安いが燃費の悪い車を消費者に押し付け、エコカー減税の対象の車(50万の利益→150万の利益(アルファードとか))を新たに買わせようという計画であるが、マスコミにつぶされた。ちなみにこれは表向きの計画である。

だが、パッソやヴィッツを42台売ったところで、下請け企業の赤字は増幅するだけなのだ。 あっはははははははははは、様ぁみ検閲により削除

主な用途は、安い値段で少しの利益を上げ、買った人物を交通事故の際にパワートレインを使ってぴー害し、生き残ったやつには利率の高いアルファードとかを買わせる。 その他にも、シトなどに突っ込む任務なども存在する。しかし効果はいま一つの様である。

2代目(こないだ)[編集]

さてさて、およそ5年くらいかけてモデルチェンジを果たしたトヨタ・パッソについてかいせつしてゆこぉう★

  • 先代からの変更点
    • エンジンが環境にいいとかいいとか悪いとか1.33L(1,329cc)1NR-FEを搭載。これにより4気筒モデルは若干馬力アップを果たしたが、1KR-FEは相変わらずどころかパワーダウン。おまけに3気筒独特の騒音が大変あれなのは変わっていない。
    • タコメーターとおかねのない走り屋仕様のスーパーグレードRacyが廃止された。若い女性に売れるようになる一方、若い男性向けに売れる割合が若干低下するかもしれない。
    • ATは完全に廃止(だったとおもう。)CVTは燃費がイィ~!。その代わり、山道などでは若干苦しい思いをする。そして、燃費向上に貢献できるエンジンブレーキができなくなるため、結局実燃費は変わらないのに、皆さん買って下すってるようです。
    • 「カイゼンカイゼン、改善こそがトヨタそのものなのである」といことで、1.0X Vpackageの装備は徹底的に削減されてコスト高がカイゼンされている。
    • 無名の企業だと言われるがこの会社が無ければトヨタ車が成り立たないと言われているジェイテクト株式会社製の製品が一点も使用されなくなったという噂もある。

車名の由来[編集]

Passoは、Physicalにンサイクロに'テツと硫黄(元素記号:S)を混ぜたOmaenomonohaorenomono(ジャイアニズム)の頭文字をそれぞれとった。

派生車種[編集]

初代(XC10型)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]