トヨタ・86

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「トヨタ・86」は何故か「トヨタ・FT-86」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・86」の項目を執筆しています。

トヨタ・86(とよた・はちろく)とは、1980年代から世界と日本群馬県の山道を沸騰させたトヨタ・AE86をリスペクトしておきながら、ボディサイズとエンジンサイズが最終的にセリカをリスペクトしてしまった車である。生産と開発は中島飛行機に丸投げし、監修とデザインだけ自社で手掛けたクルマである。

エクステリア[編集]

エクステリアデザイン

見るからにツルペタなつるつるで波打つデザインを採用しており、最近の車にしてはフロントデザインが何だか奇抜である。ボディカラーは大日本帝國海軍標準色・大日本帝國陸軍標準色を採用せず、赤と紺と黒と灰と橙と航空自衛隊標準色と中国人民解放海軍標準色を採用している。

また、クルマの感覚をつかみやすいように四隅にふっくらとマークIIのフェンダーについてたウィンカーみたいな盛り上がりを付けてみたが、それがクルマの感覚をつかみやすくするためとは多くの人は気づいていない。

また、結局優勝できなかったF1で培った技術を生かし、いろんなところに突起物を設置して空力性能を高めてみたが、やはり多くの人は気づいていない。なお、この突起によってステルス性能(別名:ツルペタ性能)が悪化する。

また、最近流行のLEDをつけてみたが、結局のところ上級グレードにしかついていないので、GとRAしか買うことのできないわれわれ庶民はヤフオクなどの裏ルートを通じて安価に手に入れていることに社内の多くの人は気づいていない

また、リアデザインは背が低すぎて何だか詰まり過ぎた感じになっているが、輸出しようでは「FR-S」だとか「TOYOTA」とか「」などのエンブレムがついていてさらにごたごたになってしまう。

また、一部報道機関ではテールランプなどに水などが入る不具合があるとかないとか。

また、自称世界最高のエコカーから頂戴した世界最高のエコタイヤを流用しているがこれはタイヤで車が変わるような車にしたくないというCEの意思である。が、そんなことDQN多くは気づいていない

なお、注連縄は標準装備していない。

インテリア[編集]

最近の車に似つかわしくないぐらいに大量の計器が並び、先進的な棒切れ一本のみで上昇・下降・射撃がほぼすべて可能である。座席は最近の車に似つかわしくなく一人乗りのみである。

シートはレッドタイプとブラックタイプの両方をボーショクさんに頼んで作ってもらっているが、スバルさんには全く供給する気が無い。

また、最近流行のリモコンキーが壊れたらクルマも動かなくなりそうなリモートスタートスイッチはトヨタの規格外の位置に設置されているらしいが、そんなこと多くの人は気づかないし、意外としっくりはまっているが、エアコンスイッチ下の収納スペースが圧迫されてフリスクしか入ら無さそうである。

また、あの事件の教訓から純正フロアマットを標準装備したが、そんなこと多くの人は気づかないため、別の自分なりにカッチョイイフロアマットを装備している人も多い。

エンジン[編集]

スバリストの反感を買うと思ったのかEJ20は搭載しなかったというのは酒の上でのヨタ話である。

実際には、「2.5じゃねえとてめーらの要求は見たせねーよカース」と開発を任せた中島の皆様に言われてしまったトヨタの中の人たちが「2.0Lをこえたらハチロクじゃない」と駄々をこねたのでトヨタの技術を活かしてエンジンを新たにこしらえてみたが、早速レガシィに流用された。

グレード[編集]

AからFぐらいまでありDあたりはエクステリアデザインがだいぶ異なる。たまにセイバードッグとも呼ばれる。

関連項目[編集]