トヨタ・FT-86

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
TNT.jpg
この記事は爆発する危険があります!
取扱の際は十分に注意し、かつ慎重に行って下さい。さもないと、あなたと、そのまわりにいる人達がみんな木っ端微塵ですよ。
注意:アンサイクロペディアへの危険物の持ち込みは固くお断りしています。もし不審な物を見つけたら触らずに、管理人にお知らせ下さい。
TNT.jpg
Bouncypotato.gif
この記事「トヨタ・FT-86」は何故か「トヨタ・86」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・FT-86」の項目を執筆しています。

FT-86(えふてぃぃはちろく)は、有名な厨房を沸かせた車「レビン」と「トレノ」をリスペクトしたと思わせておきながら、実はセリカリスペクトしていた自動車である。FT-86はFujiwara-Tohfuten(藤原豆腐店)の86という意味である。

概要[編集]

2010年までに分かっていたこと[編集]

この車は、東京モーターショーで初公開されたという噂だが、実はメディア向けに東京都内か大豊田連邦内にてメディア向けの初公開がおこなわれていたというのが表向きの事情である。若干デザインが似ているという点では、FT-HSSLRとよく似ている。 そんな、FT-86だが、富士重工業製の新型車「アルシオーネ」のコピー車であるということが分かっている。それはジャイアニズムという思想がこの国に根付いているからではないかと考えられる。

大日本帝國が世界に誇る航空機メーカーである中島航空機に設計をやらせてあげたらこうなった。 2011年の東京モーターショーにて

日本でかつて一世を風靡したレビンとトレノをイメージして開発しているからか開発コードが検閲により削除となっている。ちなみに北米向けが検閲により削除で、欧州向けが検閲により削除である。

そんなコイツは、例の2台からの乗り換えやスポーツカーに乗ることを夢見た70年代生まれ、新人類新人類ジュニアに「安価」と言いつつも、高値で売り付けるため、かなりの利益が見込めるはずだった。だが、社長の意向で「できれば、200~250万円以下の価格で」ということになり、結局利益が見込めなかった。これが「微笑むプレミアム」の仲間入りをできなかった理由の一つであろう。

しかし、ゴシップ雑誌「ザ・ベストカー」や「ホリデーオート」などが報じているように、200万円の低価格、電動格納ミラーレスモデルから、屋根から何からいたるところにポリカーボネイトを仕掛けて、軽量化を図り、コスト増加を測った500万円級の超ド級2.0Lの発売予定もあるらしい。

「あれ」、と思った人がいるかもしれない。「これでは微笑むプレミアムの仲間入りになるんじゃないか」と。

しかし、残念ながら、レキサツブランドの車種には、ある程度の「低コスト」と「多量の利潤」が必要なので、仲間入りができないようなのである。

発表を直前に控えて[編集]

2011年10月28日が人類滅亡の日だといわれて数か月たっていたせいか、あまり新聞などで注目されなくなってしまったFT-86だが、気泡道理エアコンも遮音材も無い一昔前の軽自動車のようなモデルが199万円(だったかな)で発売されることがBCさんにより発表された。

さらに、あのGT5で全然チューンできないスーパーカーのように発表前からニュルブルクリンクで開かれるレースに出場し、クラス6台中3位という微妙な成績を残した。

2011年の東京モーターショーで、初公開され、2012年春発売。

競合車種[編集]

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「トヨタ・FT-86」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)