トヨタ・Willシリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Will(ウィル)シリーズとは、トヨタ自動車が開発した自動車ブランドのひとつである。

概要[編集]

ウィルというのはこんな感じ

もっともWill(ウィル)というのは英語で「―になるだろう」というものである。画像のようなキャラクターからとったのではない。

これが出来た理由は「若者のための全く新しいコプセントのクルマ作り」とされているが、実際は大企業としてのつきあいである。若者のための全く新しいコプセントのクルマ作りをしたとしても当の若者がクラウンに乗ったりしていたのでそんなコプセントは不要であった。

ウィルシリーズの特徴として訳の分からない名前が挙げられる。さらにデザインも個性的とされているがハッキリ言って子供だましである

今では中古車も安くなったので興味があるなら乗ってみてもいいだろう。不気味だがな。

ラインアップ[編集]

Will Vi[編集]

 かぼちゃの馬車をイメージしたメルヘンチックなクルマ。カテゴリーは一応コンパクトカーではあるがセダンでもある。ヴィッツのプラットホームを流用している。  季節ごとに限定色を用意したり斬新な販売策がとられた。  特にその見た目から、若い女性に人気が高い。

Will VS[編集]

 カローラ(E120系、特にカローラフィールダー)のプラットフォームを用いた無駄にスポーティーな5ドアハッチバック(一応ステーションワゴンということになっている)で、先に発売されたWiLL Viとは異なり、全高は不気味なまでに低く鋭い表情が与えられている。

 車の性格としては実用性を無視し独特のスタイリッシュさに重きを置いている。つーかこんなクルマに実用性を考えるな。

 デザインコンセプトは「ステルス戦闘機」であるが飛ばない。これは航空業界の安全性を考えた上での考慮である。

 若者をターゲットにしているにもかかわらず3ナンバーである。デザイン重視で大きさを考えなかったためである。また、2代目bBにリアデザインが似てる気がするが気のせいである。

Will サイファ (育てるクルマ) [編集]

WiLL ViやWiLL VSとは異なるコンセプトで2002年8月に発売された5人乗りのコンパクトカーである。

 プラットフォームを初代ヴィッツと共有するから中身はたいした事はない。

 ネットワーク社会とクルマが融合する「サイバーカプセル」がテーマだか知るかそんなこと。ヘンテコなイメージキャラクターがいたりするがキャラクターデザインはどっかのデザイン専門学校の生徒のデザインである。

 車体色名は「AKA」だの「KURO」だのローマ字にしただけである。

ヴィッツがフルモデルチェンジしたことと、WiLLプロジェクト終了に伴い、2005年7月に生産・販売終了となった。

Will マルティーニ[編集]

 サモンナイト3の発売を記念して何台か作られた車。販売価額は忘れた。発売はバンプレスト

Willブランドの終了[編集]

 まずこのブランドは車はともかく他が全くダメであったので、他はさっさと打ち切られた。トヨタは一人こんな妙なのをやり続けるのに嫌気がさしてやめたとされている。もっとも、こんなのあってないようなものだからね。

関連項目[編集]

この項目「トヨタ・Willシリーズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)