トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このトヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)とは、トヨタ自動車のアメリカでの売り上げが高すぎることに対するアメリカ政府による大規模なリコールのことである。

概要[編集]

アメリカに於けるトヨタに対するこの類のリコール騒動は1980年代から起きている。ジャパンバッシングが激しかった時代のリコール騒動は、「アメリカで売る車がアメリカ製でなければアメリカでの失業者が増える」と言う内容で、アメリカにトヨタの工場を建てることによって対策を立てた。今回のリコール騒動の内容は「アメリカのビッグ3のうち2つが倒産した最中でトヨタ車が売れすぎていて迷惑だから、売り上げを落とす」という訴訟大国アメリカならではのものである。本項は2009年から2010年に起きた大規模リコールについて記述する。

経過[編集]

発端[編集]

今回の騒動の発端は、トヨタ自動車がアクセル全開で躍進中の2007年に、アメリカで生産されていたフルサイズピックアップトラック「タンドラ」も元気すぎてアクセルペダルが戻らないというものであった。その一方ではビッグ3のフォード・GM・クライスラーが退職者への年金の過払いで営業不振に陥っていた。また、2008年末頃には不景気まっただ中だったヨーロッパでも同様の声が聞かれていた。

勃発[編集]

2009年8月にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴにて、名実共に世界一の自動車メーカーになったトヨタの勢いのすごさを象徴させる事件が発生した。同社のレクサス・ES350が勢いづきすぎて120マイル(193km/h)のスピードを出して、一家4人を天国まで吹き飛ばすという事故だった。これを受けてトヨタはこれまでの勢いを自重するためにアメリカで販売された「カローラ」「プリウス」「カムリ」「セコイア」などの8車種426万台のアクセルペダルを無償で交換すると発表した。しかし、トヨタ車が売れすぎているのを生意気に感じたに危機感を感じたアメリカ政府は、トヨタ自動車自体のアクセルペダルのリコール修理を発表した。その結果、トヨタはアメリカで新たに230万台のリコール実施を発表し、日本国内でプリウス20万台、ヨーロッパでも8車種180万台、全世界で700万台のリコールに発展したため、豊田章男社長は会見で謝罪した。しかし、アメリカのメディアは何故か「社長のお辞儀の角度がたりない」と社長のお辞儀の角度のリコールを発表している。この騒ぎに乗じて韓国でも「日帝め!よくも韓国の自動車市場を侵略したな!謝罪と賠しょ(ry」と騒ぎになっている。

対策[編集]

アメリカ政府は破竹の勢いだったトヨタ自動車のアクセルペダルを交換し、トヨタ車の売り上げのブレーキをアクセルより優先させる「ブレーキオーバーライド・システム」をトヨタ自動車に搭載することで事態の収拾を図った。リコール対象車に関しても、トヨタは膨大な費用をかけて全車アクセルペダルを交換する予定である。しかし、諸外国及びトヨタの工場がある州の議員からは、暴走しているアメリカ政府に新たにブレーキを付けることにしている模様。

原因[編集]

急加速の原因には様々な説が建てられているが、実際のところそのうちの半数はライヤー!!だと言われている。残った半数は、漬物用のを車に乗せて鉄の漬物を作ろうとしていたからであると言われている。その漬物がアクセルペダルの上に乗ってしまい、その遺志に築かずにドライバーが運転してしまったために車両が急加速したのである。

結果[編集]

トヨタ自動車本体のアクセルペダルを交換したことにより、一時はトヨタの躍進は収束した。しかし、トヨタ自身の手によってアクセルの再改修がなされ、トヨタの躍進は再び始まった。しかもユーザーのアクセル暴走が事故の発端となっているケースもいくつか確認されたため、それらについての対策に手をこまねいている模様。

しかし、この集団リンチとも言えるリコール問題へのバッシング小学校中学校でのいじめの助長に一役買っているといえるだろう。つまり、日本の「いじめ」文化はアメリカからやってくると考えられる。

訴訟が成功すれば、マニフェストには書いていないものの、子ども手当以外にトヨタ手当が配られる見通し。ただし、日本に住む人にはご利益がない。

被害にあった車種[編集]

  • アバロン
  • カムリ
  • カローラ
  • SAI
    • 2009年に発売された新型SAIの雪道での性能に不満があったらしく、全国的にリコールを迫られる結果となった。
  • セコイア
  • プリウス
    • 「クルマが止まらない」と散々アメリカ人からの電話がかかってきたが、アクセルペダルから足をどかすことができなくて車が止まらなかった模様。結果同じ形のペダルを使用しているMCプラットホーム採用車種の多くでアクセルペダルの交換を要求された末に、大量の金を要求された。ヤクザかよお前ら。
    • 2009年に発売された新型プリウスの雪道での性能に不満があったらしく、全国的にリコールを迫られる結果となった。
  • タコマ
  • タンドラ
  • トヨタ・マトリックス
  • RAV4
  • ES300
    • 非純正フロアマットがずれたままアクセルペダルに引っかかってしまったのが原因の模様。すなわち販売店が代車用に導入した際に純正フロアマットを買わなかったミスが原因となった。
  • GX460
    • SUVにもかかわらず時速70kmでカーブに突っ込むというF1並みのスポーツドライビングを実践するとカーブで横転しかけるという件に苦情が殺到。もうリコールの処理さえ面倒くさくなる理由である。
  • HS250h
    • 2009年に発売された新型HSの雪道での性能に不満があったらしく、全国的にリコールを迫られる結果となった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)