トランスフォーマー コンボイの謎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トランスフォーマー コンボイの謎」の項目を執筆しています。
日本人ならばお茶漬けを食べよう。」
トランスフォーマー コンボイの謎 について、永谷園
「また明日から戦闘機に激突してぶっ壊される仕事がはじまるお…」
トランスフォーマー コンボイの謎 について、ウルトラマグナス

トランスフォーマー コンボイの謎』はタカラ(現タカラトミー)が開発した数少ないファミコンソフトのひとつ。米国アニメトランスフォーマーを原作とした辛口の名作アクションゲームとして知られている。

開発の経緯[編集]

この作品は1986年と言う、ファミコンスーパーマリオブラザーズのヒット(1985年)により大躍進しサードパーティも続々と参入した時期に作られたゲームである。この時期は名作も珍作も数多く作られ、同期のゲームタイトルとしてドラゴンクエスト魔界村のような現代まで続編の作られる名作もあれば、たけしの挑戦状のような史上稀に見る迷作も存在すると言う玉石混淆の時代として知られる。この時期のファミコンキッズどもの見る眼は「変なゲームを掴まされない様に」加速度的に肥えていたため、蓄積された技術や知識の無い新規参入メーカーには一見辛い時期と思われたのである。(実際には思い切って変なゲームを買った方が友人との貸し借りの際に有利になったのだが。また後述のとおり、新規メーカーの参加も多かった。)

しかし企業にとってもファミコンソフトは、大人子供も(水商売の)おねーさんもプレイするという当たれば一攫千金の極めて美味しい(ように見える)新規事業だったのである。それはダッコちゃん人形のヒットで一躍おもちゃの世界に躍り出たタカラとて例外ではないのであった。

そしてこのような企業にとって奥の手ともいえるものがキャラゲーである。キャラのファンはとりあえず買ってくれるだろうと現代でもコナミなどがこっそりと出すこれらのゲームは、ユーザーにとっては地雷原だが、ゲームメーカーにとっては安全牌そのものなのであり、当然タカラもその手法を使い自社が扱っていたキャラクターのトランスフォーマーシリーズのゲームを出すにいたったのである。

概要[編集]

こういうゲームである

ほぼ同時期の原作付きロボットゲームとしては超時空要塞マクロス(1985年)・機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル(1986年)などがあげられ、また変形ロボットを扱ったものではフォーメーションZ(1985年)などが代表的であるが、これらは全てシューティングゲームとなっているのに対し、本作はアクションゲームとなっている。アクションゲームの製作はシューティングゲームに比べ重力の制限があるため、バランスの調整などが難しくキャラクターのパターンを増やす必要があるというデメリットがあるが、タカラスタッフは「おもちゃメーカーとして、子供を壊す原作レイプだけは絶対にすまい!」と原作の雰囲気とロボットの変形を子供達に楽しんでもらうためにはアクションにする必要があるとして開発に着手した。変形ロボットである必要性がなかったり、戦略に影響しないような変形機構しか持たない他のロボットゲームに比べて、本ゲームはロボットの変形機能を駆使してステージを進める場面が多く、より原作に近い「変形ロボットを操る」雰囲気で楽しめるようになっている。またふわりとした独特のジャンプなど「らしさ」を演出するための工夫も多い。また敵弾が背景色に紛れ込むことがあるが、これも原作のリアルな雰囲気を味わうためのもので、それを利用したトラップもゲームの奥深さを出す事に役立っている。

当時のアクションゲームは一撃で自機が撃破されるが数回のミスが許される形の残機制と自機が数発の攻撃に耐えられるライフ制の二種類に分けられた。ライフ制のほうがゲームの難易度が下がるが、このゲームはあえて残機制のシステムをとっている。当時のファミコン少年達にとって簡単にクリアできると言う事は決してユーザーフレンドリーなわけではなく、むしろ「やりごたえの無いゲーム」として軽蔑の対象にすらなっている世間の風潮を鑑みての事である。また、この耐久力の低さはTVシリーズではどんな攻撃を受けても絶対に死ななかったトランスフォーマー達がちょっとした攻撃で無残に死んでいく「ザ・ムービー」の原作再現でもある。このためゲームの難易度は比較的上昇しているが、当時の少年達は「やりこみと称しひたすらレベルアップして俺Tueeeeeeee!するゆとり世代」などとは根本的に顧客としての思考が違うと言う事を考慮せねばならない。

難易度を高めやりごたえを上げる一方で救済措置も講じられている。このゲームではアクションゲームとしては珍しく主人公の主武器が使用制限一切無しの飛び道具である(これは1987年のロックマンにさきがけての事である)。トレーラーに変形すれば頭上と前方地面と、多方向に多彩で爽快感のある攻撃を楽しめ戦略性を増すと同時に、数ドット単位で少しずつ動かし他方向の攻撃で死角の敵を撃破することで初心者がプレイしやすくなるよう工夫がなされている。またコンテニューが無限に行なえる事から多少の学習能力があれば誰にでもクリアできると言う一面もある。このプレイイージー・マスターハードの思想こそ、このゲームの根本を支えるものであるといえよう。

また演出面においても様々な試みがなされている。当時としては極めて先進的な映像表現であるポケモンフラッシュを取り入れており、ゲームスタート時とボス撃破時という節目においてみる事ができる。現在ではひ弱な子供を殺すための映像表現として知られているポケフラだが、当時の健康優良不良少年どもには斬新な演出と受け止められていた。また当時としては珍しい巨大なボスキャラクターや特色あるステージ構成(縦スクロールなど)、隠しプレイヤーキャラとしてのロディマスコンボイの存在なども取り入れられており、全般的に飽きない作りとなっている。

なお表記がローマ字(TATAKAI NI KATTA.のような)なのは国語の勉強の一環として子供にローマ字表記に慣れ親しんでもらおうとの親御さんへの配慮である。

ストーリー[編集]

戦いの中で傷つき倒れたコンボイ司令官の遺志を受け継いだウルトラマグナス。だがその直後にデストロンの卑劣なうっかりかかり、自身の体の装甲を指先ひとつでダウンするほど劣化させられてしまい、さらにそんなタイミングの悪い時期を狙ってサイバトロンシティーに対してデストロンが総攻撃をしかけ、若き戦士ロディマスのエネルギー源をバラバラに分解して略奪されてしまう。サイバトロンシティコマンダーとしての責任を全うするため、そして次世代サイバトロンの中心となるべきロディマスを救うため、仲間の制止も振りほどき、やわらかサイバトロンとなったウルトラマグナスは強大な敵との戦いに身を投じていった。

「やめるんだウルトラマグナス!今の貴様では無理だ!ににいくようなものだぞ!」
「ああ、わかっているさ。だがには死ぬとわかっていても行かなければならない時があるはずだ…」

こうしてウルトラマグナスたったひとりの無謀な戦いは幕をあける…

登場キャラクター[編集]

サイバトロン[編集]

ウルトラマグナス
主人公。サイバトロン総司令官代理。原作を知らないプレイヤーからはコンボイだと誤認されてしまうこともある。色はかなり違うのだが…。とはいえ、コンボイと同型のロボットが強化アーマーを装着した姿(という設定)なので、それも仕方ないことのかもしれない。
ロディマスコンボイ
コンボイに代わるサイバトロン総司令官。本作では得意の投げ技こそ使用できないものの、ウルトラマグナスに匹敵する戦闘力を持っている。
バンブル
サイバトロン情報員。ある重要な情報をもっているが、スタースクリームに捕えられてしまう。

デストロン[編集]

メガトロン
デストロン破壊大帝。コンボイを殺した張本人である。だがラスボスではない。
要塞惑星デビルスター
要塞化された機械惑星。一般的にこのような超大型兵器は終盤に投入されるものだが、本作では序盤に複数機が投入される。このことからも本作の難易度の高さがうかがい知れる。
デストロンマーク
悪の軍団デストロンを象徴する邪悪なマーク。タイムトンネル内で3度にわたって立ちふさがる。
戦艦ネメシス
デストロンがサイバトロンの探査船アークを追跡する際に用いた最強の宇宙戦艦。映像作品においては後年の「ビーストウォーズメタルス」まで活躍の機会を得られなかったが、本作ではそれに先駆けボスの1体として登場している。
メナゾール
自動車を改造して作られたスタントロン部隊が合体することによって誕生する巨人兵。ウルトラマグナスはこの難敵と不安定な動く足場の上で戦わなくてはならない。
ブルーティカス
ガダルカナル島に残された第二次世界大戦時の兵器にスタースクリームが反逆者のパーソナルコンポーネントを搭載することで完成したコンバットロン部隊。その合体形態がブルーティカスである。全身に重火器を搭載した強敵である。
ダイナザウラー
デストロンの最終兵器である恐竜型超巨大移動要塞。原作では同クラスの巨大要塞メトロフレックスでなくては対抗できなかったが、本作ではウルトラマグナスたった一人で立ち向かうのだ。
スタースクリーム
デストロン航空参謀。ある程度のダメージを受けると撤退してしまう彼を撃破し、バンブルを救出することは非常に困難である。
ジェットロン部隊
スタースクリーム配下の航空機部隊。その変則的な動きと、高速かつ視認しづらい攻撃は多くの初心者を苦しめた。ウルトラマグナスをパワーアップさせるエネルゴンキューブを隠し持っている者もいる。
ブリッツウイング
デストロン空陸参謀。本作では海外版OPに影響を受けたのか、戦車形態で多数が登場する。装甲が分厚く、一度の攻撃では撃破できない。

これ以外にも本作オリジナルキャラクターを含む多数の敵が登場する。

テーマ曲[編集]

『トランスフォーマー2010 〜TRANSFORMER 2010〜』
作詩:松本一起 / 作曲:小森田実 / 編曲:鷺巣詩郎 / 歌:広瀬 翔

本作ではタイトル画面およびウルトラマグナスがバリアを入手した際に流れる。

評価[編集]

本作はファミコン時代の硬派なアクションゲームとしての評価が高いだけでなく、隠しキャラクター・プレイヤーの要素など未来的なものも多く内包しており、いまだに愛されているゲームである。当時プレイしていた少年たちにとって「コンボイ」の記憶(コンボイ司令に勝らずとも劣らないあまりにも漢らしい死に様など)はきわめて印象深い思い出として扱われることが多い。動画サイトでやりこみプレイをアップロードされるなど人気は衰えることがなく、現代でもファミコン専門店で入手することが可能である。さらにWiiのバーチャルコンソールでの配信も決定し、今後さらなるファンの増加が予想される。

一方当時からのプレイヤーでは無い現代の人間がプレイした場合、多くのケースでゲームの趣旨を理解できず 3秒で1機死亡、2面でゲームオーバーになった挙句に「クソゲー」の不当な烙印を押される事もあるようである。

関連事項[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第4回執筆コンテストに出品されました。