トリコロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トリコロ」の項目を執筆しています。

トリコロとは、日本が誇る巫女集団である。

概念[編集]

トリコロが結成された理由の大部分は、恐怖の大王が送り出してきた異型の存在、「魔獣」に対抗するためである。

「魔獣」は非常に危険で、人間の願いをかなえる代わりに願いをかなえた人間に憑依し、破壊活動を行う。さらに、巨大化する個体もあるので、最初は近代兵器を使って駆除していた。

ところが、近代兵器に対抗する「抵抗性個体」が登場、世界政府は対抗策として巫女新資源を使用することを決意。日本政府は伝説の巫女を輩出する七瀬家に「魔獣」の駆除を依頼。それを七瀬家が受諾したことから「トリコロ」が生まれたのだ!

メンバー[編集]

七瀬八重(ななせ やえ)
巫女集団「トリコロ」のフルバックサポーター。21歳。背が低い上に童顔であるため、よく小学生に間違えられる。というか外見は小学生そのもの。運動・学力は絶望的だが、味方のステータスを上昇させる料理を作ることができる。究極レベルの幸運の持ち主で、懸賞や宝くじをよく当ててくる。その反動で肉体の成長は止まっている。
ダジャレが大好きでよく口にするが、その大部分は聞いたものを瞬時にして凍りつかせる。
アーマードコアの操縦が得意で、超大型の魔獣は大抵彼女が駆除する。また、長い髪の毛の中に秘密兵器を隠し持つとされるが、真相を知った者は検閲により削除
青野真紀子(あおの まきし)
通称スカイドン巫女。巫女集団「トリコロ」のサイドウィング。21歳。知性が高く、実質的な司令塔は彼女。普段はリングネームスカイドン巫女としてプロレスラーをやっている。そのため、肉体も屈強で隙がない。
自分の体重を気にしていて、本人いわく、「いくら筋肉が増えたって結果的に重くなるのは嫌やねん。」
潦景子とはライバル関係。
大由崎多汰美(だいゆざき たたみ)
巫女集団「トリコロ」のトップアタッカー。21歳。伝説の戦闘種族「大日本人」の末裔。高圧電流を浴びると巨大化する。高価なものを見るとハイエナの耳と尻尾が生える。その能力を使い、ACに乗った八重と一緒に魔獣と戦うことがある。
大日本人であるがために、幼いころからいじめを受けていた。その反動でバーサークが使えるようになった。バーサークを発動すると、一時的に戦闘能力が上がる代わりに、理性を約半分失う。しかし、わずかながら大事なものは増えている。
潦景子(にわたずみ けいこ)
巫女集団「トリコロ」のサイドウィング。21歳。特殊霊術「プライマルアーマー」の使い手で、弱い呪いなら無効化できる。髪はワインレッドでツインテールである。決して攻撃力は高くないが、スピードは非常に高い。
青野真紀子とはライバル関係。

関連項目[編集]