トワイライトエクスプレス (列車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トワイライトエクスプレス」の項目を執筆しています。

トワイライトエクスプレス(Twilight Express)は、 大阪駅 - 札幌駅間で遍路している移動式修行禅寺である。宿坊(宿泊施設)を併設している。

概要[編集]

1989年7月21日に修行専用列車として巡礼を開始し、当初は僧侶のみで、礼拝券は一般販売されなかったが、同年12月に礼拝券の一般販売を開始した。しかし2015年3月12日出発分をもって車両老朽化を理由として(本当は経由線区の一部が第三セクター区間となるため)廃止された。

東海道本線湖西線北陸本線信越本線羽越本線奥羽本線津軽線・海峡線・江差線・函館本線・室蘭本線・千歳線の12線区を経由する。

運行概況[編集]

2015年3月12日始発まで行われたの巡礼概況は次の通り。

下り大阪発札幌行きは1,495.7kmを約22時間かけて、上り札幌発大阪行きは1,508.5kmを約22時間50分かけて巡礼し、JR西日本・JR東日本・JR北海道のJR旅客3社にまたがる日本一の長距離巡礼である。

大阪駅と札幌駅の発着時には、「般若心経」のフルバージョンが流されている。

停車駅[編集]

大阪駅 - 金閣寺駅(京都市) - 真禅寺駅(敦賀市) - 大安禅寺駅(福井市) - 崇禅寺駅(金沢市) - 国泰寺駅(高岡市) - 宗禅寺駅(富山市) - (以下省略)

上下列車とも、大榮寺駅(新潟市) - 洞爺寺駅(洞爺湖町)の区間内では客扱いを行わない。この通過区間は距離・時間ともにJRグループの旅客列車では時刻表上の最長で、当該区間は下り列車で11時間37分、上り列車は12時間4分に及ぶ。そのため、この区間での修行のリタイヤは許されない。

使用車両・編成[編集]

客車[編集]

JR西日本網干総合車両所に所属し、宮原支所に配置されている国鉄24系25形客車のうち、当列車用に内外装の改造を施した専用編成が運用されている。車体の塗装については、従来の「寝台列車=青色」というイメージとは微妙に一線を画し、深緑に金色(黄色)の細帯を1本締める独自のものとした。

2002年秋までに全編成の車両リニューアルが完了した。内装は「宮大工の心意気」をテーマにした純木造に変更され、個室宿坊内の床は全て畳敷きとした。外装は金色(黄色)の帯の上下に銀色の縁取りが追加され、車体側面にある紋章も意匠を変更している。

宿坊設備[編集]

上等個室宿坊[編集]

1号車と2号車は上等個室になっている。畳敷きの居室には、タンス・ちゃぶ台・仏壇・滝修行室・便所などが設置された豪華なつくりになっている。また、どちらも入場券を入手する修行がまずは待っている。

2人用上等個室宿坊
1号車・2号車に1室ずつ設置されている2人用個室。
1号車の個室は列車の大阪寄り最後部(上り列車では最前部)なので、覗かれ放題の約6畳の居間となる。滝修行室は便所・洗面併設型であり、非常にコンパクトな造りである。外から覗かれても心を「無」にできる強靭な精神力が要求される。
2号車の個室は車両中央部に配置される。方窓タイプのため覗かれる心配は少ないが、居間には大僧堂に設置されているものと同一の、屋根まで回り込んだ曲面ガラスを備えているため、夏の夕刻の修行時は、直射日光や暑さにに耐えうる強靭な精神力が要求される。
1人用上等個室宿坊
1号車・2号車に4室ずつ設置されている1人用個室。居室が約4畳あるので、1人だと圧迫感は少ない。しかし多少広いとはいえ殺風景な室内なので、高額料金の割にチープな設備とのギャップにより生じる「葛藤」に耐えうる強靭な精神力が要求される。またこの宿坊には、趣旨を履き違えた別教団信者が乗り込むことでも有名である。2人用宿坊にもなるので、別の修行も必要となってくる時がある。それはカシオペアに近い感覚である。正に禁欲修行には盛って恋である。

一般宿坊[編集]

5 - 9号車は一般宿坊で、このうち5 - 7号車は個室、8・9号車は簡易個室になっている。

2人用一般個室宿坊
5号車と6号車に7室ずつ、7号車に9室の計23室設置されている2人用個室。部屋の上段には電動で上下する寝台がある。気心の知れた2人でも、20時間以上向かい合っていなければならないので、気遣いと退屈に耐えうる強靭な精神力が要求される。
1.5人用一般個室宿坊
5号車と6号車に6部屋ずつ設置されている(ほぼ)1人用個室。広さが2畳ほどしかなく、閉塞感と孤独に20時間以上耐えうる強靭な精神力が要求される。すべての個室宿坊の中で、最も苦痛とされる。
改装前は「シングルツイン」という名称だったが、2人で修行すると、必ずモメる。
4人用一般簡易個室宿坊
8・9号車に設置されている簡易個室。1ブースを4人で確保すれば個室となるが、赤の他人と相部屋になった場合は、20時間以上無視し続けるという強靭な精神力が要求される。

庫裡(くり)[編集]

3号車に連結される、いわゆる「食堂車」である。「北斗星」や「カシオペア」と同様に、食堂車での夕食サービスを時間指定制とした列車でもある。ほかにも、仏具や経本や滝修行室利用券の販売なども行っている。

昼食(大阪発) / 茶道体験(札幌発)
大阪発は正午前の発車となるため、13時から16時まで昼食を提供している。メニューは精進そば・湯豆腐など軽食が中心。
札幌発は発車が14時台と遅いため、14時40分から16時まで「茶道体験」として濃茶・添え菓子程度のみ提供している。
これらとは別に、発車後から16時頃までは、生野菜と温製粥、デザートの大福餅など、食堂車の厨房で適当に調製したシートサービス形式の「独房セット」を提供している。
夕食
17時30分から21時まで、夕食を提供している。精進懐石料理のコース(20,000円)または日本海ワカメ汁定食(480円)を提供しているが、日本海ワカメ汁定食については庫裡で食事することはできない。
夜話
夕食終了後の21時から23時まで、主に師僧による修行上の訓話を提供する「夜話」の時間帯となっている。般若湯麦般若などドリンク類を提供している。予約は不要で、すべての僧侶が利用できる。
朝食
大阪発は6時から、札幌発は6時45分からそれぞれ9時までは朝食を提供している。45分刻みの定員制であり、希望者は乗車後に車内で朝粥(1,600円)・精進落としのステーキコース(25,000円)のいずれか、また利用時間を予約をすることになっている。

大本堂車[編集]

4号車に連結される本堂(僧堂)車。車両中央部の大僧堂(仏道修行)部分は、畳敷きとなっており、仏壇やお経が流れるスピーカーも設置される。また、師僧控室や座布団を収納する押入れを備える。また、ロウソクおよび線香・数珠類の自動販売機、共用滝修行室2部屋を備える。

担当師僧[編集]

全区間でJR西日本の大阪車掌区内「特殊師僧課」が担当している。同課の担当師僧は阿弥陀如来をイメージした「トワイライトエクスプレス」専用の袈裟を着用している。

後継のための特別な修行を意識した巡業[編集]

JR西日本は「瑞風」と言う高みを極めた多額のお布施が必要となる巡業列車を考案した。
これは北海道新幹線北陸新幹線により、流石にJR北海道JR東日本との連名によるエクストリーム謝罪はもう勘弁と言う所やアーバンネットワークも関係して、2015年3月12日始発を以って巡礼出来なくなってしまった。また、車両の老朽化による更なるエクストリーム謝罪は勘弁したいと言うのも1つの要素である
また、上等個室宿坊は固定宿坊ではあるがドーミーインスーパーホテルに真似されてしまい、「大浴場もないのにこんな列車はもう修行としても耐えられない。」と言われていたのに、2015年5月-2016年3月まで「瑞風」のテストケースとして、上等個室宿坊・庫裡(くり)・大本堂車の修行だけでの巡業列車に組み替えて運行をしている。4人用一般簡易個室宿坊も組み込まれたがこれは「師僧専用」であり、もはやここでの一般僧侶修行が出来ない。なお同年7月・9月には「おんせん県おおいたDC」記念で大分までの巡礼が行われた。勿論、おんせん地獄巡りの巡業を怠っていない。血の池地獄に入れるサービスもあったためにやはり高額だったと言う噂もある。
2015年7月に1回だけ台風による巡礼中止が行われた。流石にJR西日本は検閲により削除をしてしまっているために師僧がエクストリーム謝罪は流石にもう出来ないと断食修行としたためである。
この巡業列車は山陽本線とたまに伯備線山陰本線も巡礼行程に入れている。琵琶湖を1周巡礼したとか、JR九州管内で日豊本線の巡礼もあるが、きっとそれは登場のお披露目やDCと言う名の密修行だったのだろう。ここでは夜間に特定の駅停車で長時間のアイヒマン実験に近い幽閉の修行がなされている。最後は夜食に頼ってしまう修行である。最終的に上り密授業列車の巡礼は大阪京都の終着が多く、現地での更なる修行が行われる。渡航の退避区域での修行もあるための高額ツアーでもある。
京都の「博物館」と言う名の聖堂以外ではEF81や24系客車など車両が門外不出であったが、敦賀市で「北陸新幹線で新幹線駅が出来るのに鐵道意識が弱くなるのは寂しい。かつてはシベリア鉄道への接続港だったのに!」とJR西日本の師僧に懇願されたために秘仏は出せないけど、他の仏具なら提供出来るとして貨物駅も含めた敦賀港駅でまとめて再開発する際に仏具展示される事が決まった。

「瑞風」なハチロク巡業[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の項目を執筆しています。
「特別なトワイライトエクスプレス」と言う巡業を終え、2016年には87系寝台気動車の新造と言う形では表向きな建前ではあるものの、予算がなかったためにAE86エンジン搭載となった。これでもっとエクストリームスポーツな修行と巡業を期待されている。勿論、アイヒマン実験に近い幽閉の修行も付いてくる。お仏壇にしたなかったのは元々寺院並の修行は行われるからである。
この巡業はエクストリーム謝罪のギリギリの予算が掛かる故に、多額のお布施が必要となる。これはJR九州のハチロクやセブンスターに負けまいとする本来のマルーン色に負けまいとする走り屋の本家の血が騒いだからであろう。だって、試運転のカバー色もマルーン色とあまり変わらないから、(ry
基本的には山陽本線巡業・山陰本線巡業とその両方とがあり、山陰ツアーは吉田松陰の○秘塾・「餘部鉄橋の風耐久サーカス修行」もあるが、山陰限定ツアーにすると木次線の「ヤマタノオロチ」見物ツアーが修行で追加され、山陽限定ツアーにすると呉線経由でたまゆらの「ももねこ様」をもふもふ出来たり、紅白まんじゅう進呈もある。そして、呉鎮守府の軍事訓練が出来る密修行もあったりすると言う極秘情報もある。それだから、多額のお布施になると言う説もある。
上等個室宿坊のみで構成され、基本的には二人用であるが、ひっそり一人用のボッチ修行も出来る。1両貸切のルームもあるがここでボッチ修行はやめておこうね。本当に宮島でぴーしたくなっちゃうから。
専用入り口も停車駅に設置され、鉄道教の乗車宗でも流石に乗るのは厳しい位のVIPPER待遇である。もうついでだから一般観光客の駅改良を合わせてしちゃっている所がある。まあ、撮影宗の歓迎も受ける修行もあり、既に試運転の時点で米子駅の歓迎を受けており、あとは(以下略)。
「立ち上がれ、中国地方!」と言うスローガンがあるらしいが、そこに中国人観光客向けの意識もあるかはお察しください}。ただ、大阪~札幌間の運行でも中国人の目撃があるから(ry
やっと、御本尊車両の新緑な御開帳が成されたが、未だに10両での試運転はまだまだで5両だからと撮影宗がエクストリーム修行でまたやってくる。食パンマン列車ですら行っている10両試運転の修行は期間限定で行われた。大衆撮影の体臭で後悔処刑の修行が用意されているのは、宮島でなくてもぴーな密修行である。一応は本格巡業が2017年6月に始まっているが、1ヶ月も立たない地点で山陰の大雨により巡礼中止になった我慢修行は(以下略)。とは言え、JR西日本管内だけで24系客車時代みたいに北海道を行かないために、地元民・鉄道教徒・お金のあるツアーマニアにしかウォッチされていない。もはや、ツアー開始時のメディア報道で祭りが終わるとあまり一般人の注目が来なくなっているのが現状でもある。
「食パンマン列車」を意識しすぎたせいか、内装がモダンデザインすぎて24系客車デザインが好きな信者であっても何か物足りない所がある。車両スペックや外装ぐらいしか注目していない層もあり、模型宗な意識しかないので(以下略)
また、「キシ」「キラ」な形式もあるので、僧侶の他にも関西系のキラキラ馬鹿乗客対応の騎士も搭乗しており、そのために乗車費用が嵩んでいると都市伝説もある。しかし、ツアー運休により【おきのどくですが ぼうけんのしょ「みずかぜ」は きえてしまいました】と何万ゴールドを注いでもなる事も多い。それは僧侶のミスが多いと言う説がニコ厨により語られている。2018年5月には「黄昏の水」と言うことから黄泉の国に行けるを開発してしまったが、当局から検閲により削除。勿論、2回の巡業中止で「ぼうけんのしょ(以下略)」になるので天候も含めて今後も注意が必要であったが、2018年7月前半にまたやっちまったよ!山陽本線我慢修行3ヶ月付きで。