トーク:スペシャルマリコブロークン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

質問[編集]

端的に言うと、このネタってアリ?SKET DANCE第91話に出てくる架空ゲームだということはわかったのですが……こういうのもある意味のび太国系記事の気がしてしょうがありません。ただの動画紹介ネタとは言えそうもない感じはするのですが……どうなんでしょうか?--BCD 2009年6月10日 (水) 22:49 (JST)

(単体で存在するには疑問)wikipediaの判例を見ますと、げんしけんに登場したくじびきアンバランスや、とらいあんぐるハートからスピンオフした魔法少女リリカルなのはらは記事として存在しています。このようなスピンオフ作品らしいものを記事として存在させるには、何らかのメディアや企業が発信し(もしくは製品化され)ある程度知名度を得たものがふさわしいと考えています。よって、この記事が単体で存在するには疑問があります。--Mmm 2009年6月10日 (水) 23:09 (JST)
向こうでは存続できない記事も存在するので、wikipediaを判例にするのは違うんじゃないですか。釘宮病とかうんたんってあっちだと消されますよね(だからこれも残せという意味ではない)。のび太国系の記事がアレなのは執筆者の妄想で埋め尽くされてるからですし、重要なのは面白いかどうかでは?--フェリシダー 2009年6月11日 (木) 00:32 (JST)
向こうでは存続できない記事も存在するので、wikipediaを判例にするのは違うんじゃないですか。
>今回はスピンオフ作品らしいものを記事として存在させるにはということで、私は本記事をそう定義し、話を進めようとしたつもりです。よってフェリシダーさんが例証として出しました釘宮病うんたんは私の意見に対するものとして少々受け取りにくい印象があります。それと確かにwikipediaの判例にすべて従うのはよろしくないと思います。ですが「記事の知名度から考慮した基準」を考える場合、wikipediaを参考にするのも一つの手だと思いました。
のび太国系の記事がアレなのは執筆者の妄想で埋め尽くされてるからですし、重要なのは面白いかどうかでは?
>これには賛成です。しかしこの記事には不幸なことに2つの限界があります。1つめに知名度の低さです。スペシャルマリコブロークンでgoogle検索した結果、2009年6月11日現在2240件しか存在していません。しかしジャンプの発行部数は2009年1月から3月時点で2,800,000部[1]。とのことなので潜在的な認知度はあるかもしれません。2つ目の限界として言えるのは類似記事の可能性が比較的高くなってしまいやすいことにあります。スーパーマリオブラザースは非常に有名であり、それ故に多数のパロディが既に存在している可能性があります。そのため(この記事の質云々ではなく)方向性の問題として、多数の類似記事を招きやすいのではないかと私は考えています。
逆にいえば、知名度という点では申し分ないものがあり、そんなに記述をこりこまなければ十分わかりやすいものなので、単体として存在させるにはアレだけど記事に挟むには良質なものと考えています。別にユーモアの表現方法に関して絶対に記事にしなければいけないというわけではないのですし、そのために私は「単体で存在するには疑問」と初めに記述しました。--Mmm 2009年6月11日 (木) 18:45 (JST)
(戻す)釘宮病うんたんについてはMmmさんがwikipediaの判例を挙げていらっしゃるので、それが基準でいいのかなということでこっちにあって、むこうにない記事の例を挙げただけです。定義そのものについての意見とは違うかもしれませんね。
ということでスピンオフ作品について言うなら、この記事の例とは微妙に違いますがとある魔術の禁書目録のスピンオフ作品であるとある科学の超電磁砲は現状ウィキペディアに記事がありませんが、こちらに記事ができたところでユーモアがあるなら問題になるとは思えません。あと、この記事はスピンオフ作品より作中用語の方が近いのではないかなと思うんですよね。例を挙げるならGetBackers-奪還屋-無限城とかONE PIECE悪魔の実みたいな記事です(両方ともWikipediaに存在する記事)。まあ、むこうにある用語記事と比べても知名度は劣ると思いますが。さらに言うならTemplate:週刊少年ジャンプを見る限りスピンオフ作品らしいものの記事ってもうありますよね。なので、wikipediaを持って存続するべきはないというのはどうなのかなと。(だからこの記事を残すべきだと言う意味ではない)。
スペシャルマリコブロークンでgoogle検索した結果については作中では壊れてしまった特別な真理子とも表記されてるのでそれだけだと正確な数値にはならないような気がします。壊れてしまった特別な真理子だと18,000 件みたいですね。まあ、これだと関係ないのも引っ掛かってそうなので"壊れてしまった特別な真理子"の結果は722 件ですね。
類似記事については二番煎じの一言で切って捨てればいいと思います。そんな理由で作った記事が残すに足る出来になるとは思えませんし。
まあ、この記事残すべきかといわれると微妙な気はしますけどね。もしそうするならSKET DANCEへの統合ぐらいでしょうか--フェリシダー 2009年6月12日 (金) 00:19 (JST)
(コメント)いろいろとコメントありがとうございます。正直、普通のスピンオフだったら、wikipediaがどうであれ知名度とユーモアがあり、妄想ばかりでなければこちらでは記事として成り立つかな?と思ってみたりします。
で、この記事ですが、ファン以外にも広まっているネタ、というレベルではなさそうな気がします。とはいえ、作中にでてくる(たった1話しかでてないものを指して言うのはどうかと思うが)スピンオフだから、そんなに目くじら立てて急いで削除、ということもできない気もします。
まあ、ひとまずこの記事は{{NRV}}張られてますから、その様子をみてから改めて考えてもいいかもしれませんけどね。--BCD 2009年6月12日 (金) 01:36 (JST)
調べたところこのような記事がありました。これはこの記事と同じように神のみぞ知るセカイという作品に登場する架空のゲームです。履歴を見たところ管理者のIkeさんの名前もあるのでこういうスピンオフものでもアンサイクロペディアの記事として成り立つと考えてよいのではないかとも思います。
ただ、この記事は現状では二番煎じという事になりますね。--フェリシダー 2009年6月12日 (金) 23:54 (JST)
記憶にございません。--ikeTalk / Contribs 2009年6月13日 (土) 05:06 (JST)

遅れてすみません、初版(というよりほぼ全文)作成者です。NRV理由の「概要が箇条書き過ぎる」のは一応、元ネタのパロディを意識していたんですが、ゲーム概要のテンプレがこっちにないテーブル組みの手間を省いた為あのような仕様になってしまいました。すみません。で、記事に関してはほぼ完全に脊髄反射的に作った「ネタ記事」なので、皆さんのご意見に関しては本当に返す言葉もありません。ただ同じ雑誌で登場した架空ゲームの記事もその後色々な展開をみせているので(まぁあの漫画はそもそもがRPGゲームをパロディにした漫画なので、同一に扱うのも無理がありますが)、多少長い目で見て戴ければと思います(因みにSKET DANCEのキャラクター人気投票のネタ度には、素人の投票とは思えない凄まじいボケ倒しがあることは特筆しておきます。あと来月漫画が連載2周年を迎えるので、まず間違いなく人気投票が行なわれることも一応ご報告しておきます)。一応私も記事作成者として反省し、記事の拡張をしてみるつもりですが・・・言い訳がましくて申し訳ないですが、私用で今月いっぱいはネットチェックもおぼつかない状態なので、もう少し猶予を戴ければと思います。--バールのようなもの (初代) 2009年6月14日 (日) 09:57 (JST)

とりあえず、NRV理由にある「箇条書き多用」を改善し、元ネタっぽくボックス化してみました。記事拡張に関しては、申し訳ありませんがもう少し時間をください。--バールのようなもの (初代) 2009年6月18日 (木) 02:24 (JST)
(横槍)Category:SKET DANCEもご覧ください。スケダン派生の架空記事はこんなに沢山あります。この子達の中には優秀な記事もありますし、全員に引導渡すつもりでありますか?ふぇんりる(//) 2009年7月11日 (土) 20:53 (JST)
(私に対する質問?なら答えます)粛正するつもりはまったくありませんよ。ちゃんとした記事なら派生でもなんら問題ないと思いますから(完全妄想の場合は別)。とにかく、私はこれ以上とやかく言うつもりはありませんのでよろしくお願いします。--BCD 2009年7月12日 (日) 23:02 (JST)
  1. ^ 参考リンク- 社団法人日本雑誌協会