ドイツ讃頌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ドイツ讃頌(-さんしょう)とは、ナチスドイツの愛国歌である。

概要[編集]

作詞・作曲・編曲はアドルフ・ヒトラー。1930年代後半に書かれた。形式は男声 10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000部合唱。

当時同盟を結んでいた大日本帝国からコンセプトを得たそうだ。

歌詞[編集]

Jasrac.jpg
JASRAC届出済
この項目に使用されている楽曲は、JASRACにより管理されています。

アンサイクロペディアでこの警告は分不相応かも知れませんが正真正銘の警告となります。
無断で使用した場合、著作権法により処罰の対象となりますのでご注意ください。

母なるドイツのふところに 我らヒトラーの喜びはある

ドイツを愛せよ ドイツに生きる ヒトラーら(※くりかえし)その立つ国に感謝せよ

平和なドイツを 静かなドイツを ドイツをほめよ たたえよ国を

金銭のゆたかなドイツ 我らヒトラーの ドイツをほめよ たたえよ国を

母なるドイツを たたえよ ほめよ たたえよ国を

母なるドイツを ああ たたえよドイツを ああ

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
このドイツ讃頌は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)