ドカベン プロ野球編

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドカベン プロ野球編」の項目を執筆しています。

ドカベン プロ野球編』(-やきゅうへん)は、水島新司の描くドカベン達が、実在するプロ野球選手たちをカモる漫画である。「週刊少年チャンピオン」連載。

概要[編集]

ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。山田太郎、岩鬼正美、殿馬一人、里中智の『明訓四天王』と、その他微笑三太郎たち『山田世代』が、プロ野球界に入り実在する選手たちを噛ませ犬にしている。山田世代たちの活躍は作品序盤では新人王を獲る程度だったが、徐々にエスカレートしていき、作品終盤ではホームランばかり打っては日本プロ野球界の打点記録を更新したり、一試合奪三振記録を更新したりする(続編の『ドカベン スーパースターズ編』では別の山田世代のキャラクターがさらにその記録を更新する)。

時代設定[編集]

『ドカベン』の明訓高校編は1974年からの3年間が舞台になっているが、山田たちが3年になって以降は時代が不明確になっている。が誰も気にしない。ちなみに城島健司と岩城は同期である。

主な登場人物[編集]

山田太郎 (02):(西武)
捕手。愛称は「ドカベン」。1994年のドラフト会議で、巨人・ダイエーを除く10球団からの1位指名を受け、西武ライオンズに入団。新人王とるぐらいだったが打点記録を勝手に更新。山田が打席に立つと大体がホームランである。
岩鬼正美(05):(ダイエー)
三塁手。学生帽と口にくわえたハッパがトレードマーク。
ダイエーは城島健司を採ったから山田はいらなかったと思えばおもしろい。高校時代は悪球を打ってもスタンドに届かないときもあったがプロでは必ずスタンドイン。ど真ん中もたまに打てるらしい。一体どうやってバットからグワラゴワガキーンなんて音を出すのだろう
殿馬一人(04):(オリックス)
二塁手。音楽が得意で、それらを生かした。彼のオリックス入りはイチローが決めた
里中智(01):(ロッテ)
投手。体が心配だったが、プロではオールスターで九連続三振…
微笑三太郎(07):(巨人)
正直言って雑魚。ホームラン50本なんて信じられんな。
不知火守(01):(日本ハム)
こいつは一番プロをなめている。MAX160?九連続三球三振? おまけに打席たてば必ずホームラン、打者やれよ。ナックルやらイナズマなど投げる。
土門剛介(01):(横浜)
こいつも…九連続三振
影丸隼人(01):(中日)
中二美夫(01):(ヤクルト)
坂田三吉(01):(近鉄)
犬神了01):(広島)
↑こいつらメジャー行こうとしたww実力考えろw
犬飼武蔵(03):(阪神)
阪神が優勝した時だけ強くなった。でも基本雑魚。

復活のきっかけ[編集]

清原和博番長が望んだから

メジャー編[編集]

もしメジャー編をやるとしたら山田、里中、殿馬、イチロー、城島がマリナーズということになっていた。
ちょっと面白そう

微笑は日本に残れ・・・

WBC編や、オリンピック編と言った国際試合編[編集]

水島の興味が無さそうだが、あったらいいんじゃないの? まあ、プロの出番は無く、日本は永久に永久王者だが。

所属チーム[編集]

キャラクターの所属チームにを決めるにあたっては、以下のようなエピソードが残されている。

  • 主人公である山田は当然ダイエーに入団するだろうと思っていたファンも多かったらしく、連載開始直後は疑問を訴える手紙が多かったと作者が語っている。
    ただし、本来なら作者は山田をホークスに入団させたかったようである。しかし、"ドカベン"の愛称で知られる香川伸行が実際にホークスに入団したため(1979年南海入団)、山田をホークスに入団させると「ホークスに"ドカベン"が二人いた」という訳のわからない理由のため諦めたらしい。
  • 岩鬼は作者が一番好きなキャラクターであるため、迷うことなく作者が一番好きな球団である福岡ダイエーホークスに入れた。
  • 殿馬は前述のとおり、イチローが「共にプレイしたい」と望んだため、オリックス・ブルーウェーブに入団。
  • 里中はガムのCMに起用してもらいたいと妄想し、千葉ロッテマリーンズに入団。ただし、このCMが実現したのは作品中のみであった。

ダメダメな所[編集]

ある程度の人気を博したプロ野球編だが、野球ファン、或いはかつてのドカベンファンの中では、下記のようなも~がっかりっすよな意見も目立った。これらの欠点の一部は、「スーパースターズ編」に移行すると逆にひどくなった。

  • プロ野球選手が、ドカベンのキャラクターの噛ませ犬に使われる
  • プロ野球選手が、あまりにふざけてる。
上原浩治が160km/hのストレートを投げるなど)
  • せっかくプロ野球を舞台にしているのに、作品終盤はドカベンのキャラクターのみの対決に止まり、実在のプロ野球選手は背景に現れる程度である
和田毅なんか山田に三打席連発ホームラン…
  • そのドカベンキャラクターの対決も、ホームランか三振かという大味なものばかりになり、つまらんものとなっている
  • 毎シーズンがワンパターンの繰り返し
  • 作中のセリフが矛盾している(不知火は超遅球を山田に対してしか投げたことがない、など。実際は石井浩郎、野村謙二郎、鈴木健 などにも投げている)
  • 一言で言うならマンネリ
  • 里中が1年目は前半戦全く出ていないのに、FA権を取得している。
  • 土井垣将(新人王、一年目は打率.304 13本塁打の好成績)がいるのに山田を指名する日ハム。(まあ伊東がいる西武と古田がいるヤクルトもおかしいが)
  • 伏線を張って置きながら忘れる(犬神打者転向、神山の俊足など)
  • 後付けが多い。
  • A・Y・Tが多い(プロ野球選手「憧れの山田さんと対決だ〜」)

時の流れ[編集]

そして9年が経FA権を獲得し大リーグ入りを希望する山田世代の選手たちを日本球界に繋ぎ留めるために、パ・リーグに「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」という2つの新球団が誕生し、山田らはその2球団に移籍。ちなみにその新球団にはプロでもない旧・ドカベンの仲間が集結したりと、超展開な結末で「スーパースターズ編」へとシフトしていく事になる。その後セ・リーグにも「京都ウォーリアーズ」、「新潟ドルフィンズ」という2球団新球団が誕生し、「ドリームトーナメント編」にシフトし、物語も終焉に向かう事になった。

関連項目[編集]