ドリア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは -- (トーク) 2017年9月30日 (土) 12:12 (JST) によって貼り付けられました。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドリア」の項目を執筆しています。

ドリアとは、ヒトがよく食う料理のことで、ドドリア様とは関係がないらしい。ソーセージなど具と一緒に炒めた飯にホワイトソースを載せ、オーブンで適当に焼く、そんなお手軽なごちそうだ。重要なことを書くので、以下を参照してくれ。

パンの耳[編集]

食パンには耳というのがあって、だれでも一度はハムハムしたことがあるだろう。やさしく舌でなめてあげると、いい声でないてくれる、それがパンの耳だ。だが、個人差があるので、どのパンの耳もいい声でなくわけではないから、注意してほしい。矛盾? してないよ、うん。

パンの耳をフライパンで焼けば、物にもよるが、段違いの声を聞かせてくれるだろう。もし聞こえないなら、それは君の耳が悪いせいだ、違いない。パンの耳によく火を通しても、望みの声が聞こえないのなら、よくその声が聞こえるように君自身の耳を焼かれつつあるパンの耳に、つまりフライパンに近づけ、そして強く押付けてみよう。そうすれば、君の欲望はすぐに満たされることだろう。

ところで、ここからが重要なんだが、1.細かく切ったパンの耳を炭にならない程度と焼き、2.1.を炒めた飯にのせ、3.ホワイトソースをかけて、4.とろりとろけるチーズをのせ、5.オーブンで適当に焼いたドドリアがうまいことを君は知っているだろうか、知らなかったら、いますぐやってほしい。

パンの耳のサクサクとした歯応えと、ソーセージのパリッと折れる食感、チーズの、ホワイトソースの白濁したドロドロなどが、絶妙のハーモニーを奏でてくれることだろう。

やってみて[編集]

どうだったかな、うまかったかな。うまくいかなかった場合は、さっき押付けた君自身の耳とは逆の方の耳も、熱したフライパンに押付ければいい。すると、うまくしたら、天国へいけるはずだ。「天国へいけないよ」なんて、すぐ諦めず、天国へいけるまで熱したフライパンに押付けてくれ、それがわたしの望みだ。それぢゃあ、君の幸運を祈ってるよ。


Maiale.jpg このドリアスブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)