ドン・ペリニヨン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ドンペリから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドン・ペリニヨン」の項目を執筆しています。

もしかして: トンベリ

ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon、略称:ドンペリ)とは、最寄りの酒屋や楽天ドンキホーテなどでごく一般に取り扱われている発泡性ワインである。

概要[編集]

フランスのドン・ペリニヨン修道士によって作られた。キリスト教信者である修道士がお酒飲んでいいのかは気にしてはいけない1980年代では、だれでも手軽に飲めるロマネ・コンティを割る格安な飲料[1]として用いられることもあった[2]

歴史[編集]

ある日、ドン・ペリニヨン修道士が悪い気候のせいでワインがあまり飲めないと悩んでいた所、神様が修道院の中にあった数少ないワイン樽にいたずらした。ドン・ペリニヨン修道士がそれに気づいた頃には、横にあった樽の中には発酵しすぎて泡まで吹き出した最悪のワインとなっていた。「おお神よ!」とワインが飲めなくなったことに絶望したが、どうしてもワインが飲みたかったドン・ペリニヨン修道士はその液体を口にしたところ、あまりの衝撃に「を飲んでいるようだ」と言ったらしい。どうやら、神様のいたずらのせいでとても熱かったようだ[3]。何日かかけてそれを冷ましたら、まあまあな味の発砲性ワインができた。これがシャンパン及びドン・ペリニヨンの始まりである。

なお、ドン・ペリニヨンが見つける前にイギリスでは輸入時による瓶内二次発酵で作られた発泡性ワインが流行していた。これをフランス人の前で言ってはいけない。これをフランス人の前で言ってはいけない。大事なことなので2回言いました

種類[編集]

友人との飲み会でのお供に。

ドンペリにはいくつかの種類がある。

スタンダード的な存在。ドンキホーテ新宿東口店には「ドンペリ冷えてます」の文字がある。
ロゼ
水商売の人はピンクと呼ぶ。ピンクといういかがわしき色をしているので、普通のドンペリより値段が若干上がる。
レゼルブ・ド・ラベイ 
一般的にゴールドとよばれる。ホストクラブでよく注文される酒である。
エノテーク
一般的に黒と呼ばれる。ホストクラブではプラチナと同じ柄と言いつつゴールドより高いが、実はロゼより安い。水商売の世界の七不思議のひとつである。
エノテークの1976年以前のもの
一般的にプラチナとよばれる。ドンペリ最高峰であるがロマネ・コンティと比べれば全然高くない。友人との飲み会などで注いであげよう。

脚注[編集]

  1. ^ 日本価格にしてロマネ・コンティの2~3%。消費税よりも安い。
  2. ^ wikipedia:ja:ドン・ペリニヨン (ワイン)#概説より。
  3. ^ 主系列星である太陽でさえ表面温度は約6,000度である。比喩とはいえ、いかに熱かったのかが窺わせる。

関連項目[編集]


酒乱幼児.jpg この項目「ドン・ペリニヨン」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)