ナプキン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナプキン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ナプキン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ナプキン」の記事を執筆しています。

ナプキンとは、口元の汚れを防いだり内容物の飛散を防ぐ布製器具の総称。使い捨ての場合は、紙や不織布を用いる事もある。

概要[編集]

ナプキンは元々汚れを拭うためのウェスから派生したものとされるが、ローマ時代には既にマッパと呼ばれるナプキンが使用されていたという記述が残っている[要出典]。かつては汚れを拭う際にのみ手にとって用いていたが、利便性を考慮し現在では食事の際に身に付けておくのが主流となっている。

紙製ナプキンは日本発祥と言われ、まだ薄い製紙技術がなかった時代の欧州には日本の手漉き和紙を使ったものが輸出されていた。なお現在のような形式のナプキンは第二次世界大戦に従軍した女兵士たちが、身嗜みの為補給物資で自作したものがベースとなって発展していった。

使用[編集]

主に思春期以降の女性が、エチケットとして使用する場合が多い。一方で男性が使用する場合は、何らかの疾患があって応急処置として使用されるケースが殆どである。

ナプキンは基本的に包装が厳になっており、また人目のある場所で開封するのははしたないとされる。広げたらに内側の面が当たるようにして装着するが、汚れの程度によって交換する必要があるので常に予備を用意しておくと良い。

使用後[編集]

使用したナプキンは折り畳んで廃棄する。女性向けエチケットルームにはナプキン廃棄用のサニタリーボックスが据え付けられているのが普通なので、そこにキチンと綺麗に捨てるのがマナー。乱雑な捨て方はアンチマナー行為として糾弾の対象になるとされる[要出典]

元々汚れを拭うものなので、使用後のナプキンは非常に不潔なものである。衛生的に問題となるので、持ち歩いたり他人に譲渡したりするのは慎むべき。

ちなみに今の郵便マークは「〒」ではあるが、かつての郵便マークの形がナプキンととても似ていることは誰も知らない。[1]

関連項目[編集]

やめられない、止まらない この記事「ナプキン」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)