ニコラ・アネルカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
アネルカニ.jpg

ニコラ・セバスティアン・アネルカNicolas Sebastian Anelka, 1979年3月14日 - )は、フランス出身のサッカー選手映画俳優大先生の名で各方面から慕われているツンデレUEFA所属クラブが参加しているエクストリームスポーツ、『サッカー選手転がし』での主要取引銘柄としても知られている。ちなみに、右の写真は手で天使を表している。決してカニさんではない。

概要[編集]

安定した家庭の末っ子として、家族の愛をいっぱいに受けて育ったアネルカが、長じてツンデレとなったのは、至極当然のことである。恵まれた体格に加え、スピードとテクニックを兼ねあわせたサッカースタイルは、黄金世代を迎えたフランスサッカー界においても傑出していたが、そのツンデレが災いし、アンチツンデレの選手や監督とはそりが合わないことが多い。一方ツンデレに理解の深い、ツンデレをこよなく愛している監督や選手のいるチームでは実力を十二分に発揮して活躍が可能である。この所属チームによるアネルカ評の乱高下が、エクストリーム『サッカー選手転がし』、『アネルカ転がし』の人気を支える一因となっている。

人物[編集]

サッカー選手としての能力の高さから、度々フランス代表に選出されているが、アネルカ絶頂期の代表監督が、アンチツンデレの代表格、エメ・ジャケであったため、主要な大会の本戦に出場できたのは、未だEURO2000大会のみである。ジャック・サンティニ代表監督政権下においても相変わらず招聘が見送られていたが、当時代表FWにけが人が続出した際「サンティニが土下座したら、代表に復帰してあげなくもないんだからねっ!!」と発言し、ここでもマニアとアンチの賞賛と批判を浴びた。その後、オリンピック代表監督時代にアネルカを無視し続けたレイモン・ドメネクが代表監督に就任し、ドイツワールドカップの代表選考から漏れると、「ドメネクが監督をやっているかぎり、ぜーったいに代表には行かないんだからねっ!!ドメネクが私のこと嫌いなのとおんなじくらい、私もドメネクがだいだいだーいっきらい!!あんたが好きな人ばっかり代表にあつめて、よろしくやってればいいんだ!!」などと発言した。この発言が、実はツンデレ好きだったドメネクの心臓を直撃し、以降アネルカは代表に召集され始めた。

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

エクストリーム選手転がし[編集]

前述の通り、評価が乱高下する彼は、UEFA加盟クラブ間で人気のエクストリームスポーツ、『サッカー選手転がし』において主要な取引銘柄として人気を誇っている。活躍の見込まれる選手を右から左へ動かすことで多額の利益を得ることを目的とする、このエクストリームスポーツにおいて、アネルカほど主要リーグの、それもビッククラブ間で何度も取引される選手は他に見ることはできない。

若い頃からパリ・サンジェルマンアーセナルレアル・マドリードリバプールマンチェスター・シティーなどのクラブ間で取引され、その人気を確固なものとしたアネルカは、2005年には移籍したトルコリーグのフェネルバフチェで中東オイルマネーなども経験した。2006年、ボルトン・ワンダラーズFCにクラブ史上最高額の1180万ユーロ、同年1月に1500万ポンドでチェルシーFCへ移籍するなど、近年においてもその投資銘柄としての価値は全く落ちることはない。

一説にはその取引額の総額は6640万ポンド(約142億円)とも言われ、アネルカという銘柄の人気ぶりがうかがえる。

アネルカの取引に関わっていない、所謂4大リーグ最後の一つ、セリエAからの投資話や、プレミアリーグビック4最後の一角、マンチェスター・ユナイテッドの資金投入などをファン各人が待ち望んでいることは、言うまでもない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニコラ・アネルカ」の項目を執筆しています。