ニルス・オーラヴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ニルス・オーラヴ(Colonel-in-Chief Sir Nils Olav)とは、ノルウェー王国陸軍近衛准将。ノルウェーのナイトにしてノルウェー王国陸軍近衛部隊名誉連隊長。

半生[編集]

彼と同じく大佐であるルーデル氏。ルーデルが悪魔ならニルスは天使である。

生年月日は不詳であり、出生地についてもが近い町である事以外は知られていないが、一説にはスコットランドエジンバラではないかとされる。

1972年、ニルスはニートとしてエジンバラの街をふらふらしているところを名付け親であるニルス・エゲリエン中尉に見つかり、ノルウェー陸軍に叩き込まれる。普段は魚を採ったり海で泳いだりして生きてきたニルスは運動神経が良く、陸軍に入隊後も訓練などを苦にせず軍に馴染んでいった。ニルスはとても水泳が上手く、まるでのように自由自在に泳ぐ事ができたが、何故陸軍に入ってしまったのかは永遠に謎のままである。

1982年、伍長に昇進。ゆったりとした出世であるが彼は気にしなかった。同僚や上司などに気に入られ、真面目に勤務を続けることで昇進はできたものの、ニルス自身に出世欲などは特に無かった。彼にとっては仲間たちと共に働き、毎日の食事をちゃんと食べることの方が大事だったのだ。

上等兵として入隊したニルスも1987年には軍曹へと昇格、入隊から15年、順調にニルスは出世街道を進んでいた。ニルスは他の兵士たちに比べとても背が小さく、その不安からかフラフラと不審な行動を取ることがあり軍部には彼の昇進を快く思わない者もいたが、愛嬌のある顔立ちと純朴な性格をしていたニルスを非難する者よりも愛する者の方が圧倒的に多かった。彼の人気にあやかり、軍部はニルスをノルウェー王国陸軍近衛部隊の広報担当として採用した。

2005年、広報担当として勤務していたニルスは名誉連隊長に指名された。当然この指名にニルスは驚き、式典の際もたどたどしく、よたよたと不安そうにしていたという。しかしその様子も素朴なニルスそのものであり気にする国民は誰一人としていなかった。また長年の広報実績が評価され、故郷であるとされるエジンバラに銅像が作られるなど、ニルスはノルウェーの国民的な軍人として親しまれている事が分かる。

2008年、騎士の称号をノルウェー王ハーラル5世より賜る。これにより『サー・ニルス・オーラヴ』となったが、やはりこの叙勲の式でも彼はフラフラしていた。多くの人に見守られながら無事彼はナイトになったが、それでも出世や称号に関心の無いニルスはそんな事よりも夕飯の魚の事を気にしていた。そんなニルスの事が国民は大好きだったのである。

2016年、准将への昇進とともに近衛連隊閲兵式が開かれた際にも、ニルスは自分が将官となることや兵士たちを見て回ることに不安を覚え、よたよたと覚束ない足取りでセレモニーを取り仕切った。しかしそんなニルスを兵士たちは暖かく迎え、ニルスの閲兵を受けられることを誇らしく思って胸を張っていた。勤続40年を超えるニルスは、兵士たちにとって尊敬に値する軍人だったのだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニルス・オーラヴ」の項目を執筆しています。