ネリケン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ネリケンとは、石鹸を練ったものである。

概要[編集]

ネリケンは、石鹸を練ったものであり、様々な分野で新素材として活躍が期待されている。食用、工業用、農業用、薬用など用途は豊富。安全面にも配慮されており、安心して利用できる。

歴史[編集]

ある博士が風呂場で石鹸を練っていたところ、ぬるぬるした物体に進化した。その博士は「これじゃ、これがわしが求めていた新素材じゃ!」と興奮し、化学的に利用しようとしたことがネリケンの由来である。

そんなネリケンが食用として販売されると、 その人気は一気に爆発した。ネリケンが売れすぎて在庫がなくなったとき、日本中の人々が銭湯に押しかけ、風呂場の石鹸でネリケンを作って食べまくり、石鹸の在庫まで無くなってしまったほどである。これは一種の社会問題にもなり、世間を騒がせた

特徴[編集]

ネリケンは、石鹸をに浸し、練ったものである。用途は豊富で、様々なネリケンが開発されている。特に食用ネリケンは、ぬるぬるした新食感が話題になっている。

食用[編集]

ネリケンは、発明当初からその独特の食感と加工しやすさから新食材として期待されていた。とろろやとろけるチーズのかわりにもなり、用途も広く使いやすい。以下に、ネリケンの調理例を挙げる。

ぶっかけネリケン汁
納豆、ヨーグルト、魚、アイスクリームなどをかき混ぜ、茶碗に入れて上からネリケンをぶっかける。ねばねばした食感が味わえる。
ネリケンスパゲッティ
スパゲッティのソースとしてネリケンを使う。ネリケンはスパゲッティに絡みやすいため、最後にソースだけが残ってしまう心配はない。
ネリケンピザ
ピザの上にネリケンソースを掛け、具を乗せたもの。よくCMで、チーズがとろけて垂れているものを目にするが、これを自宅でも味わえるので、パーティに最適である。
ネリケングラタン
生ネリケンの中にパスタ・肉・野菜・魚介類などの具を絡めて、焼いたもの。幅広い年代に親しまれている。

もちろん、これ以外にも「生でがつがつ食べる」など様々な食べ方がある。

その他[編集]

ネリケンは、他にも工業用、農業用、薬用など、様々な分野で用いられている。ぬるぬるとしたネリケンの形状は、塗料や肥料、餌、化粧水など活躍の幅が広く、万能な新素材として注目されている。以下に、その例を挙げる。

ネリケン塗料
塗るだけで、ぬるぬるとした滑り心地が良い床を作り上げることができる塗料。これなら、アイススケートソリも家の中で楽しめる。使用後は雑巾で拭きとれば掃除も兼ねて一石二鳥な優れものである。
ネリケン肥料
ネリケンは、土の中をきれいにする役割を持っているため、肥料に最適である。特に、オクラを育てる時はねばねば感がUPしておいしくなる。
ネリケン餌
ペット家畜などの餌。流動型なので、与えやすいという長所がある。また、の場合は水槽に溶かしておくと水を飲むだけで栄養を得られるので便利。
ネリケン化粧水
ぬるぬるとしたジェル感覚の化粧水。肌を清潔に保ち、ニキビやシミを予防・治療する効果がある。

安全[編集]

「石鹸を原料とするネリケンを、食べても大丈夫か」「ネリケンは、体に悪い」という噂がささやかれているが、健康に悪影響を及ぼすといったことは全くない。そもそも、ネリケンの原料である石鹸は「体をきれいにするもの」であるから、むしろネリケンを食べると体がきれいになるという効果がある。

関連[編集]