ノーテンリーチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ノーテンリーチとは、麻雀の役の一種である。-40符4飜(満貫)とするルールが一般的である。

概要[編集]

扱いが大変難しい役であり、お目にかかれることは少ない役である。漫画ではそこそこの頻度で出現するが、成立しないことが殆ど。初心者に対々和裸単騎役無しなどと同じく好まれる傾向にあるが、安易に狙っては返り討ちに遭い、金を巻き上げられるのがオチである。意図せずにノーテンリーチを狙ってしまった場合、大概はテンパイしていないのにテンパるという摩訶不思議なことが起きる。

条件[編集]

  • 聴牌していないこと。
  • 門前であること。すなわち、チー、ポン、明槓をしていないこと。
  • トビ有りのルールならば、点棒を最低でも1000点持っていること。
  • 壁牌(山)の残りが王牌を除いて4枚(三人麻雀では3枚)以上あること。

以上の条件を満たした上で

  1. 打牌する直前に「リーチ」と明瞭に発声する。
  2. 河に牌を捨てる。このとき、牌を横向きに置く。
  3. 立直棒を供託する(卓の中央に置く)。
  4. 誰も和了せずに流局する。

これらを全て行うことでノーテンリーチが成立する。四開槓などでは成立しない。

多種多様のノーテンリーチ[編集]

ノーテンダブリー
一巡目にノーテンリーチするというまさにの役。成立する可能性がかなり高いが、「どうせ安牌が無い」などの理由で他家に全ツッパ され、和了されてしまうこともある。
多牌ノーテンリーチ・少牌ノーテンリーチ
よく見ればノーテンリーチとわかる。リーチ後に「あれ、何か牌少ないんだけど」などと発言すれば、成立はほぼ間違いなしである。
ツモ切りノーテンリーチ
テンパイしていなかったと思ったらテンパイしていた、と思ったらテンパイしていなかったというような場合に使われる。他家にタコ認定される。
おっかけノーテンリーチ
まさに黒ひげ危機一髪
役満イーシャンテンからのノーテンリーチ
あまりの悔しさ虚しさが気持ちいいと通に評判である。
収録中のノーテンリーチ
その醜態を後世にまで伝えられ、マゾヒスト以外は耐えられないだろう。
トビ寸ノーテンリーチ
オワタ
そういうときに限って何故か誰もつっぱってこない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ノーテンリーチ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


Kai.png
御無礼
スタブです。 (Portal:スタブ)