ノーブラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ノーブラ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ノーブラ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ノーブラ」の記事を執筆しています。

ノーブラとは女性向けファッションの一種。

概要[編集]

思春期前の女性はスリップ(シミーズ)などの肌着を着用する事が多いが、二次性徴を迎え性意識が芽生えると胸のサイズに関係なく[要出典]ブラジャーを着用するようになるのが普通である。しかしその「普通」に敢えて逆らい、ブラジャーを着用しないファッションスタイルを「ノーブラジャー」略してノーブラと呼称する。

ブラジャーは肌着としては硬度があり[1]、その上に着る服の形にも影響を与える。ノーブラならば胸の脂肪が服の着圧でひしゃげる為、服の形には大きな影響を与えずに済む。また通常のブラジャーにはパッドが入っており左右から押し上げられる事で胸の谷間に余計な荷重がかかったり汗疹が出来たりするが、ノーブラであればこれも防ぐことができる。衣類の裏布で直に乳首が傷つくという欠点もあるが、これはニップレス等の使用である程度の軽減が可能。服装の多様化から、ブラジャーを敢えて付けないスタイルは若い層を中心に社会的に認知されつつあり、一つのファッションとして定着している[要出典]

問題点[編集]

ノーブラの問題点としては、おっぱいが大きければ大きいほど型崩れを誘発するという事がまず上げられる。カップで言うとC以降[2]がノーブラで行動した場合、見た目のバランスも悪くなりやすい。また脂肪がホールドされていないため背中や脇腹に流れやすく、そちらに定着すると二度と胸には戻ってくれない。「溢れた乳を嘆いても無駄だ」という言葉はここからうまれた物である[要出典]

そして、ノーブラでの行動は男性受けは悪くないが、ある程度以上の年齢になった女性からはかなり嫌がられる。「近所だから」「どうせコンビニまでだから」とノーブラで出歩いていると、高確率で後ろ指を指されることになってしまい立場が悪くなることになる。歳を取ると頭が固くなることもあり、「こういうファッションだから」と言っても理解してくれないので注意が必要。

脚注[編集]

  1. ^ おっぱいの形を維持しつつ外部から保護する都合上、どうしても強度が必要になる。
  2. ^ 因みに男性のイメージするAカップは、実際で言うとCカップ程ある。リアルAAカップになると、本当に「おっぱい」ではなく「胸板」。

関連項目[編集]