ハイドパーク競馬場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1915年6月当時のハイドパーク競馬場

ハイドパーク競馬場( -けいばじょう , Hyde Park Racetrack)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニー近郊の町ハイドパークに20世紀まで存在していた競馬場である。少なくとも存在していたことは事実である。

概要[編集]

1810年10月に開設された競馬場で、このとき執り行われた3日間の開催がオーストラリア競馬の歴史において初めてのレースとなっている。開設にあたって国内外から多くの出資者が名乗りを上げているが、その中には日本紀伊の豪商であった宝井秀吾朗の名前もあるという。

19世紀中は後続の競馬場などとともに歴史を積み重ね、シドニーの競馬場としても格式を備えたものとなっていた。世界初の3連単馬券を導入した競馬場でもあり、祭日開催の大競走では3連単1-5-6の馬券が飛ぶように売れていたと伝えられている。

しかし20世紀前半になって、レジャーの多様化に伴って競馬人気が急落すると、他の競馬場に比べて丈の小さいハイドパークは華やかさに欠き、また、建物の構造上から体高の高い競走馬自体が入場できないという問題点もあり、競走馬の体格の向上に伴って出走頭数が減少するとともに入場者数も減少していった。そのため1966年に廃止となり、惜しまれつつも156年の歴史に幕を閉ざした。

ハイドパークで行われていた競走のほとんどは消えたものの、一部は同じくシドニー郊外にあるロイヤルランドウィック競馬場などに引き継がれている。

コース[編集]

楕円形の周回コースと、長く伸びた直線によって構成された6の字型の形状をしている。

メインの周回コースは芝に覆われており、1周0.96マイル(約1,560メートル)、最後の直線は0.75ハロン(約156メートル)と非常に短いものであった。現在のオーストラリアの競馬場でもムーニーヴァレー競馬場のように直線が短いものは少なくないが、ハイドパーク競馬場は群を抜いて短かった。現代の競馬戦術から考えれば逃げ馬有利と推測されるが、Angel's taleやCountdownといった追い込み馬による連勝記録も残っている。

直線コースは全長0.96マイル(約1,560メートル)で、周回コースよりも使用回数が少ないせいか、常に芝が青々としていたことから"Evergreen"という愛称で親しまれていた。

主な競走[編集]

ハイドパークで15勝2着6回という成績を残した、名馬ハチロドイ。

ハイドパーク競馬場で行われていた競走は、競馬場開設の頃から最期まで続いていたものも多く、現代の競走で言えばメルボルンカップなどにも相当した大競走を多く開催していたという。但し、オーストラリアのグループ制(重賞格付け)は1980年からのものであるため、いずれの競走にも格付け表記はなされていない。

  • 156 Centimetre International Stakes(156センチメーター国際ステークス)
  • ROENTGEN Stakes(レントゲンステークス)
  • 666 Handicap Stakes(666ハンデキャップステークス)
  • Hachirodoi Memorial Stakes(ハチロドイ記念ステークス)

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ハイドパーク競馬場」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


人はこのハイドパーク競馬場の事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)