ハイブリッド思想

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『実録"ハイブリッド思想"』
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ハイブリッド思想」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ハイブリッド思想(-しそう)とは、通常は接点がない、または相容れない複数の主義宗教思想を一つに束ねた「進化した思想」の事である。一般にはまだ「主義」と言えるレベルにまで到達していない為、思想の一つとして扱われる事が多い。

概要[編集]

結婚に夢を見る者は多いが、大抵は理想のハードルが高すぎて、現実が見えてない者が多い。例えば女性から見た理想像などでありがちな

という2つの矛盾した理想があったりするが、収入が多い者は大抵は忙しくて家庭を優先している時間など無かったりするものであり、逆に「家庭を優先する者」とは「自分を優先する者」であったりするので、年収を特定レベル以上まで持っていく事例が希であったりする。

また逆に男性から見た理想像でありがちな

  • 家事全般が上手いこと
  • 優しいこと

という2つの矛盾した理想があったりするが、「家事が上手い」とは「舵が上手い」に通じ、コントロールが上手であるという事であり、尻に敷かれるのが目に見えている。これは婚前に考えていた「優しい」とは必ずしも一致しない。


但し、歳を重ねるにつれて(概ね25~30歳を境に)多少の現実が見えてくるようで、「好きだから」というような理想的夢物語のような理由や「できちゃったから」などの現実的で切迫した理由ではなく、「一緒にいても苦にならないから」などの比較的穏やかな理想的であり現実的な理由で妥協するケースが見受けられる。

例えばこのような事象のことを「理想と現実をハイブリッドさせた結果による結婚の実態」と呼び、ハイブリッド思想の一つとして研究する学会も存在する。

ハイブリッドによる利点[編集]

互いの弱点を補う事が出来る
共産主義下における資本主義」のように延命策を採ることが出来る。
新たな魅力を引き出す事が出来る
新たなジャンルを作り出す。「眼鏡+先生」や「妹+ロリ」、「三国志+萌え」などである。

ハイブリッドによる弱点[編集]

既に通ってきた道である
共産主義のような平等を目指す社会に於いて、資本主義のような公平だが不平等というものを目指す行為が招く結果は推して知るべし、である。
未知の分野である
何でも合成すればいいってものではない。「眼鏡+先生」や「妹+ロリ」などは許されるが、なんらかの技術革新が発生しない限り「眼鏡+先生+妹+ロリ」は許されない反則である。
血統書が付かない
昔で言うところの「雑種」、今の「ミックス」である。

関連項目[編集]

この項目「ハイブリッド思想」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)